DQN


コメント( 13 )

256: 242 2009/05/14(木) 11:29:25
新婚当時はピチピチwwwのギャルwwwだったのもあり私の全てを信用しなかったトメ。 
訪問するたび服装(デニムにシャツとかそんなんでも)にダメ出ししたり、 
夕飯作りのときは横に立たせて料理のあれこれや蘊蓄を垂れ流す。 
夫はウトと将棋に夢中で知らん顔。というかウト夫、親子揃って何も聞こえていない。 

コメント( 17 )

706: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/15(土) 01:43:31 ID:0qAzJS9l
数年前に友達と路線バスに乗ったときのこと。 
このバスずいぶん荒っぽい運転だなぁと思っていると、ある停留所からヨボヨボしたおばあさんが乗ってきた。 
おばあさんが定期券をしまい、空いてる席に向かおうと手すりに手を伸ばしたところでバスが急発進。 
あらあらあら、と言いながら転びそうになったところを友人が支えてあげた。 
友人はそのままおばあさんの手をひいてイスに座らせると運転手の元へ行き、 
「おい、いい加減にしろよ!なんだよこの運転は!ばーさん転ぶだろ!お前、名前なんだ?いますぐ本社に連絡してやるよ!」と一喝。

コメント( 10 )

668: 愛と死の名無しさん 2005/05/28(土) 11:54:30
私の話 

知り合いがレストランを経営していているのでお願いして 
披露宴会場にさせて頂いた 
そこは今まで披露宴なんかした事無いいたって普通のレストラン 
だからと言うわけじゃないけれど気取らないパーティー形式に。 

コメント( 4 )


21:30更新【1/4】
22:00更新【2/4】
22:30更新【3/4】←今この記事です。
23:00更新【4/4】


545: 名無しさん@HOME 2008/03/02(日) 10:11:56
昨日は途中から実家帰ったけん、途中から携帯。つか近々必ず義弟嫁と話し合って謝らせる。 
人の恩を忘れて歯向かった挙句、こげな所で恥かかせてから。そん時はまたここに書き込むけん待っとけよ。 
じゃあね、馬鹿女の味方共。騙されてから可哀想にね。大体、ティッシュちゃ何ね?じゃ今から出掛けるからバイバイ 

548: 名無しさん@HOME 2008/03/02(日) 12:39:26
>>545 
方言隠せ。 
同郷っぽいのがなにより鬱だ。 

コメント( 5 )

295: 本当にあった怖い名無し 2013/11/01(金) 00:26:36 ID:J32qqLTt0
もう15年以上経ったから時効だと思って書きます。 
ニュースにはなってないし色々フェイク入れるけど地元の人間が居たらすぐわかると思うぐらい有名な話 

当時俺は太ってて小学校の頃からデブデブ言われて虐められてた。 
まぁ小学生の虐めで良くも悪くも目立ってた俺だから殴られたりまではしなかったんだけどね。 
それで中学になったんだけどうちの中学は二つの小学校が合わさって一学年7クラス250人位の中学校だった。 
そうするとただのデブは目立たなくなって酷いいじめの対象になってきたんだ。 

コメント( 12 )

228: 名無しさん@HOME 2014/12/11(木) 20:17:56.24
義弟が出来婚した。お嫁さんは見た目相当なDQN。金髪ギャルメイクに派手な服装。赤ちゃんいるんでヒールやめたっすと言ってた。 
うち(同居)に遊びに来た時に、姑が、可愛い息子を寝とった嫁!認定して早速嫁いびりを開始。 
全て軽く交わされ、姑が自分が使っていたマタニティ下着をお古にどうぞwと、DQN嫁に差し出した。 

コメント( 38 )

108: 可愛い奥様 2010/08/23(月) 10:33:16 ID:+3yHzkOm0
実家から通勤してた頃。 
利用してる路線の行き先に登山者に人気の山がありました。 
休日なんかには泥の付いた靴で乗り込んでたり、植物を持ち帰りまくったり、 
車内で飲酒して騒いだり、席を何人分も使って荷物置いたり横たわったりと 
地元利用者には迷惑な連中でした。 
ある土曜の深夜。 
残業が終わってヘトヘトになっての帰宅途中。

コメント( 7 )

604: 1/4 2012/09/20(木) 15:55:25.80 0
長文失礼。 
車通勤の帰宅途中でのこと。 

帰宅ラッシュで幹線道路が混雑していて抜け道を通ろうと 
小さい道から、大きめの道へ右折で出ようとした。 

コメント( 15 )

698: 名無しさん@HOME 2007/02/09(金) 19:00:05
スカッとするかは微妙だけど。 
トメは切れると手が付けられない性格で、言葉だけならまだしも暴力まで行く。 
夫が一度暴れだしたトメの手を掴んで「いい加減にしろ!」と怒鳴ったら暴力は無くなり 
しばらく安心してたし、夫も親の暴力の呪縛が解けたのかと思って嬉しかった。

このページのトップヘ

×