黒い話


コメント( 19 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.5

164: 名無しさん@おーぷん 18/11/10(土)03:48:19 ID:TTh
大学生のとき、同じ大学で同い年の初彼氏ができた
(新入生イベントで知り合ったけど学部が違うのでキャンパスは全く別の場所)

でもお金にだらしないところやマザコン気味なところ、私をママ扱いして
当たり前のようにタオパンパを要求してくるところなどに冷めて別れ話をした

その途端、私ちゃんは僕と結婚するんだ!別れるなんて有り得ない!と
泣き喚かれ発狂され話し合いは決裂した 

着信が百件超えた

コメント( 14 )

引用元:何を書いても構いませんので@生活板50

466: 名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月)18:29:10 ID:kIc
3年以上になる話だけど深夜3時ぐらいに友達2人と
ドライブをしていたんだけど(友達一人は後部座席で爆睡、隣もウトウトしていた)
迷ってしまい、疲れとカーナビに集中していたせいで
ブレーキが緩み前の黒っぽいデカイ車にコッツンしてしまった。

慌てて車に近づこうとしたらシートベルトを外してないことに気がついて
あたふたしていたら前の車が赤なのに急発進して消えていった。

コメント( 70 )

引用元:リアルでは言えない話132

42: 可愛い奥様 2019/01/08(火) 16:28:59
顔立ちが整ってて家庭面でも苦労したことなさそうな女には、少々
意地悪してもかまわないと思ってること。 

この考えで中高でターゲットを
ひとりは不登校、ひとりは2年間ぼっちに追い込み
パート仲間を退職させ、ママ友をサークルから追い出しましたw 

我ながら意地悪かなあとかいつかバチがあたるかなと思ってるけど
反省はしてないし、いまのとこはバチも当たってない。 

何もかも持ってるような人間には、少々精神的に意地悪して
苦労させてやるのが正しいのかもとすら考えてます。

コメント( 30 )

引用元:墓場まで持っていく話を書き込むスレ第30話

403: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/03(水) 22:21:03 ID:v9f0MwGW
新婚3日目。
酔いつぶれて、朝気がついたら知らないおじさんが隣に寝てた。

404: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/04(木) 00:00:05 ID:6KJMseFa
不覚にもわろた

コメント( 32 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.5

412: 名無しさん@おーぷん 19/09/09(月)16:40:04 ID:bTW
高校のとき痴漢してきたおっさんにジサツされたこと
警察に捕まって娘の結婚がパアになったからって理由らしい

その娘に人殺しー!って叫ばれて
こりゃ相手の人婚約破棄して正解だわって思った

私は悪いことしてないと思ってるけど黒い過去だよね

コメント( 20 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.5

362: 名無しさん@おーぷん 19/06/01(土)12:49:42 ID:vfe
金の無心にくる母親や姉から逃げて
地方の観光地の温泉旅館に雲隠れして働いていた時期があった。

そこに知った男が泊りに来た。

昔付き合っててプロポーズまでされたけど、当時親友だと思っていた
久素子(仮名)に奪われた男。
あの頃の私から比べるとかなり痩せてるし、ロングだった髪も
ベリーショートになってるからか私には全く気付かなかった。
まぁ旅館の仲居の顔なんていちいちじっくり見ないだろうけども。

そして隣で腕組んでた女は久素子ではなかった。もっと若くて色っぽい女性。

コメント( 33 )

YOU86_ninpusan_TP_V

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.5

394: 名無しさん@おーぷん 19/08/11(日)09:42:11 ID:yEm
27歳の同い年同士で結婚したが、なかなか子宝に恵まれなくて
30過ぎてやっと妊娠したとき

悪阻がすごく重くて入院するほど酷くて、子供は健康に生まれてくれたものの
私の方はなかなか体調が戻らず
予定していた産休期間での復帰は難しかった。

貧血や動悸、眩暈もあって、これでは仕事復帰は難しいと判断し、(医者にも言われた)
退職してしばらく子育てしながら静養したいと夫に相談したが
「それは困る」「生活はどうするんだ」「予定が狂った」ばかり繰り返し、
なかなか了解してくれない。

コメント( 8 )

PAK141223275382.jpg

引用元:何を書いても構いませんので@生活板68

234: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)22:22:05 ID:HxM
弟を死なせてしまった

私たちは父を早くに亡くし
母一人子二人の母子家庭、貧しいながらも幸せにくらしていた

母は私たち姉弟を養うため昼も夜も働いており滅多に家に帰ってこないので
小さい弟の面倒は当時小学生(と言っても学校通ってないが)の私が見ていた
母は二人分の食事を作ってから仕事に行くが弟は食いしん坊で度々私のも与えていた

ある時弟が私の分を食べてもお腹が空いたとぐずり始め
私もお腹空いてるのになんで我儘言うんだとカッとなって
弟を押して後ろのタンスにぶつけてしまった

コメント( 8 )

shiosio_asdfaslikj_TP_V

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.5

349: 名無しさん@おーぷん 19/05/18(土)21:39:05 ID:YhF
家族とは関係ない黒い話。
一人の中学教師の未来を奪ってしまったかもしれない。

中学一年生の時、家庭科の先生が可愛らしい新任の非常勤講師だった。
お掃除用の洗剤についての実習授業で
塩素系と酸性タイプの洗剤を混ぜるとガスが発生して危険と言う内容だった。

その時使用していた洗剤は全て酸性タイプだったのに、
私たちの班の生徒数名が実習中に「臭い」「気分が悪い」と騒ぎ出した。

結果、他の班の生徒も気分が悪いと言いだして
集団パニック状態。

スポンサーリンク

このページのトップヘ

×