音信不通


コメント( 6 )

引用元:今までにあった最大の修羅場 £124

887: 名無しさん@HOME 2019/02/10(日) 05:21:40.33
結婚記念日の1週間後に旦那が仕事中に営業車に新品の包丁を放置して
スマホも鍵も置いて財布だけ持って行方不明になった。 

すぐに捜索願いを出したが事件性がないからとろくに捜査もされなかった。 
数日間私も両家両親も友人も必死で探したが全くあてもなく見つからない。 

鍵も持っていないのでいつ帰ってきてもいいように
外に出るときには玄関には毎回張り紙をしていた。 

しばらく経つと私はだんだん病んできて仕事は休職。 

コメント( 11 )

引用元:今までにあった最大の修羅場 £110

959: 名無しさん@HOME 2014/10/17(金) 11:01:24.48
ゲイっぽいというかゲイの話が出てきますので注意。 
今日お休みなので、書き込みます、そして皆さんにとったら
軽い修羅場かもしれませんが最大の修羅場です。 

先週の土曜日の事。 
嫁さんの職場の友人にとあることでお世話になったので、お礼も兼ねて
俺、嫁、嫁友、嫁友夫の4人でお食事をすることに。 

4人でテーブルに座って和やかに食事をしていると
隣のテーブルに座っていた男性2人組の1人が俺に気付きました。 

コメント( 6 )

iPhone7katate_TP_V

引用元:百年の恋も冷めた瞬間!★145年目

868: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/16(土) 14:10:59.12 ID:WerA2RiS
以前は彼女とはほぼ毎日メールのやりとりして、毎週のように一緒に遊びに出掛けてた 
お互いすごく楽しんでいたと思っていたんだが、ある日気付いた 
メールも、遊びの誘いも、いつも俺からで彼女から来た事は滅多にない 
(98対2くらいの割合で俺から) 
なので試しにあっちから連絡来るのを待ってみる事にした 

結果、1週間音信不通 
たまらなくなって彼女に連絡したら「あ、ひさしぶりー」って反応 
別に「何で連絡よこさないの?」とかでもなし 

コメント( 13 )

175: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/18(金) 00:59:56 ID:RBn2Of7q
フェイク入れつつ俺の衝撃話 

結婚前提にお付き合いしてた彼女がいて 
ある日家族で墓参り行く時に、家族への挨拶がてら彼女も来ることになった 
墓参りも終わり、父、母、俺、弟、妹、彼女の6人で和食料理屋へ 

コメント( 5 )

490: 名無しさん@HOME 2010/08/12(木) 19:00:58
しばらく距離を置こうといわれて音信不通になってた男からすーっかり忘れた頃にメールが来た。 
「もう十分期間置いたからまたやり直そう。距離を置いて私子の大切さがよく分かった。私子と離れていた期間の俺はなんて馬鹿だったんだろう」こんな感じの 

自分はとっくに結婚していたのでその旨を伝えたところ 

コメント( 24 )

841: 愛と死の名無しさん 2005/06/07(火) 00:25:09
会社の後輩の大学時代、必修のクラスメートに学生結婚した子が2人もいたのだと。 
その後輩から聞いた結婚した彼女らの不幸な結婚式の話をする。 

最初に結婚した子は京都で式と披露宴をしたんだと。 
その際「交通費、宿泊費合わせて一人一万円しか負担できないの。 
そのかわり披露宴は手ぶらで来てね。絶対に絶対に絶対に祝儀は受け取らないからね。 
受付にも受け取らないように強く念押ししてるからね」と言うのでその言葉に甘えたらしい。 

しかしその好意が次に金沢で結婚した子の不幸を招いた。 

コメント( 8 )

568: 可愛い奥様 2011/12/13(火) 20:13:42.60 ID:XQg40laFO
因果応報。 
本当にあるんだ。 
保育士のT。 
高校の同級生。 
友達の彼を寝取り、早々に別の男とでき婚。 
育児しながら家に男連れ込み、二児の母。 

コメント( 10 )

117: 愛と死の名無しさん 2009/10/25 12:54:37
結婚式そのものは不幸ではなかったのだけれど。 

出席した友人の一人が挙式前から挙式後、出産に至るまで 
新郎新婦からドリーマー攻撃を受け続けて欝状態になり 
今も音信不通になってしまった。 

コメント( 8 )

675: 名無しさん@HOME 2013/02/17(日) 19:51:12
修羅場ポイントがいまいちどこかわからないけど、 
乗り越えてひと段落ついたので吐き出させてください。 


私が8歳の頃から不倫相手の家に入り浸りでほとんど帰って来なかった父。 
趣味はパチンコ、競馬、競輪、競艇、給料は全て使いこみ、 
たまに帰ってくると、共働きだった母にも金をせびっていた。 

このページのトップヘ

×