266: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/12(日) 00:10:16.08 ID:9Cy+iq5J
子供の頃の修羅場。 

小一の時に親が離婚。 
自分は母親に引き取られ、父親は町を出ていった。 

その次の年の祭で、浴衣着てうろうろしているうち、母から離れて迷子になった。 
泣きながら歩いていたら若い女の人のグループに話しかけられ、 
そのまま祭の本部のような所につれていってもらった。