怖い話


コメント( 19 )

引用元:嫁が明らかに変になったんだがどうしたらいい?

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/23(水)01:04:30 ID:bcl
これが糖質ってやつなのかも判断がつかない
そしてどこに相談したらいいかもわからんのだが
話聞いてくれるニキおるか?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/11/23(水)01:05:08 ID:wQl
糖質って後からなるもんなの?

7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/23(水)01:05:53 ID:bcl
>>2
それ含め知りたいんだよなぁ
今までなんかおかしいことは時々あったけど今日変なことを言い出したんだ

コメント( 11 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その15

92: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)14:34:52 ID:JmE
電車で痴漢というかヤバイ人に遭遇した

開く方と反対のドアの近くに立っていて気づいたら
近くに小汚いおじさんが立ってた

混み気味だったので近づいて来られても
最初は気にしなかったけど気づいたら
じわじわとドアと座席の手すりとの間の狭いスペースに追い詰められてた

コメント( 4 )

引用元:スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op17

575: 名無しさん@おーぷん 19/11/30(土)01:06:58 ID:6yX
私的にちょっとホラーだったから聞いてほしい

知人のAさん、甥っ子可愛さに兄嫁イビり倒して勘当された経験があるという
甥っ子は二人いるんだけど、A兄夫婦は上の子の服を下の子に流用してたんですって

でも肌着や靴下までとかじゃなくて、もったいなくて着せないうちに
サイズアウトしてしまったブランドのコートや子供用スーツ
あとは幼稚園で汚しても漏らしても構わないようにとトレーナーやズボン
下の子も祖父母や親から折々に新しいのを買い足してもらってはいるのだそう

何が問題なのかサッパリよ
だいたい小さな兄弟のいる家庭ってそんなもんでしょ

コメント( 14 )

引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part79∧∧

34: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 18:11:30.95 ID:EEJj45zc0.net
いつもはROM専なのですが、面白い話を聞いたので投稿させて頂きます。 
話を聞かせてくれたのは、俺の曽祖父の友人で元戦友のSさんです。 

このSさん、既に90を超えるご高齢ですが下手な若者より元気で
好奇心旺盛、更には行動力もあり、興味深い話も沢山聞かせてくれるんです。 
でも「俺ちゃん、ワシのひ孫は絵が凄く上手いぞ!
俺ちゃんも、ひ孫に絵を習ってみんか?!」と言いつつ
18禁な薄い本を見せられた時は、凄く反応に困りましたが…。

コメント( 0 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その15

561: 名無しさん@おーぷん 2016/10/12(水)17:07:17 ID:Sph
変ななおばさんに好かれた話

俺:27歳、営業
Aさん:おばさん、経理

俺が今の会社に勤めて5年目の秋
元々いた経理の人がやめるんでAさんが中途で入社してきた

面接来た時に俺が会議室まで案内してたから容姿は知ってたけど
なんかほんと「普通」って言葉がぴったりな感じな人だった

コメント( 7 )

引用元:怖い話@生活板Part11

870: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/13(日) 03:23:23 ID:atcklhrC
K県にある某銀行内のATMでお金を下ろしたときのこと。 

手に取った1万円札がなんとなくいつもち違う印象に見えた。 
古いセピア色の写真のような、古びて薄茶色になったような 
乾燥してちょっと固くなった古紙のような違和感。 

しばらくじっと見てたんだけど、ふと裏返したら。 

コメント( 16 )

引用元:後味の悪い話 その6

929: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2014/02/10(月) 03:24:00
小学生のとき、通学路の土手、橋の下にちと狂ったおっさんがいて 
俺らはいつも石を投げたりして馬鹿にしていた。 

ある日、友人の中でもかなり馬鹿っぽい奴が、帰宅途中に長い棒を拾って
ドラクエの勇者気取りで振り回しては悦に浸っていた。 
そして、おっさんの住処に近づき、そいつはなぜか棒を振り上げながら 
おっさんに突進していき、棒でばしばし殴った。 

コメント( 7 )

引用元:【夜勤者】夜勤で体験した怖い話【集え】

528: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 23:59:09.51 ID:+Vo9nNhI0.net
五年前一緒に働いていた友人の話 

当時かなり大きな病院の厨房で働いていたんだが
早番(といっても夜中3時くらいの出勤だった)の為一人で厨房にいた。
その友人はまだ早い時間だから一服しようと喫煙所に行こうとした。 

その当時厨房は地下にあり右隣に霊安室。
正面に売店があり、真上の一階には救急病棟があった。 

友人はコーヒーでも買おうと売店の横に設置してある販売機に向かった。 
すると真後ろから「ねぇねぇ」と、か細い声が聞こえてきた。

コメント( 11 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8

607: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)12:36:19 ID:xuU
去年の秋、6回目の転勤による引っ越しをした。

辞令が出てから新天地へ着任するまで一ヶ月もないので
発令後速攻でネットで希望に合った物件を探して
5件ほど内覧予約を入れ現地に飛ぶ。
今回、ネットで物色中に嫁がすごく気に入った物件があった。

家賃や広さ、築年数、周辺環境、すべてにおいて希望に合致。
俺もそれは同じだった。
に加えて、通勤が乗り換えなしの30分以内。
しかも最寄り駅まで徒歩5分。

スポンサーリンク

このページのトップヘ

×