107: 愛と死の名無しさん 2015/06/18(木) 23:45:40.53 ID:g1pFifdDe
後々修羅場だったんだなと知った知人の結婚式

新郎と新婦は新郎が経営するお店のお客さんで新婦からの猛烈アピールで結婚。
お店と言っても趣味系の小さなお店で、常連さんがかなりの頻度で立ち寄り和気藹々と談話しちゃうようなお店。
元々は新婦はその店の常連である新婦会社同僚男に薦められてその趣味を始めた。
新郎は店を構えるために多少の借金も有り、さらにちょっと体が不自由と言う事と
新婦との年の差の事もあり最初は新婦からのアプローチを断っていた。

店の常連となりつつ有った新婦が、同じく常連の私たち夫婦に相談をしてきて応援をする事に
程なくカップルとなり結婚する事に・・・ ここまでが前置き。