本日のピックアップ\(^▽^)/


コメント( 42 )

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:37:13 ID:dB7tQIVkr.net
以下、理由 
「一々手入れをする子孫に申し訳ない気持ち」 
「お金がかけてまで要らない」 
「石の下にひたすら閉じ込められるくらいなら海にでも還してほしい」 
「植物の栄養になった方がただ埋葬されてるより有意義な気がする」 
「自分が死ぬまでに宇宙葬が当たり前になってますように」 

コメント( 0 )


22:30更新 【1/4】
23:00更新 【2/4】←今この記事です。
23:30更新 【3/4】
00:00更新 【4/4】


133:  2011/09/03(土) 15:00:23.60 ID:A1YbAfRM0
またあの生活が始まる 
ちなみに宿題は海までに終わらせないと行けないとのことだったので 
みんな終わってたが別の問題が。 

夏休みは毎日一時間、長くて二時間お経を唱えるんだ 

コメント( 15 )

345: 本当にあった怖い名無し 2013/11/28(木) 13:14:17 ID:wqyg0Lun0
うちは寺だ。ちょっと高台にあるもんで、地域の避難所になっている。 
しかし、隣の山から細いパイプで来る井戸水しかないのね。 
寺の行事でお斎なんか出すときは、二つのタンクの片方はすっからかんになる。 
当然、何か災害があって、地元の人が避難してきても、すぐ水がなくなってしまうと 
予想出来たから、ずっと市営水道を引いて欲しいって、陳情出し続けてた。 

コメント( 17 )

563: 1/3 2010/03/16(火) 11:46:03 ID:Vm2is/0T
もう20年近く前、私が大学生の頃の話。長文ごめんなさい。 
冬休みにコンビニのおにぎり・お弁当作りのバイトをした。 
バイト先の工場は家からちょっと離れてたけど、 
終わったら近くの駅まで、バイト先が会社のマイクロバスで送ってくれる。 
そこからは自転車で帰宅。時間は18時~22時で、田舎では結構時給が良かった。 
その頃、うちの近所でも変質者が出るという話があって、夜は警察も巡回してた。 
何しろ田舎なもので、駅の周りはともかく、ちょっと離れると何にもない。 
ただひたすら真っ暗な田んぼ、ぽつんぽつんと家の灯り。 
そんなあぜ道を、ひたすら自転車を漕いで15分程で実家に着く。

スポンサーリンク

このページのトップヘ