人気記事、ピックアップ\(^▽^)/

夫婦


コメント( 19 )

706: 名無しさん@HOME 2006/12/01(金) 13:33:06
義家族がらみではないんだけど、こいつもしかして 
エネ夫?と思った一言。 

現在育休中で来年4月に復帰予定。 
お互いのお小遣いの話でふと夫がもらした 
「収入ないくせに小遣い要るの?」にエネ夫臭を感じた。 
今まで実害はないけど、根本にそういう思考があるなら 
こちらも注意して舵取りしていかなくちゃと思った。

コメント( 23 )

489: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)22:07:17 ID:aff
赤ん坊の頃の記憶ってある?

息子は実は養子なんだけど俺達夫婦は不妊で子供が居なかったんだ。
でもどうしても子供を諦められなかったので施設から生後半年の息子を養子として来てもらった。
親の俺が言うのもなんだが過不足なく育てることが出来たと思う。
息子には二十歳になったら告知しようと嫁と話してて、
先週二十歳になった大学生の息子が里帰りしてきた。
まあ里帰りって言っても県内の別の市で独り暮らししてるだけだけど。

コメント( 2 )


21:30更新【1/6】
22:00更新【2/6】
22:30更新【3/6】
23:00更新【4/6】←今この記事です。
23:30更新【5/6】
24:00更新【6/6】


840: 責任 ◆eqCxPuLZFo 2008/01/28(月) 18:31:20
妻にこんなわけあり男なら一緒にならなかった、 
妻の親にも婿として迎えなかったなどと責められました。 
うちにはふさわしくない、ただ、こうなった以上は 
人間として最低限のことはしなくてはならないといわれました。 

義父は「この人の妻でいるなら、父親としての義務を 
果たすことを容認しなくてはならないし、別れるならすっきりするが」と 
妻にいい、妻が「娘にとっては父親だし、私もその子が 
受け入れられるかわからないががんばってみようと思う」 
とそのとき決意をしてくれたんです。ただ、今日の結果を言ったら 
また泣いて「やっぱり、難しいかも」と。 

コメント( 7 )

907: 名無しさんといつまでも一緒 2012/07/20(金) 21:31:34.63
もうすぐ引越しするのだけど 
週末はゴミ捨てだーいっぱい捨てるぞーと息巻く夫に 
嫁は捨てないでね(ニコッ) と言いながら夫の背中に抱きつき 
夫はまだ使えるから捨てないでおくね(ニコッ) と囁いてやった 

冗談みたいに本音言うの楽しい~ 
お給料日に「ATMさん今月もお疲れ様!」って言うのも楽しい~ 

不倫してくれたおかげで立場大逆転だわ 
猛攻撃しかけて自滅してったプリさんありがとうどこかで頑張って生きてね!

コメント( 16 )

465: 名無しの心子知らず 2007/07/31(火) 14:22:54 ID:ov8+7sPl
流れを読まずにカキコ。 
昨日の深夜に近藤さんをクレクレされました。相手は近所に住む露出狂夫婦。 
夜中に奥がムネ出して歩いて旦那がそれを後ろからつけて来る。目撃者多数で近所でも噂になってるけど本人達は気付いてないみたい。 

468: 名無しの心子知らず 2007/07/31(火) 14:25:54 ID:v535XYvi
>>465 
それ普通に通報でいいんじゃないか 
猥褻物だし 

469: 名無しの心子知らず 2007/07/31(火) 14:27:41 ID:2F4GCtQc
>>468 
猥褻物って言うか迷惑だから引き取ってもらうって感じだねw 

コメント( 31 )

809: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/07(日) 20:00:02.83
長くなるけど愚痴らせてくれ 
最近限界を感じてる 

8年前に浮気相手が妊娠して前の妻と離婚 
前妻は自分にも他人にも厳しく妥協とかなあなあを許さないタイプで 
癒されなくて浮気に走った。子供出来たから結婚しろ、妻と離婚しろって 
かなりせっつかれて、俺が言えないなら自分が言うくらいの勢いだったから 
土下座して離婚してもらった 

コメント( 15 )

71: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)11:27:42 ID:ufroqHqEj
親戚に、二人いる子供の下の子だけを可愛がって
上の子は虐待に近いかたちで放置していた一家がいる。
我が子差別の理由は、下の子がいわゆる天才児だから。
「下の子の能力が十分伸びるよう、お金も愛情も出来る限りかけてやりたい。
でもうちは経済的に豊かじゃないから、上の子には我慢させるしかない」
という理屈。

コメント( 21 )

661: 名無しさん@HOME 2007/11/16(金) 12:39:57
毎回地方出身の私を馬鹿にするトメ(ちゃきちゃきの都民が自慢) 
年末も近づきお正月の話になった。 
お雑煮の具については 
「やっぱり田舎は具沢山なのね~うち品良く澄まし汁だから嫁子チャンには味がないかもpgr」 
実家には仏壇と神棚があるからお祝いの時とかお参りしますっていったら 
「やだ!ほんとこれだから地方って!気持ち悪い!」 
聞かれるから答えてるのにずっとこの調子。 

コメント( 19 )

219: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/07(火) 02:45:35
スレチで申し訳ないが、5年前に嫁が壊れた。 
3日かけて脳のスイッチがゆっくり落ちていって、 
自分で着替えもできなくなってしまった。 
これはもうもとに戻らんだろうなとわかったときに頭をよぎったのが、 
嫁と二人でデパートでエスカレータに乗ってるありきたりの風景だった。 
嫁は一緒に歩くとき必ず手をつないでくる。 
でもエスカレータに乗るときは一人ずつ乗るから手を離す。 
エスカレータから降りるとまた手をつないでくる。 
そんときは「面倒くさいな」くらいに思ってたんだが、 
もうそういうことができなくなるとわかって号泣した。

220: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/07(火) 08:30:20
>>219 
詳しく聞こうか 

現在はどうなってる?

コメント( 3 )

626: 名無しさん@HOME 02/11/17 08:04
義父のせいで人生台無しにされた、が口グセだったトメ。夫婦ゲンカで 
家出したり、ケガして入院したりといろいろあったけど、まあ夫婦仲 
悪くて苦労してきたんだろうなと割と好意的に接してた。 
でも何度かそういうのを繰り返すうち、どうも勝手な義母が原因だと 
いうことが分かってきました。 

コメント( 22 )

415: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)22:33:57 ID:OCE
私は大の納豆好き。
冷蔵庫には常に4個パックの納豆をストックし、朝食だろうが夕食だろうが毎日納豆食べてた。
が、結婚を前提に同棲することになった彼氏に
「俺、納豆嫌い。匂いがダメだから目の前で食べないで欲しい。食べるなら俺のいない時に食べて」
と言われてしまった。

コメント( 30 )

307: 癒されたい名無しさん 2012/08/01(水) 01:00:54.31 ID:n+24M1qP
本人から笑い話にしてもいーよと言われてるので書きます。 
先日、友達の女の子の結婚式に招待された時の話。 

本人から聞いたのか、共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心つく前にお母さんが亡くなっていて、 
父親に育てられたみたいな話は耳にした事があった。 

式後に聞いた話だけど、何かの映画か小説かであった、余命を知った母親がまだ小さい子供のためにビデオメッセージを残すみたいな事を 
その子の母親もやってたそうだ。 
と言っても何百本もって訳じゃなく、絵本を読み聞かせるビデオや、小学校卒業ぐらいまでの毎年の誕生日メッセージぐらいだったらしい。 

コメント( 11 )

219: 1/3 2014/07/17(木)17:45:30 ID:???
父の話。
自分今20代なんだけど、父がバツイチだったと知ったのはつい最近。
向こうも「あれ?言ってなかったっけ?」って感じで酒の勢いで色々教えてくれた。
父の最初の結婚相手は取引先の受付嬢だったとかでまぁ美人だったそうだ。
父から口説く形で結婚、半年程は円満な新婚生活を過ごしてた。

しかし嫁の不倫がもりもり発覚。何でも受付嬢をしていた会社では女神様のごとき扱いを
受けていたらしく、寿退社後も男性社員その他からのお誘いが絶えなかったらしい。
そしてそれらを全て受け入れてたと。まぁ要はトイレの女神様だった訳だ。
(さすがに父はそうは言わなかったけど)

コメント( 12 )

669: 可愛い奥様 2010/04/08(木) 05:39:45 ID:5JkXEnln0
甥(姉の子)と関係してしまった。 
当時彼は高校一年生。 
二年以上続いて彼が大学生になったのをきっかけに終了した。 

今では結婚して二児の父になっている甥に会う度 
申し訳なかったなと後悔している。

コメント( 18 )

170: ◆qdgcUgvwZ2 2014/12/29(月)19:04:12 ID:KJJ
旦那の「お前の姉ちゃん早く楽になればいいね」という言葉に不信感を持っています。
私の姉は末期癌で正直言って助かる見込みがない。妹思いの素晴らしい姉だったので
私や両親は絶望に打ちひしがれていたのですが、旦那がふと上記の言葉を漏らしました。
旦那とは結婚してまだ2年ですが、旦那の不妊が判明した頃(1年程前)から言葉の端々に棘が出るようになり
最近では「俺セイ子無いけどさぁ、お前が妊娠したら面白いのに」と言われました。

スポンサーリンク

このページのトップヘ