コメント( 30 )

引用元:何を書いても構いませんので@生活板80

641: 名無しさん@おーぷん 19/10/20(日)00:25:31 ID:In.rs.L1
10年前にまだ俺が学生だった頃によく通ってた定食屋で切なくなった。

その定食屋は女将さん1人で切り盛りしてて、早くに亡くなった
旦那さんの店だったらしくて、旦那さんが亡くなった後
お子さんを育てながら切り盛りしてた。

男子学生はどこかで女将さんに母親を見てて、美味しい飯と共に
「ご飯おかわりいる?いっぱい食べてね!」
という言葉と人柄に癒されてたと思う。

コメント( 6 )

引用元:友達をやめるとき133

293: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/28(火) 15:49:17.54 ID:55JkOMA3.net
趣味の友人 

複数で遊んでる時
「あ、私(某携帯会社)に電話しなきゃだった。ちょっと電話するねー」
と言い、お客様センターに電話をかけ始めたんだけど 

友人が冒頭からすごい剣幕でキレ始め、一同「なんだ?なんだ?」状態 

内容はよくわからんけど
「喋るの遅いんだよ!早く別の人に変わって!」とか
「なんなの?あんた?なんでそんなトロイの?」とか
「さっきの人さ、こっちが忙しくしてるっていうのにチンタラチンタラしやがってさ」とか
とにかく電話の相手を責め立ててた 

コメント( 26 )

RED19716028_TP_V

引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part66∧∧

727: 1/3 2013/01/20(日) 18:13:13.15 ID:XvDyKAbA0
白神山地は熊の湯温泉の主人の話 


ある日の夕方、この熊の湯温泉の主人のもとに
「山菜採りが滑落遭難した」との一報が入った 

主人が現場に駆けつけると、既に地元警察や救助隊が駆けつけており
サーチライト点灯の準備をしていた 
そしてその横で、まだ五十手前の男が泣きながら
「早く女房を助けて下さい」と懇願していたという 

その地点は白神ラインの天狗峠と明石大橋の中間地点で、
ガードレール下は急峻な崖であった 

コメント( 5 )

250: 名無しさん@HOME 2012/05/27(日) 18:23:27.67
結婚当初の事なんだけど、よく考えたらドキュだったかもしれない。 

旦那実家、ウトメ世代だと方言ガンガンで訛り強くて何言ってるかほぼ分からない。 
旦那に聞いたら、実家帰るときは自分が通訳するからずっと一緒にいればいいよ! 
大事なことは俺の携帯にかけろって言ってあるし、家電は適当に流せば良いし取らなくても良いよ!(旦那は性格がワンコ) 

コメント( 13 )

743: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/28(火) 17:15:02.07 ID:2+YVRU+E
数年前の修羅場。 
当方女ですが、男の声を出せるという特技があります。 
女声優がやる少年の声みたいなんじゃなくて、野太い、ほんとに普通に男性の声です。 
スラムダンクのゴリみたいな声です。 

スポンサーリンク

このページのトップヘ

×