659: 名無しさん@おーぷん 2017/04/12(水)00:22:24 ID:p6j
取り留めの無い長文で恐縮ですがご容赦ください。


崩壊はある日突然訪れました。

私がまだ幼い時、両親が交通事故で他界し、
当時比較的若かった父方の祖父母の養育と母方の支援も受け
慈しまれ育てられました。
お金のことは心配ないと短大にまで進学させて戴き
憧れ、目標にしていた両親が生前勤務していた企業に就職することが出来ました。

就職して四年ほど経った頃、電車に乗り帰宅していると若い女性に声を掛けられ
顔を見ると通勤や帰宅時にたまに見かける女性で、
その日以来顔を会わせる度に会話をするようになり打ち解け
名前や連絡先を交換するまでになりました。