本日のピックアップ\(^▽^)/

ほのぼの・感動


コメント( 18 )

136: 名無しさん@おーぷん 2019/03/26(火)12:04:45 ID:???
婆んちの裏庭には二羽ニワトリ…じゃなくてカラスがほぼ毎日来るのね。
もうすっかり顔なじみなんだけれど、特に何をするわけでもなく、婆が植木に水やりしたりするのを見てるのよ。
まあ相手は鳥だから気まぐれにそこらの木にとまるわけで、婆は彼らが来たことに気付かないこともあるの。
気がつけば「おはよう」とか「元気そうだね」とか「寒いね」とか話しかけるんだけど、
婆がいつまでも気付かないでいると最近向こうから声を掛けてくるようになったのよ。
もちろん明確な人間語じゃないんだけれど「カァ」っていう明らかなカラス語じゃなくて、なんかゴニョゴニョ言うの。

コメント( 12 )

559: 名無しさん@おーぷん 2019/03/21(木)06:19:39 ID:1En.on.ul
姪っこ(姉の娘)が一才の時の事。

姉の家に行き、居間で足を折って絨毯に座っていたら、何故か姪が目の色を変えて私の足の方にはいはいしてきた。
驚いて姉を見ると、姉はにっこり笑って
「足の指、好きだから」
私はストッキングを履いていたから、足の指がしっかり見えてただろうね。
足が膝に隠れるように座り直すと、姪の突進は止まった。

コメント( 12 )

444: 名無しさん@おーぷん 2014/11/21(金)14:36:51 ID:0hyLxQx3x
我が家の一人娘は、顔どころかオツムまで両親に似てしまい中学生になった途端ガクッと成績が下がり始めた。
こりゃいかんと塾に入れるも塾の授業も分からないと泣きつかれる始末。
旦那と話し合って家庭教師を頼むことに。やってきたのは大学生の先生。
おっとりした女性で娘もすぐに懐いた。親としてはせめて平均点にと思っていたのだが、何と学年30番に入った。本人もびっくり。
先生に夫婦でお礼を伝えると「いやいや娘ちゃんが頑張ってたので。私は見守りだけなので。」と。
だけど先生が来てから娘はなんというか勉強の要領が格段に良くなった。
おまけにお手伝いもしてくれるようになった。前はブーたれてたのに。

コメント( 7 )

938: 名無しの心子知らず 2019/03/14(木) 00:01:35.08 ID:Q3sJfSjN.net
転んで泣き出した2才息子に 
いたいのいたいのーとんでけ!いたいのいたいのーとんでった! 
ってやってあげてたら 

コメント( 10 )

616: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)12:49:21 ID:???
姪っ子に「誕生日シルバニアファミリー好きなの買うよ〜」って言ったら
「そんな幸せが…!」とその場に崩れ落ちて凄かったわ
五歳にしてそのリアクション力なんなの凄いわ

コメント( 12 )

414: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 17:19:05.63 ID:riBYf26T.net
30年くらい前、夜中に仕事に行っていた父が、動物を拾ってきた。 
聞けば、 
「国道のど真ん中でウロウロしてた。あのままだと轢かれてしまう。」 
で、持ち帰ってきたんだけど、その動物はジーっとしてるだけで、うんともすんとも言わない。 
でもめちゃくちゃ可愛い。 

コメント( 5 )

181: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)11:22:14 ID:???
叔父の法事の前日に夢を見た。
夢の中で「悪いけど、煙草を1箱だけ買ってきてくれんか」と叔父に頼まれたので目が覚めてから買いに行った。
ちょうど法事なんだから墓前に供えればいいと思った。

コメント( 15 )

95: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:55:36.49 ID:Mcb0Qkrq.net
「今日のご飯なに?」と聞かれたので「鍋だよ」と答えたら 
下の子が超真顔で眉間にシワ寄せて私の持っている土鍋を睨みつけてきた 

コメント( 3 )

70: 名無しの心子知らず 2009/05/07(木) 22:27:11 ID:1SNeNRly
一日体調が悪く、子どもたちが夕飯食べてる間ちょっとだけ…と横になってたら3時間も経っていた。 

慌てて子ども部屋を覗いたら、仲良く眠ってた。 

食器が水につけてある。 
お風呂には二人で入ったらしい。 
時間割も宿題も、ちゃんとやってある。 

コメント( 5 )

427: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)16:49:59 ID:te8
この連休の話。
旦那が急に仕事になり、約束していたピクニックに行けなくなった。
来週行こうねって言ったんだけど、小二の娘は泣いちゃって子供部屋にこもっていた。

スポンサーリンク

このページのトップヘ