ピックアップ人気記事\(^▽^)/

復讐


コメント( 18 )

34: 名無しさん@HOME 2012/02/25(土) 19:30:16.83 0
私が妊娠中、デブだデブだと言って来た親戚のおっさんに言った一言。 

「デブなのは妊娠してるからですよ。私は産めばデブじゃなくなりますけど、 
あなたのハゲはずっとそのままですね。気の毒に・・。」 

おっさん、ぷるぷるしてた。 
トメさんが「確かにそこまでハゲてたらもう無理よねー。デブはやせたら治るけど、ハゲはねぇ・・ぷぷ」 
と追い討ちをかけた。 

トメさんも過去にそのおっさんに体型のこと言われてムカついてたらしいw 
二人で「ハゲてる上に性格悪いとかwwどっちかにしろよー!」とか言いまくってたら知らんうちにいなくなってた。 
ちなみにトメさんも私も標準体型。 
普段なら別にハゲててもなんとも思わないけど、あんまりにもしつこくデブデブ言われたから言ってしまった・・。 
でもぷるぷるするおっさんが見れられてスカっとした。


スポンサーリンク


コメント( 8 )

13: 名無しさん@HOME 2012/02/22(水) 20:01:02.35 0
ウト死んで不安になったトメから同居要請。 

夫が、「お金はあるんだから、有料のホームに入ってゆっくり過ごすほうがいいよ。 
プロの職員さんがいつも居るほうが安心だよ」と言ったら、トメは 
「他人じゃ安心できない。家族に手厚く面倒を見てもらいたい」と…。 
思わず、「はぁ?私だけでなく、私の親まで散々馬鹿にした人のことを、私が手厚く面倒見るとでも思ってるんですか?」 
と、素で聞いてしまった。トメ、ぽかーんとしていた。


コメント( 17 )

520: 1/5 2011/04/26(火) 17:00:57.78 0
空気を読まずに修羅場投下
エネスレかどちらか迷ったけど、結果的にエネではなくなりただの修羅場になったのでこちらに。他の該当スレがあれば誘導お願いします
フェイク多数、10年近くの歳月が経ってるので記憶も時系列も曖昧です
なので矛盾があるかと思いますがご了承下さい

私と私の母(以下、私母と表記)に起こった修羅場です

前置きとしては、私母は2ちゃんで嫌われ者の出来婚ボッシーです
私母は20代で出来婚し、私を産みましたが当時居た父はエネ夫サイマー。義両親はそろってパチンカスという不良物件だった為、まだ幼い私を連れて離婚し、実家に戻りました
でも、私母両親(私から見て祖父母)も今でいう毒親
結局両親の過干渉や強制お見合いに疲れた私母は直ぐにまた実家から離れた隣街に家を借り避難しました
そこで仕事をしながら私を育ててくれてました
自分の事でお金も使わず、私の習い事で使い、私がボッシーである事を悩まないように服などをちゃんと仕立ててくれたり、凄く大切に育ててくれました

それでもやはり色々苦労はある様で疲れきっていたようです

そんな時に私母は元義父に出会いました


コメント( 8 )

409: 名無しの心子知らず 2012/09/15(土) 13:52:04.88 ID:+3i3ZBn1
ちょっとした物が無くなるから、なかば頭にきて罠作成。 
古い木片を拾ってきて小さな箱を作り、ある物を入れておいた。 

数日後、箱が消えたから、今度はかなり怖い箱の話をしたら錯乱したママがいた。 
箱に詰まっているものは怨念じゃなくて、髪の毛とフライドチキンを食べた後の鳥の骨なんだけど・・・ 
泥ママに一言。 

悪趣味な悪戯心とゴミの処分ありがとうございます。


コメント( 25 )

176: 1/2 2012/08/21(火) 00:48:48.30 ID:w/BlJw+30
長くなったので二つに分けます。 

旦那と結婚するよりさかのぼること数年前。 

ばかな男にひっかかり、いっぱい貢いでお金も貸して 
支払えなくなりカード破産寸前までいった 
仕事は続けられたので、分割払いで済んだけど 
カードは持てなくなったし持ちたいとも思わなくなった 
(これも家族、旦那には秘密だけど) 

私に金がないと知った男は離れた。 
お金を貸したことも、本人の中では貰ったことになっていた。 
強引に取り返す方法はいくらでもあったが、返済に追われていて 
あまり自由に使えるお金がなく、泣き寝入りかなと思っていた。 

が、男には私と同時進行で別の女がいたことがわかった。 
私が貸した金が、そのままその女に使われていたことも。 
二人が私から離れたあとも続いていたことも。 

なので、最初は腹立ちまぎれに 
彼らが関係する業界に関するネットの掲示板に、あることないこと書きまくった。 
書いてくうちにノってきて、家のPCやらネカフェやら実家のPCやら駆使して、 
一見信憑性の高そうなデタラメ(5%くらいの真実を混ぜて)を書いた。 
どこからか便乗してくる輩もいて、あきらかなデタラメを振りまきはじめた。
 

スポンサーリンク

このページのトップヘ