ピックアップ人気記事\(^▽^)/

衝撃


携帯のカメラのシャッター音を消す裏技(注:悪用厳禁) ①通話ボタンを1回押す ②1を1回押す ③再度1を1回押す ④0を1回押す ⑤10秒ほど放置 これでシャッター音が消えます。 携帯の電源落とすと元に戻ります。

スポンサーリンク


ある食べ物が身体にいいという話はよく聞きますが、アメリカの調査結果 によれば、パンは危険な食べ物だということがわかりました。 パン食が増えている日本も他人事ではありません! その驚愕の事実をご紹介します。

もしも1人だけ生き返らせることができるとしたら、見たこと無いけど親父かな 俺が生まれる三年前に死んだらしい

長男豚のワラの家は狼に吹き飛ばされてしまいました。 長男の豚は次男豚の木の家に逃げ込みましたが次男の家は壊されてしまいました。 長男と次男は3男のレンガの家に逃げ込みました。 狼は言いました 「オーブンの中に逃げ込むとは好都合だ」 狼は家の回りに薪を置き始めました

アルバイトなんてしなくてもスロットで食えるって。 今日、スロット行こうとしたけど金がなかったので、母親の財布から金パクろうと思って開けたら、10年前の母の日に俺があげた肩たたき券が大事そうに入っていた。 俺は泣きながら2千円を抜き取った。

「引きこもり」をかっこよく言えた奴の勝ち 孤独の観測者 陽の光を浴びぬ者 世界から切り離されし者 干渉を断ち切りし部屋の番人 ダスト・ヒューマン 永久(とわ)に閉ざされし者 世界を愛せなかった男 タワーディフェンス 来たるべき時を待つ愚者 守護者‡ザ・ガーディアン‡ 現世から断絶されし者 プライベートセキュリティアドバイザー ハウスキーパー 自ら封印せし間の覇王 孤高の反抗者 永遠の反抗期 母ちゃん泣いてる系男子 オールサンデー 瞑想に命をかけし者 世の理に背く者 家しかなき子 攻められぬ城の城主 寄生獣 眠り続ける獅子 ヤングリタイア 光を恐れし民 ルームマスター 窓辺からやがて飛び立つ者

家には中学1年の息子と小学4年の娘がいる。 息子には毎日100円の、娘には毎月1万円の小遣いを渡している。 ところが最近、息子が小遣いの額について文句を言うようになってきた。 いまどき100円だけでは自動販売機でジュースすら買えないと言うのだ。 ジュースが買えないならワインを買えばいいと言って、その場は突っぱねたのだが、今度は年少である娘より自分の小遣いが少ないのはおかしいと言ってきた。

さて、あらためて申すまでもないのですが、当社は亡くなった方のご遺体を火葬するという、極めて社会貢献度の高い企業であり、またその分、社会的責任を背負う企業でもあります。 しかし、最近、当社社員のモラルが低下しているのではないかという声を社内外でよく耳にするようになり、社長として懸念しております。 社員の皆様におかれましては、当社の立場を充分認識の上、モラルを持って業務にあたるようお願いします。 特に以下の4点については必ず守って下さい。

授業中、僕はぼんやり外の景色を眺めるのが好きだった。

26日午後7時50分ごろ、米花市米花町のホテルロビーで『眠りの小五郎』として知られる探偵毛利小五郎さん(45)が頸部を針のようなもので刺されて死亡し、警視庁捜査一課が毛利さんと一緒にいた男子小学生(7)を重過失致死の疑いがあるとして補導していたことが分かった。

1年前の今日、妹の友達と付き合い始めた。

【題名】疲れた 【本文】もう、仕事辞める。 【題名】Re:疲れた 【本文】分かった。私も主婦辞める。

今日学校でMにもやしと言われた。 人間にむかってもやしとはどういう事なのだろうか。 もやしは日に当てるとダメになる。 つまり俺は日に当たってはいけない体質ということか! TVのドキュメンタリーでそういう人もいるというのをやっていた。 Mはそれを俺に教えてくれたのだ。 じゃあ何故はっきりそう言わないのか。 ガンの告知のみたいにショックを受けないようにするためだろう。 ありがとう、M。 今日から日に当たらないように学校にも行かず、部屋にこもることにするよ。

今から20年前の大学の頃、当時乗っていた単車を車庫の中から盗まれた。 シャッター開けた瞬間、何時もある場所に単車が無く、その代わりに数点の部品が単車があった場所に落ちているのが目に入った。 最初は盗まれたと考えられず近所を探し捲くり、結局警察に届けた。 それから数時間後、隣の市の畑にガス切れで放置されていたと連絡来た。 盗まれた単車が帰ってきた。 ホッとした。 社会人になり、当時付き合っていた彼女と海にドライブ。 彼女の車を駐車場に置き、砂浜を適当に散歩して戻ると鍵穴が壊れていた。 車内が荒されていたが、大事なものは持ち歩いていたので被害は車の鍵穴だけだった。 ホッとした。 それから数年後、結婚して3年目。 嫁さんは専業主婦で、俺は朝帰り連続なデスマーチの日々。 気がついたら毎月の電話の請求がうん万円とかすんごい事になってた。 問い詰めたら、他に好きな男が出来たとか。嫁の心が盗まれた。 結局離婚した。 被害は穴だけだった。 ホッとした。

ある女子大生が先輩のアパートで行われた飲み会に参加した時のことだ。 飲み会が終了した後、彼女はアパートを出てしばらく歩いていたのだが、 ふと先輩の家に携帯電話を忘れてきたことに気づいた。 彼女はアパートに引き返し、先輩の部屋に戻って呼び鈴を押す。 ところが、反応がない。 ドアノブをまわすと鍵は掛かっていなかったので、彼女はそのまま中に入っていった。 部屋の中は電気がついておらず真っ暗で、どうやら先輩はもう寝てしまったらしい。 無用心だな、と思った彼女は電気をつけて先輩を起こそうかとも考えたが、 先輩がかなり酔っていたのを思い出してやめておき、 真っ暗な中で自分の携帯電話を探し出すと 「忘れ物をしたので取りに戻りましたー」 とひと声かけて部屋を後にした。 翌日、彼女が先輩のアパートの前を通りかかると、なぜか大勢の警官が集まっている。 事情を聞いて彼女は驚いた。 なんと、あの先輩が部屋で殺されたというのだ。 部屋は荒らされており、物取りの犯行かもしれないという。 「あの時電気をつけて先輩を起こし、きちんと戸締まりをするよう 注意していたらこんな事にならなかったのに…」 彼女が自責の念でいっぱいになりながら昨日その部屋にいたことを警官に話すと、部屋の奥から刑事が現れて彼女に見て欲しいものがあると言った。 「部屋の中でこのようなメモを見つけたのですが、 これの意味がわからないで困っていたのですよ。何か心当たりはありませんか?」 彼女はそのメモを見て青ざめた。 そこにはこう書かれていたのだ。 「電気をつけなくてよかったな」

スポンサーリンク

このページのトップヘ