修羅場・衝撃


コメント( 13 )

657: 名無しさん@HOME 2012/11/15(木) 21:16:04.33 0
自分に修羅場だったこと 

昨日大学からの帰り道に近道しようと公演の中を通ったら小学校低学年ぐらいの子供が一人でブランコこいでた 
時間は9時過ぎ、てっきり幽霊かと思って一瞬変な声をあげてしまったw 
流石にこの時間まで一人で遊んでいるのは危ないと「おうちのひとは?」と訊いたら「外にいろって言われた」とのこと 
あまり治安の良い地域でもないので「じゃあお姉さんが一緒にいてあげる」と言ったら笑ってくれたので 
持っていたカイロを一個あげて二人でおしゃべりしていた 

親がよくこうやって外に出すこと、男を連れ込んでいることなどを聞いて、今日も晩御飯を食べていないというのを聞いて 
何か食べ物でも入っていないかなとリュックに手を突っ込んだところで後ろから「ちょっといいですか?」と話しかけられた 

慌てて振り向くとおまわりさんだったwwwwww 


コメント( 14 )

955: 名無しの心子知らず 2012/07/11 09:21:14 ID:TqvIvJrQ

軽いクレクレだけど、 
スーパーでもらった景品をクレクレされた。 
「●●を買ったらXXをプレゼント!」みたいなアレ 

社用での買い物だったんだけど、制服だったからか会計終わった途端 
「会社では使わないでしょ?クレクレ」された 
見ず知らずのオバハンに。 


コメント( 13 )

334: 1/3 2012/11/13(火) 21:22:23.69 0
かなり昔の個人的修羅場。長いです。 
うちは両親と姉妹の4人暮らし。 
姉…大学生。美人でモデル体型。性格は天然甘えたがりで超モテる。女友達も多い。 
私…高校生。当時はデブ、顔も地味な内向的オタク。当然喪女。勉強はそこそこ。 
こんな感じで正反対だが仲は良かった。 

姉は友達が多いだけあって、あちこち遊びに行ったりはしていたが、朝帰りなんかは滅多にしなかった。 
その朝帰りも、親もよく知ってる友人の家に泊まりに行ったりとかで、ちゃんと家に連絡したうえでだった。 
しかしある頃から、急に姉が夜遊びするようになった。毎晩のように朝帰り。夜中に電話で呼び出されて出掛けたりもした。 
悪い男に騙されたのかと思いきや、相手は女の子。しかも何と中学生だった。 
姉はどんな時でも、その子に呼び出されると車で迎えに行き、夜中じゅう一緒に遊んでいるらしい。 
当然両親は激昂して「そんな子と付き合うな!」と言ったのだが、姉は「うるさい!」の一点張り。 
夜中の3時に車で出かけようとする姉。行かせまいと車の前に飛び出す母。姉を思い切り引っ叩く父。 
こんな感じのことが何度もあったのがまず修羅場だった。 
しかしそれでも姉の目は覚めず、部屋に籠って不貞腐れ、隙を見ては出掛けてしまっていた。
 

コメント( 53 )

124: 名無しさん@HOME 2012/11/12(月) 00:09:47.09 0
高校生の時からずっと付き合っていた彼氏がいた 
大学四年、お互いに内定をもらい 
「結婚を視野に改めて付き合ってほしい」 
と彼から言われたので、両親に紹介するために初めて家に招待した 
父は彼が来ると伝えておいたのに朝から飲酒 
彼を家に連れてきたころには完全に出来上がっていた 
父は彼を見ると同時に 

「君はどこ大学かね?おぉ、私と同じ大学か。なら○○(私)ではなく妹にしないか? 
○○は正直失敗作だ。私の希望の大学には行かなかった 
そのかわり妹は国立の医学部。君と妹の優秀な遺伝子なら私以上の最高作が生まれる 
どうだい?」 
と言った 
 

コメント( 41 )

160: 名無しさん@HOME 2012/11/12(月) 08:17:23.98 0
彼女と二人で保健所にhiv検査に行った。 
とはいえ一応受けてみただけで、 
待ち時間も置いてあったパンフ読みながら「hivの人は大変だねー」なんてまるで人事なお気楽話をしてた。 

そしたら結果は二人とも陽性判定。 
帰ってから頭ぐるぐる、再検査待ってるまでの二週間 
「本当の本当に陽性だったらどうしよう」「まだ学生なのに、毎月の医療費どうしたらいいの」 
「もし二人で結婚しても子供作れない」「でも別れたってエイズ持ちなんて他の人とも付き合えない」 
とか色々悩みまくったのが修羅場。 


コメント( 9 )

172: 名無しさん@HOME 2012/11/12(月) 10:04:48.21 0
私は当時自宅作業の仕事で、ちょっと収入が上向いたので 
広めの部屋に移ろうと探したら、ファミリー向けだったが 
古くなって人気が無くて、独り者でも入居可になった物件が 
あった。 
3LDKだし事務所にしてもしてもいいと大家さんの許可もおりたので 
人の出入りで迷惑掛けないように出入り口側の一階の角部屋を 
選んで引っ越した。 

広くなったので実家に置いてあった仕事関係の本やら機材やら 
ソファーセットやらを送ってもらった。 
ソファーセット以外は、宅急便で送ってもらいみかん箱で六箱あった。 
なぜみかん箱かというと、近所のスーパーに箱を貰いに行ったら 
冬だったので一番丈夫な箱はみかん箱だとたくさんもらえたからだと 
後から親に聞いた。 

ソファーセットを運び入れるときに黒猫のお兄さんが来たので 
判だけ押してドアの外に置いておいてもらった。 
ソファーセットを設置してもらって宅配便の人が帰ったので 
みかん箱を運びれようとしたら無い。本だから結構重いはず。 
なのに六箱きれいさっぱり無い。 
本とは言え絶版になったのもあり高価な本もあるので警察には届けた。 

近所周りは、事務所にするから人の出入りがあることを 
謝罪してちょっと金額多めのものを挨拶の品にして 
引っ越し前にはしてあった。 
盗難があって次の日出かける用があり珍しく通勤時間に 
電車に乗るために駅に向かって歩いていたら男性が話しかけて 
来た。挨拶に行ったときに102号室に住んでいた人だった。 
「すみません。マンション○○の101号室に引っ越して来た人ですよね? 
自分は102号室に住んでますが、うちのものがみかん箱を頂いたようですが 
本も入っていていらないと言われたからBOOK OFF呼んで売ると言っていたんですが 
本当にいいんですか?」と聞いてきた。


コメント( 12 )

112: 名無しさん@HOME 2012/11/11(日) 21:28:14.55 0
友人が結婚して一軒家を建てたのでお祝いに行った時。 
犬種は忘れたが、ゴールデンレトリバーに似た大型犬に襲われた。 

元は友人嫁のペットで実家から連れて来たそうな。 
親戚以外で家に招いたのは俺が1号だったので不審者と思われたらしい。 
友人嫁が慌てて犬を引き離し、友人に病院に担ぎ込まれた。 
友人嫁の指示もあって犬が持ってるような病気に感染してないかの検査もさせられた。 
怪我は縫うまではいかないでたいしたことは無く、検査結果も問題が無かった。治療費は友人持ち。 
そこまでも修羅場だったけど、後日、友人が菓子折りと見舞金を持って謝罪に来た時も修羅場。 

嫁と相談して保健所も考えてるとか言い出した。見舞金も大げさだと思ってたのに。 
たいしたこと無かったのに俺のせいで保健所送りとか俺にも犬にも重過ぎ。 
不審者に立ち向かう勇敢な良い犬なんだから大事にしろと何とか思いとどまらせた。 
ただ、散歩の時は気を付けろとは言った。 


それから数年。友人宅に子供が生まれたが、襲われたのは俺だけらしい。


113: 名無しさん@HOME 2012/11/11(日) 21:33:22.99 0
>>112 
でも保健所の方が正直良かった気もするんだけど…いきなり襲う犬って怖すぎるよ


コメント( 8 )

17: 名無しさん@HOME 2012/11/11(日) 08:32:59.92 0
中学時代、イジメられてることに気づかなかったことかな 
自分の、というよりは先生の修羅場だったかも 

例えば、上履きが無い=自分で無くした、と思って 
普通に「上履き無くしたのでスリッパ貸してください!」と職員室へ 
しかも、来客用のスリッパを履いてるのが面白くて皆に楽しそうに見せびらかしたり 
朝、自分の机が廊下に出てる=皆の机が廊下に出てた、とも思って 
出席を取る時に先生に「何で机が廊下に出てたんですか?」と聞いたり 
教科書に落書きされてるのを見つけて 
先生に「誰かの教科書と間違えてしまったみたいです」と見せたり 
授業中のグループを組むときも不自然に余ったが気にしないで 
先生に「余っちゃった!」と名乗り出て振り分けてもらったり 
同級生に無視されてるの気づかないで聞こえないだけだと思って再び話しかけたり 
遠足や修学旅行の写真を選ぶ時も自分が写ってる写真だけがキズつけられていたけど 
当時は自分のだけだと気づかないで「写真がキズついてます!」と先生に報告したり 
そんな感じで卒業まで元気に登校 


コメント( 34 )

74: 名無しさん@HOME 2012/11/11(日) 15:45:15.24 O
兄の嫁はバツイチ。 
なんでも不妊が原因で離婚されてバツイチになったそうな。 
それでまた離婚はされたくないと結婚してすぐ不妊治療。 
うちは私と兄と姉と弟の四人兄弟。 
そしてそれぞれに三人ずつ子供がいる。 
だから子作りを急かすこともないし、それが原因で離婚を迫ったりもなかった。 
兄嫁は不妊治療に年間三百万円費やした。 

そして二年目に妊娠。 
実家で兄嫁が妊娠報告した途端、兄が怒り離婚話に。 

このページのトップヘ

×