修羅場・衝撃


コメント( 18 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26

508: 名無しさん@おーぷん 20/02/21(金)15:50:21 ID:7d.bi.L7
数年前の出来事。

大学時代からの友人グループのひとり、Aから披露宴の招待状が届いた。
当時私たちは30代後半で、その友人グループ(6人)の結婚式は
ご祝儀3万円と別に3000円ずつ出し合って記念品を贈るのが通例になってたので
仲間のひとりがリクエストを聞き、Aに頼まれたポーリッシュポタリーの食器を用意した。

Aは他県に嫁ぐと聞いたので、式の一ヶ月ほど前に全員で集まって
結婚祝いのランチ会をして、その時にご祝儀とお祝い品を渡した。

コメント( 9 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 63

298: 可愛い奥様 2018/08/16(木) 23:40:10.78 ID:xjixWofN0.net
流れ読めてなかったらすみません 
吐き捨てです 

自分の中学時代の黒い話です 

他のクラスメイト達の友人関係壊した事。 
理由は本当に下らない事で、 
当時親友だと思ってた子に酷い友やめをされて 
他の仲良くしてる女子達を試してやろうと思ってやらかした。 
今になってみると完全に嫉妬だった 

コメント( 19 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 64

890: 可愛い奥様 2018/11/16(金) 15:25:19.17 ID:q8P8w66F0.net
家が貧乏だったので古くなった食材でも普通に食べさせられていて
耐性ができていたとおもう。 
修学旅行で集団食中毒になったとき、私だけはなんともなかった。 

「貧乏だから平気なんだ」、と思われるのが嫌で
必死にお腹が痛い振りをしてトイレに閉じこもった。 

コメント( 9 )

引用元:店員「490円です」ワイ「1010円スッ」店員「…?」ワイ「いいから打ってみw」

1: 風吹けば名無し 2019/11/14(Thu) 21:20:41 ID:lqChyUBI0.net
店員「520円のお返しです…」 
ワイ「…?」 

小銭の出し方わからんわ…

コメント( 7 )

引用元:小姑むかつく125コトメ

539: 名無しさん@HOME 2020/08/04(火) 09:12:43
義母と敷地内別居中 

東京に住むコトメが子連れで帰省すると聞いたので夫が断った 
トメは泣くし、コトメは「もう飛行機のチケット取っちゃったよ」というし 
呆れてものも言えない 

コメント( 22 )

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その26】

511: 名無しさん@おーぷん 2018/12/23(日)10:34:27 ID:P8r
今現在の修羅場。

共働きで嫁の方が収入が上になるってのは
やっぱり夫婦関係に影響あるものなのかなぁ。

結婚して8年
子供は授かれば全力で育てるが、授からなければそれはそれでと言う考え方で
避妊せず検査せず自然に任せていたら子梨のまま。
それでも夫婦仲は良いと昨年までは思ってたが、もうダメかも知れない。

コメント( 32 )

引用元:勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其159

224: 名無しさん@HOME 2012/09/04(火) 23:29:06
このスレが出来たばかりで紫カプセルの人の報告があった当たりのレスで 
卵アレの孫にプリン食べさせて殺した近所の姑(報告者とは他人)の話があったような。 
あの頃でもアレルギーは既に取扱い注意を呼びかけても効かないウトメばかりだったんだよな。 

228: 名無しさん@HOME 2012/09/05(水) 21:48:36
>>224
これかしら 

コメント( 68 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 65

353: 可愛い奥様 2019/02/10(日) 18:21:21.18 ID:dS6hCqOw0.net
旦那が単身赴任中の三年間犬のしつけみたいな子育てをしたこと

ちょうどイヤイヤ期の2歳の時に旦那が単身赴任になって
実家も頼れない状況の時、泣いたらとことん放置して
笑顔の時だけ可愛がるようにしてた 

コメント( 16 )

引用元:今までにあった修羅場を語れ 35話目

384: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/17(日) 01:00:05.23 ID:kd0GQvYg.net
初レスなんだ色々すまなんだ…… 
文章も稚拙ですまなんだ 

数年前、ある会社から中途採用されたんだわ 
仮想通貨を扱っていて、全国に名前は知られてないほど小さい規模の会社 

社内の雰囲気とかがマルチ臭いというかどう考えても怪しさ満点だったけど 
給料が凄く良かったし元々は別業界で働きたくて転職するまでの繋ぎにする予定だったから 
何かあっても大丈夫だろうと高をくくって内定を承諾した 

このページのトップヘ

×