人気記事、ピックアップ\(^▽^)/

家族・義家族


コメント( 12 )

646: 名無しさん@HOME 2012/07/15(日) 16:30:00.69 0
嘘のような出来事だけど実話。 

私は幼い時に両親が他界し、母の友人である夫婦のところに引き取られた。 
だから姓も変わった。 

話は変わって私が大学に入った時、三つ年上の彼氏ができた。 
私は付き合う時点で自分が養子の事は話してあった。 
でも彼はそんなの気にしないと言ってくれた。 

両親にも「彼ができた」とは伝えてあった。 
付き合って2年。
そろそろ結婚前提に付き合うことを両親に伝えたいと彼から話され 
私の両親に彼が挨拶をしに行った時だった。 

コメント( 5 )

799: sage 2006/07/28(金) 06:10:32
自分21歳 兄23歳。母47歳。 
俺が小学校に入る寸前に両親離婚。 養育費など一切もらわず母は俺たちを 
育ててくれた。パートを3つくらい掛け持ちして頑張ってくれた。高校受験が 
視野に入ってきた頃、母が家庭教師を見つけてきてくれた。 
県内の医科大学の学生だった。その先生のおかげで、俺も兄も、最初の志望校 
よりもランクが上がったとこに行けそうだと、進路相談で言われた。 

コメント( 6 )

48: 名無しさん@HOME 2010/10/03(日) 14:49:13
うちの長男嫁がそうなだけかもしれないけど… 
去年、同じような感じで義兄子の運動会に呼ばれて行ってがんばって作った重箱弁当を食べ 
「(うちの子供の運動会に呼んでね」と言われたので素直に呼んだ。 
料理も同じくらい作らなきゃいけないんだろう、と実母に手伝って貰って前日から準備して6時起きで作って詰めた。 
そしたら呼ばれてきた義兄嫁の顔がどんどん能面化して怖いことになった。 
夫が義兄に聞き合わせてくれたんだけど、義兄嫁的には「自分と同等か超える弁当作ってきた」時点で宣戦布告と受取ったらしい… 

コメント( 5 )

718: 名無しさんといつまでも一緒 2007/03/13(火) 20:17:22
ここに書いて良いのか分かりませんが、ちょっと相談させてください。 

父が失踪しました。というより家から逃げました。 
もう2ヶ月くらい家に帰ってきません。 
確定しているのは、ある女と行動を一緒にしているということです。 
何度か、ウチの家族や親戚に目撃されています。そしてそのたび逃げます。 
パチンコ屋で出会った最悪な女だとは聞いてます。 
父も去年、役員を務めていた会社が倒産し、色々とあったのですが、それとこれは別問題です。 

コメント( 8 )

240: 本当にあった怖い名無し 2010/03/16(火) 18:06:16 ID:7WUZXh910
昔人を頃した。その相手の死を踏み台にして得た金を元手にして、そこそこの社会的地位と財産を築いた。 
家族にも友人にも恵まれ、私の人生は順風満帆なはずだった。 
しかし、株取引に失敗し、多額の借金が残り、家と会社を売り払って精算した。 
やり直そうとした矢先、次男が死んだ。やり直す気力が奪われてしまった。 
働けず精神科に通い薬を飲み、失意の中死んだように生きている。 

コメント( 10 )

417: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:16:19 ID:NBY
旦那に若年性アルツハイマーって診断がついた。
たまに物の場所なんかがわからなくなる程度だけど、これからどんどん忘れていくんだな。
亡くなった実父もアルツハイマーを患ってて、その姿を見てきたからすごく怖い。
父のように私の事を忘れるのかな。

コメント( 11 )

80: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/04/02(水) 12:35:29
押入れの収納から服を引っ張りだして整理してた。 
この春着られそうなものと、もう着られそうにないものに別けて、 
旦那に「着ない服はもう捨てちゃおっかあ」なんて話してた。 
翌日、買い物から帰ってくると、服がなくなっていた。 
旦那に聞くと「母さんが来て持っていったよ。捨てちゃうならいいでしょう?」と。 
捨てるつもりだったからまあいいかと思ったけど、 
よく見たら着られそうな服もいくつかなくなってるんですが… 

コメント( 13 )

15: 名無しさん@HOME 2014/05/29(木) 09:00:58.96
義弟の嫁がどういう人か掴めない。 
義弟も義弟嫁も30過ぎで、出会って数ヶ月でデキ婚。そのときは、私は旦那との結婚が決まっていたけど、義弟達のほうが結果的に先に挙式入籍をすませた。 
バタバタしてたのであまりしっかり顔合わせはしていないけど、こっちも結婚したいまのお付き合いは年末年始やお盆の集まりでたまに話すくらい。 
結婚して最初の年に、義弟嫁から誕生日プレゼントをもらった。 
でも、明らかに何かのノベルティと思われるポーチだった。ブランドものではなく、袋にそれだけ入ってて、だけど丁寧に手書きのカードが入ってた。 

コメント( 7 )

369: 名無しさん@HOME 2007/03/15(木) 16:11:44
小姑、姑が発狂して大声を上げて暴れた 
絶縁宣言して出て行った息子夫婦の嫁実家で 
しかもアポなし 
息子不在をねらって3人雁首そろえて恥さらしにきました 

嫁に「ハウス!(巣にもどれ、帰れ)」と怒鳴られ 
孫の出産祝いを口実にのこのこ出てきて、玄関で言いたいことがあると嫁親の前で絶叫 
出産祝いもつき返されて 
おまけに塩までまかれて 
「私たち母(姑)と子(34歳小姑)は池沼なんです 
 その父(舅)は基地放置する情けないエネミーなんです」と証明して帰ってくれた 
父も母も、その姿を見て始めて今までどんな目にあってきたのか理解できたらしい 

コメント( 8 )

705: なごみ 2011/09/08(木) 07:00:51 ID:cV69zy+r0
857 水先案名無い人 [sage] 2011/09/07(水) 15:10:20.37 ID:j7kaadGCO Be: 
妹「姉ちゃん。私に言うこと無い?」 
姉「え?…無いよ?何で?」 
妹「冷凍庫に入れといた私の雪見だいふくが無いの」 
姉「雪見だいふく…。姉ちゃんは知らないよ。って言うか何で姉ちゃんに言うの?」 
妹「だって、姉ちゃん前科あるし…」 
姉「あんみつに関しては悪かったと思っている。しかし雪見だいふくに関しては濡れ衣だわ」 
妹「ホントに?」 

コメント( 21 )

91: 可愛い奥様 2012/09/18(火) 14:36:00.27 ID:VML6pDSc0
フルタイムで日中家を空けていたので、防犯のために部屋の灯り点けっぱにしてたんだけど、 
留守中に訪問来たらしい近所の年配奥から「灯りついてるから居ると思ったのに」と地域清掃の時に咎めるように言われた 
「防犯のためですよ」と言ってもピンと来てない様子 
なんでうちの在宅状況をこうやっていちいち教えにゃならんのだー 
どうせ「あそこは留守でも灯り点けるそうよ」て触れ回って無意味になるんだろ? 

怖いことは、こうやって用心深くなったキッカケが、在宅の時にドアがちゃがちゃされたからだ

93: 可愛い奥様 2012/09/18(火) 21:34:34.04 ID:pl5Ubyfb0
>>91 
在宅の時にドアがちゃがちゃで思い出したけど、車でそれをやられたことがあるよ。 

コメント( 19 )

505: 名無しさん@HOME 2006/02/07(火) 10:06:36
義父の一周忌法要が開かれ、私の実家の親族も招かれていた。 
その法要後の一献の席での出来事。 
突然中年男性の悲鳴が響いた。 
何事かとそちらを見ると、座布団に突っ伏した夫方叔父と 
百円ライターを持って固まっている私の実妹(高校生)。 

コメント( 22 )

52: 可愛い奥様 2011/06/10(金) 20:12:53.92 ID:JYFeR61j0
母と一緒に弟を女装させてた。中学から高2くらいまで。 

家の中だけでなくそのまま外出もさせたし、学校ある日も 
下着は女性用にさせてた。ほぼ毎日。 

弟はかなり本気で嫌がってたし、虐待に該当するんだろうけど 
まったくそんな認識がなかった。 
純粋に可愛がるというか、ふざけていじってる程度の感覚だった。 

コメント( 14 )

122: 名無しさん@HOME 2013/05/26(日) 00:33:49.80 0
これって書いてもいい流れ? 
若干殺伐としてるけど大丈夫? 
こっちは過去案件なんだけど。

123: 名無しさん@HOME 2013/05/26(日) 00:38:59.98 P
>>122 
おっ毛

125: 122 2013/05/26(日) 00:40:54.74 0
2ちゃんは基本的にROMってたから長文書くのは初めてです。 

登場人物 
父、(元)母、じいちゃん(父方)、ばあちゃん(父方) 
兄弟:①(1番目/自分)、②(2番目)、③(3番目)、④(末っ子) 

コメント( 11 )

880: 名無しさん@HOME 2008/09/02(火) 09:49:17
プチプチですが、初DQ返し記念! 
長文の上、文才が無いのはお許しを。 

毎年私に何の相談も無く、夫と義実家でお盆休みの予定が決まります。 
今年は、ウトの墓参り+温泉+コトメが行きたい観光地の一泊旅行。 
しかし、すでに温泉旅館に空きは無く、話は無かった事に。なのに、 
いつの間にか8月末の土日に行くことに決まり、温泉旅館を予約する 
ように夫に頼まれました。その時、暑さのあまり脳味噌の沸騰して 
いた私には、何かが降りてきたのです。 

スポンサーリンク

このページのトップヘ