職場・学校


コメント( 23 )

引用元:(-д-)本当にあったずうずうしい話 第84話

384: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/11(火) 16:19:13 ID:GNL+jBVT
会社のオペレーター A子 のデータ入力ミスでシステム障害発生
影響は顧客へも及び、ちょっとした事件になった

この件に関し翌日社内では急遽、夕方から緊急会議が開催された
この日は金曜日、みんな早く帰りたい気持ちのはずであったが仕方がない

コメント( 14 )

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part140

1414: 名無しさん@おーぷん 21/09/13(月)00:23:16 ID:Qx.gd.L1
オバチャンの私の学生時代/就活時代の話

両親共に世代としては身長が高かったからなのか私も身長が高い
女で177cmだからきちんとした衣類や革靴は適正サイズがなかなか見つからないので大変

私は中高と部活は体育会系だったけれど
美術部だった姉は166cmなので私は部活選びを間違えた気がする
食欲旺盛になるしね

コメント( 21 )

引用元:その神経がわからん!その66

962: 名無しさん@おーぷん 21/07/08(木)21:16:11 ID:jN.ao.L1
わたしの勤め先の人がワクチン絡みのトラブルを起こした。

私の担当している取引先(大手)から声がかかり
「職域接種について、そちらの会社の分も確保できるけどどう?」という案内が来た。

みんな「受けたい」「ありがたい」と受けることにした。

コメント( 9 )

引用元:女上司(27)「おい、あんた彼女いんの?」俺「いないですけど」女上司「あ、そう今日から私の彼氏な」俺「え!?ちょ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/02(土) 10:13:53 ID:4rPKNSvL0.net
俺(はぁ…また出たよ)
女上司「おい、こっち向け」

おい「はいはい、なんす…」チュッ
女上司「そ、そのマーキングだから///」

こんな女いる??

コメント( 9 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.2

836: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)19:51:37 ID:3Nx
大学入学と同時に家のすぐ近くにあった宅配ピザ屋で働き始めた。
遊ぶお金が欲しかったので、シフトは時給の良い21時から0時まで。
同じ時間帯で働くのは男性がほとんど(皆デリバリー専門)で
女は私より2つ年上がひとりいるだけだった。

その女が嫌な奴だった。

コメント( 9 )

引用元:その神経がわからん!その67

104: 名無しさん@おーぷん 21/07/18(日)14:20:12 ID:xD.bv.L1
小学校時代に同級生の身長の高いぽっちゃり女子がいた

ある日女担任が体育の時間に跳び箱で
全員が一段ずつ昇格することと言い出した

最初は2段でそこから3,4,5,6と増やしていく感じだが
高身長生徒は2段が跳べず、他の子は免除されたけど
ぽっちゃり女子だけは授業が終わるまでずっと2段を練習させられた

コメント( 12 )

引用元:何を書いても構いませんので@生活板108

869: 名無しさん@おーぷん 21/07/09(金)09:34:52 ID:2j.rw.L1
20代前半のとき気持ち悪い職場でバイトしたことがある。

ハウスクリーニング(賃貸アパートのクリーニングなど)の会社だったので
大体2人でペアになって車で現場に行く。

初日はAさんという男性(30代後半バカリズム似)だったんだけど
車で少しの沈黙のあと
A「職人道ってなんだと思う?」
と聞かれた。

コメント( 22 )

引用元:その神経がわからん!その52

387: 名無しさん@おーぷん 19/09/09(月)22:12:51 ID:ZR.qs.L1
今日、学食に行ったら友人A(20歳男)がめちゃくちゃ気持ち悪い動きをしていた
うまく説明できないけど
ゴリラの物真似をリアルにやりながら、鼻でフゴーフゴーッて豚の鳴き声している感じ

気持ち悪い、よりもう一段階くらい上の不快さで
近くに座ってた女子グループが「キッッモ、あっち座ろ」って席立って移動したレベル

コメント( 20 )

引用元:その神経が分からん!その10

32: 名無しさん@おーぷん 2015/07/21(火)17:35:14 ID:Bcu
私が小学校まで過ごした村には、膿家と言って差し支えないレベルの家がごろごろあった。

私がハイハイしていた頃から「うちへ嫁に」と
40過ぎのおっさんが母親ひきつれて凸してきたことが何度もあったそうだ。

恐ろしいことにそんなおっさんは1人では済まず、小学校中学年ともなれば
ひっきりなしに「縁談」が舞い込み、通学中に声をかけられること数知れず
無理やり物陰へ引きずり込まれそうになったこともある。

母は自分自身と私を守るために夜逃げ同然で村を出て離婚した。

このページのトップヘ