ゾッとする話


コメント( 27 )

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その29】

958: 名無しさん@おーぷん 22/05/15(日) 23:24:18 ID:RH.zz.L1
畑にある物置に死体を遺棄されていた。

私たちは農業営んでおり複数物置を所有している。
物置は農業の段階によって使う農具などを分けて入れており
要は一定期間全く使わない・出入りしない物置がある。

コメント( 14 )

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?237

713: 本当にあった怖い名無し 2010/03/06(土) 11:00:02 ID:a6NFRJQK0
自分、事故にあったときに加害者に身分証隠された。
理由は「身元不明だったら賠償金少なくて済む」

ただ、瀕死だったががっつり生き残ってしまったのと
いつも使う通勤径路で事故にあったから
証言からすぐ自分の身元分かって結局ムダだったが。

コメント( 12 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 172度目

160: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/28(日) 19:44:16 ID:v3iTS0gV
少し前、独り暮らししようと引越したマンションに同じ会社の男性が既に住んでいた。
棟は別だけど、建物が隣にあるので、気がついて挨拶をするようになった。
その男性は「自分を好きで私が同じマンションに引っ越してきた」と思い込んでしまった。

私が何度も『本当に偶然です!』と言っても通じなくて、結局会社の上司、人事に相談した。
男性は『俺を追って同じ家に越してきたのは(私)だ』と人事に主張していた。

コメント( 8 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その30

782: 名無しさん@おーぷん 22/03/21(月) 12:31:24 ID:kV.1t.L1
骨折で入院してた時、DVで頭蓋骨骨折した女性が同室だった

恥ずかしながら高校生だったから
「頭蓋骨骨折しても人間って生きてるんだ!」と衝撃だった

コメント( 4 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 2

338: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)10:35:43 ID:3hX
似たような人知ってる
たぶん本質は違うんだろうけど…

イトコのパート仲間がそんな人(Bさんとする)で
イトコのお姑さんの見舞いに来まくってた
もちろん呼んでない

世間話からお姑さんの入院を聞きつけて「私も家族だから〜」と
「家族じゃないよ」と言っても
なんか色々よくわからんこと言ってたらしい

コメント( 1 )

引用元:ほんのりと怖い話スレ その95

日付を修正しました。
ご指摘ありがとうございます。

495: 本当にあった怖い名無し 2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:vCEFeqoZP
心霊じゃないけど怖かった話。
深夜に窓から押し殺したような泣き声が漏れ聞こえてきて目が覚めたんだ。

窓の向こう側は庭だ。おそるおそるカーテンの隙間から覗いてみたら
隣の家に住んでるおっさんが庭に座り込んで泣いている。

窓は開けずに「どうしたんですか?」と声をかけてみたらおっさんが振り向いた。

コメント( 12 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 3

726: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)11:22:24 ID:hLI
20年ぐらい前、お稽古の帰りに歩道を歩いていたら
私の前を歩いてる女性のバレッタの飾りの部分がポロッと落ちた。

「落ちましたよっ!」って言いながらそれを拾おうとかがんだ。
その女性も声に気が付いて立ち止まり振り向いた。

直後にドスッ!って鈍い音がした。

コメント( 31 )

引用元:何を書いても構いませんので@生活板  6

678: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)01:12:51 ID:P9c
スレタイに甘えて何スレか消費させていただきます
前提として、私は現在アラフォーなので25年くらい前の話

中学時代、好きだったA先輩がいた
バレー部のエースで、長身で超絶イケメン
柏原崇をさらにイケメンにした感じ

全校女子生徒の憧れの的で、何人も突撃告白して玉砕してた
私はチキンだったのでバレンタインすら告白できなかったけど

コメント( 21 )

引用元:ほんのりと怖い話スレ その81

660: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 16:12:32 ID:3/S7kx7b0
実家いた頃の話。ピンポイントの情報で特定されそうだけど
何か周りにウケが良かったので初めてだけど、とりあえず書き込みます。

実家の部落(差別的な意味じゃないよ)では
毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。
んでその日は昔から有りすぎて
もう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だったんだ。

部落の爺ちゃん婆ちゃんは何故かそこには近づかないので
その息子たちの世代(俺の親父の世代)が半年に一回くらい掃除するんだ。

コメント( 3 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その6

753: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)14:03:12 ID:wZK
私にはすごく仲のいいA子がいたんだけど、ある日唐突に死んでしまった。

交通事故に遭って、その時はぴんぴんしてたんだけど、夜中に急に容体が変わって
誰にも看取られずひっそりと逝ってしまった。

事故に遭ったという報せを聞いて慌てて連絡した時には
「お見舞いの品は○○のプリンで!」とか軽口を叩くくらい元気だったのに。

このページのトップヘ