ゾッとする話


コメント( 6 )

引用元:今までにあった最大の修羅場 £36

246: 名無しさん@HOME 2012/03/22(木) 05:53:55
長文注意。 

夫は前妻の子で、生母とは死別。 
後妻が来た時、既に高校生だったので継子いじめとかは無く、当たり障り無い仲。 
夫は年の離れた弟(異母弟)の事を、凄く可愛がっていた。 
義弟も家族中から愛されて育ち、素直な良い子。 
私が夫と結婚した時、義弟はまだ小学生だったので、私も可愛がっていた。 

コメント( 17 )

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その22

501: 名無しさん@おーぷん 2018/06/19(火)13:33:56 ID:Wgc
毎年子供達が夏休みになると家族で別荘へ避暑に行くのが恒例行事。

それに伴って夏休み前に俺と嫁さんで掃除しに行くんだけど、
3年前もいつものように掃除しに行って玄関開けたら
部屋の中が息を止めてても臭ってくるくらい異様に臭い。

引用元:【恐ろしい】農家の暗部 Part53【実態】

33: 長くてゴメソ 04/04/21 02:11
30年近く前の話だけど、実親の実家(田舎の自営業)で池沼の女の子が働いてたのね。 

食べる事に自制が効かないからすっごく太ってたんだけど、 
本当に心根が優しくて笑顔がキュートな人だったの。 
ご縁があって結婚が決まった時は本当に良かったと思ったよ。 
だけど結婚して数年後、彼女は実にあっけなく亡くなってしまった。 

コメント( 17 )

引用元:今までにあった修羅場を語れ 21話目

959: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 18:52:22.89 ID:j7GlLIJx.net
婚姻不受理届を何者かに提出されていたこと

入籍のために役所行ったら不受理届がだされていると言われて驚いた 
その場で一筆書けば解除できるとのことだったので無事入籍できたが
誰が何の為にそんなことしたのか未だにわからない 

コメント( 9 )

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 【黒の22】

183: 可愛い奥様 2012/03/05(月) 01:09:37.37 ID:LNipGTeq0
昔、商工ローン大手に勤務していて、やり手の営業だった。 
私のせいで何人もの人が、夜逃げやジサツに追い込まれています。 

184: 可愛い奥様 2012/03/05(月) 02:31:03.36 ID:USmDQIsz0
黒くなってきたね〜 

185: 可愛い奥様 2012/03/05(月) 03:01:52.86 ID:XEP2tny80
>>183 
カッコイイw 
kwsk! 

コメント( 10 )

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その26】

837: 名無しさん@おーぷん 2019/02/15(金)20:18:35 ID:q28
親戚の老人が亡くなったんだけども、その人に隠し子がいた

隠し子っていっても年齢は50代のいい大人なんだけど
その人は今までずっと引きこもっていた

隠し子の存在を知ってる人が誰もおらず、その人もまともに話せないようで
親が亡くなったときも警察にいろいろ聞かれたらしいけど
筆談も難しく情報を引き出すのにかなり時間がかかった

コメント( 10 )

引用元:実話恐怖体験談 拾七段目

420: 本当にあった怖い名無し 2012/05/29(火) 00:40:26.69 ID:hblmkROH0
うちは結構な田舎で、敷地面積は軽く1000坪はある(資産価値はないので安心して) 
そして家のすぐ後ろは山。雑木林っていうか雑木森になってる 
私の部屋は2階の裏手に面している 
ここまで前提 

去年、部屋の近くの木にカラスが巣を作ってすごくうるさいので父親に撤去してもらった 

コメント( 19 )

引用元:今までにあった修羅場を語れ 23話目

640: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 10:57:04.39 ID:Kw47b30k.net
流れを読まずに俺が昭和の時代に体験した修羅場を投下。 

車で長い直線の道路を走行してたら後方から 
別の車が猛スピードで迫ってきた。 

俺の車は普通に走ってたのですぐ追い抜かれたが
追い抜いた車は遥か向こうで車体が暴れて電柱に衝突。 
少し離れた所に車を止めて事故車を見たけど、素人が見ても全損レベルだったので
丁度通り掛かった車を止めて公衆電話で救助要請をするように依頼。 

コメント( 9 )

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?349

828: 本当にあった怖い名無し 2018/01/14(日) 13:01:09 ID:Nx3SakP80
心霊とかじゃないんだけど、子供の頃、怖かった話。 

夕飯を食べてくつろいでいた日。 
玄関でチャイムの音がしたから、10歳くらいだった自分は率先して出た。 
両親共働きで祖父母と小さな弟しかいなかったから。 

すでに鍵を掛けてしまっていたが、玄関ドアと磨りガラスごしに女性だとわかった。 
近所の人かと思い、何も考えずに開けてしまった。 
入ってきたのは初老の女性で見たことも無い人だった。 

スポンサーリンク

このページのトップヘ

×