本日のピックアップ\(^▽^)/

不幸な結婚式


コメント( 8 )

323: 愛と死の名無しさん 2010/11/07 18:47:44
先月の友人(新郎の方ね)の結婚式 

新婦側で花束贈呈のために5歳の姪(新婦兄の娘)が参加すると聞いていた。 
ここで読むみたいな荒れようになるかと思ったが 
お人形みたいなかわいい子で、またこれが挙式でも披露宴でも大人しい。 
ドレス着せられて新郎母の横に座らされており(なぜか母親はいない) 
友人の中からも「写真撮っていいですか?」という人間がいたwww私の友人だがwww 
最後もちゃんと花を渡すことができて、フラッシュの中 
に~~っこり笑って手を振るほどの余裕。どこのモデルだと思ったほどだ。 

コメント( 9 )

449: 愛と死の名無しさん 2010/11/11 14:55:22
3年前なんだけど結婚式で新郎が新婦母と浮気していたのが発覚してひと悶着あった 
当日の式開始前に新郎と新婦母の姿が見えないので何人かが探しに出たところ、裏庭の目立たない場所で二人のキス場面目撃 
目撃したのは新郎叔父・その娘である新郎従姉妹と私(♂新郎と大学同窓) 
あっけにとられてると隣にいた従姉妹の「おいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいい!!!!」の怒号 
怒りの従姉妹に気づいた二人が逃げようとするところにほかの親戚や友人も… 

コメント( 10 )

417: 愛と死の名無しさん 2010/11/10 23:05:01
従姉妹(新婦)の結婚式 

リクルートスーツに白いブラウス、すっぴんの子がいた 
おしゃれに興味がない人なんだなと思っていたら、新郎妹 
見た目は中学生だけど、大学生らしい 

披露宴中盤で司会者より「新郎妹さんからサプライズです!」 
というアナウンス 
新郎妹は兄宛ての分厚い手紙を読み始めた 

コメント( 8 )

76: 愛と死の名無しさん 2006/06/23(金) 21:36:24
うちの祖父は「お前ら全員の花嫁花婿姿を見るまでは死ねん」が口癖だった。 
祖父の孫は、男2人、女5人。 
無事、全員の結婚を見届け、最後の一人の披露宴のとき 
「全部の孫の結婚式を見ることができた。」と感涙。 
本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかったようで、珍しく、お酒を飲んでた。 

コメント( 9 )

415: 愛と死の名無しさん 2006/12/16(土) 17:19:22
教会式をした友人(新郎)に招待された。 
誓いの言葉の時、それまで日本語で進行していた 
『どう見ても純日本人です本当に略』な神父が何を思ったのか 
アヤシイ英語で新郎新婦に問い掛けだした。 
自分ら友人はその明らかにおかしなイントネーションに 
噴きそうになるのを我慢していた中、淡々と問い掛けに対して 
「イエス」 
「イエス」 
と答えていく二人。 

コメント( 16 )

49: 愛と死の名無しさん 2011/12/13(火) 19:50:31.29
新郎新婦が不幸だった話。文章苦手なので読みづらかったらすみません。 

私も交流のあった旦那部下の結婚式に招待されたので出席した。 
式が恙無く進む中、幸せいっぱいだね~みたいなことを旦那と小声で話した。 
そうしたらいきなり、別席にいた新郎同僚の女性に酒が入ったグラスを投げられ、目に酒が入ってムスカ状態になる私。場内は騒然となる。 
新郎同僚はなおも発狂。犯行に及んだ理由は、要約すると以下の通り。 

コメント( 10 )

273: 愛と死の名無しさん 02/08/31 15:22
出来婚したYちゃんから「結婚しましたハガキ」が届いた。 
微笑む新郎新婦の写真付。ウエストがフワリとした無難なドレス。


 

コメント( 12 )

379: 愛と死の名無しさん 2010/03/10(水) 19:09:12
そろそろ雑談乙って言われそうな流れだから10年経ってるし時効だろうと投下。 

当時、働いてた会社にA子という美人だけど仕事は全くしない社員が居た。 
性格も自己中で高飛車だったので部署内でも男女問わず嫌われてた。 
そのA子が結婚する事になったという。相手は他部署の営業マン。 
はっきり言って結婚式に出席したくなかったが、上司が出席するというので 
仕方なく同じ部署の社員は強制参加。 
A子の性格を現す様にA子側の列席者は両親を除けば会社関係者とただひとり学生時代からの友人だというB子のみ。 
B子は、A子とは対照的に地味な感じの女性でA子にも友達居たのかという感じだった。 

結婚式自体は、退屈にセオリー通りに進行。 
ブーケトスで誰も欲しがらず床に落ちたブーケをB子が拾ったりしてたくらい。 
とりあえず一通りの催しが終わって、司会者が「A子さんの親友のB子さんのスピーチです」と紹介。 
此処から不幸の式に発展。

380: 愛と死の名無しさん 2010/03/10(水) 19:18:33
これは期待w

コメント( 6 )

77: 愛と死の名無しさん 2011/03/06(日) 17:25:13.72
新婦・私・友人ABは職場の同期。仲もよかった。 
新婦からの披露宴の招待状に快く出席と答え楽しみにしていた私達3人。 
ところが、式一月ほど前に友人Aが彼氏(我々は面識なし)と破局。 
友人Aが合コンで知り合った彼氏が、実は既婚者であることを黙っていて妻妊娠 
里帰り中に合コン→Aと付き合う→クリスマス等のイベントも普通にAと過ごす 
→年明けに妻にバレたと別れメール&音信不通。この時点で初めてAは彼氏が 
妻子持ちと知り騙されたことにショックを受けていた。 
辛い時だからと新婦がAに来てもらうのは申し訳ないかしらと我々に相談。 
でもAは逆に我々に新婦ちゃんに気を使わせたくない。一番幸せなときだからと、 
彼氏との詳細を新婦には伝えないように言い、新婦には一番楽しい時期に気を 
使わせてごめんねと大事な友人である新婦を祝いたいとそのまま出席の意向だった。

コメント( 3 )

326: 愛と死の名無しさん 2010/05/09(日) 23:53:51
再婚の新郎(39)と初婚の新婦(42)東海地方でのできごと。 
二人は「今更大げさな披露宴する年齢じゃないし」と海外で二人きりのロマンチックな結婚式を挙げた。 
写真を見せてもらって、「新婚旅行も兼ねて2週間も海外で過ごすなんて、素敵だなぁ」と思っていた。 

そしたら、帰国後1ヶ月もせずに、「やっぱり二次会でレストランウエディングしようと思う」と言い出した。 
新婦は初婚だし、祝福してもらいたい気持ちもあるだろうし、 
新郎新婦の友人に紹介するには二次会的なノリで気軽に参加してもらえる会費制にするというのも今時ありかもね、 
と思って参加した。 

コメント( 9 )

24: 愛と死の名無しさん 2010/11/04 11:20:03
先月の出席した結婚式にて 

新婦側の会社社長の祝辞 
「新郎さんは今流行りの 植 物 人 間 なので、新婦さんのためにもぜひしっかりして欲しい」 

コメント( 10 )

27: 愛と死の名無しさん 2011/03/27 18:49:37
20年以上昔のこと 
親戚の女性が離婚→再婚した 
その二度目の式に当時小学生だった私と幼稚園だった弟も参加したんだが 
式の前の親族顔合わせの挨拶のときに 
弟がそれはそれはでかい声で「A子おばさん、B男おじさんは?」と聞いた 
B男は離婚した元夫で、陽気で子供と遊ぶのが上手な人だった 
弟も何度も遊んだことが有るので覚えていたみたい 
母や叔父叔母があわててB男おじさんは今日はいないんだと小声で説明するも 
納得できなかったらしい弟はなんでー?なんでー?B男おじさんがいい!と騒ぎ出してしまい 
母に抱えられて退室していった 

コメント( 3 )

15: 愛と死の名無しさん 2010/05/02(日) 06:19:34
大昔出席した叔父の結婚式で、出席者全員のテーブルに巨大なクマのぬいぐるみを回して 
お祝いのメッセージを書き、式のラストに新郎新婦へプレゼントするというイベントがあった。 
自分の番が回って来たはいいが殆どスペースが残っておらず、仕方なくクマのお尻(底)部分に 
書こうとすると、なんとそこには「殺 し て や る」の文字が…。 

コメント( 37 )

205: 愛と死の名無しさん 2011/04/02 23:44:57
新郎新婦がプチ不幸だった結婚式。 

友人の結婚式のこと。 
吹奏楽カップルだったので、BGMは新郎新婦が今まで演奏してきた曲ばかりにしたと聞いていた。 
ところが当日当たり障りのない洋楽しか流れていなかった。 
→式場担当者がCDを本番の機材で再生せずPCで再生し「機材で再生OK」と脳内変換、 
当日いざ機材で再生してみると一曲も再生できず、式場の用意した音楽になったらしい。 

コメント( 9 )

44: 愛と死の名無しさん 2011/02/18 11:18:40
友人(♂既婚・子無し)が憤慨していたちょっと…な結婚式。 

友人の従姉妹が結婚。2~5歳数人&11歳男子の親族の子たちも参列した。 
当然挙式には子供たちは参加不可だがその式場には待ち合い場所も無く、 
子供たちをロビー放置して式場に入れと言う。 
11歳の子の母親が「私が見てましょうか」というも、新婦&新婦母が 
「長男の嫁が来ないなんて、あちらに顔が立たない!」と猛反対。 
それならと他の母親が「私が…」と申し出るも「本家の嫁がry」「大事な従兄弟の嫁ry」 
最終的に「11歳なら見れるでしょ」と当時小学5年生の男子が 
替えのおむつまで渡されて、ロビーで騒がないように 
だっこしたりおんぶしたりして見てたようだ。 

スポンサーリンク

このページのトップヘ