不幸な結婚式


コメント( 8 )

引用元:****私は見た!!不幸な結婚式127****

22: 愛と死の名無しさん 2017/03/29(水) 16:00:25.79 ID:11E2ubBa.net
サプライズに巻き込まれた

ファーストバイトの後司会から指名されて何かと思ったら
サプライズバイトとかいうやつ
同僚というだけで新郎からケーキを食べされられた

コメント( 21 )

引用元:****私は見た!!不幸な結婚式129****

638: 愛と死の名無しさん 2021/05/10(月) 13:46:16 ID:btvRoPn6
1月に義妹(夫妹)の結婚式に出席してきたよ
今の状況で強行した理由は義父が役員してるブライダル会社のPRも込みだから

私が昨年末に結婚したばかりだからこの式で夫親族と新郎親族と初めて会ったんだけど
偶然夫親族に知り合いが数人いて新郎とも顔見知りだったことがわかって
式前の控室でめちゃくちゃ盛り上がった

それを隣の控室の義妹が聞いて不機嫌になってたらしい(後から新郎に聞いた)

コメント( 17 )

引用元:****私は見た!!不幸な結婚式129****

830: 愛と死の名無しさん 2021/08/26(木) 19:32:41 ID:UqTNF3FK
私が不幸だった結婚式

子供の頃に会ったきりの従姉妹の結婚式に両親と共に呼ばれた。
理由は相手の従兄弟も出席するのでバランス的にという完全な相手の都合

特に祝儀は要らない等言われなかったので相場を調べて
両親とは別に3万円包んだが、案の定引き出物は両親と私に合わせて1つだった。
ヘアセット代もそこそこかかったので、社会人1年目手取り14万だった私は泣いた

コメント( 49 )

引用元:****私は見た!! 不幸な結婚式114****

180: 愛と死の名無しさん 2012/07/29(日) 13:01:32
裏方で関わった結婚式

新婦がとあるキャラクターが大好き!ということで
ウエルカムボードをはじめアイテム類をそのキャラを使って手作りしていた

もちろんウエディングケーキも
パティシエにそのキャラが載った物を作ってくれと依頼するほどのこだわりぶり

コメント( 12 )

引用元:****私は見た!!不幸な結婚式129****

816: 愛と死の名無しさん 2021/07/28(水) 10:16:10 ID:VRCD8NNT
新郎新婦は幸せそうだったけど新婦側招待客がドン引きした結婚披露宴

新郎の挨拶は新郎両親への感謝とはやく孫を見せたいとの抱負ばかり
新郎上司のスピーチはあったが新婦上司のスピーチなし
新郎の友人たちの余興が四回あったが新婦友人の余興なし
さらに新郎父のギター弾き語り、新郎母のダンス、新郎弟の熱唱と新郎側の余興が続く

コメント( 7 )

引用元:目撃DQN62◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇

19: 愛と死の名無しさん 2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
不幸な結婚式のまとめを見て思い出したから書き込みに来ました。
私自身は出席していないのですが、出席した人から居酒屋で愚痴交じりに訊いた話です。

出席した人(以下Aさんとします)はある会社でそろそろ役員になるかという人。
部下の一人(新郎)の披露宴に出席し、ある余興が始まりました。
新郎新婦席のすぐ前に一畳ほどのテーブルが置かれ、数種類の果物が載っている。

コメント( 11 )

引用元:***** 私は見た!! 不幸な結婚式 59 *****

292: 愛と死の名無しさん 2008/12/04(木) 09:40:06
思い出したので書いてみる。
自分の不幸な二次会。

披露宴は滞りなく終わり、二次会に移動。
披露宴に出席してもらった同僚(7歳上だか同期)、かなり気分が良い様子。
あとで聞いたら、披露宴最中から記憶が無かったらしい。

二次会でも、ウェディングケーキとまではいかないが、
大きいケーキを店に用意して貰っていた。

コメント( 9 )

引用元:****私は見た!!不幸な結婚式129****

743: 愛と死の名無しさん 2021/07/02(金) 12:56:22 ID:wExPBoFu
じゃあ軽めの不幸をひとつ。

親戚の結婚式でお色直しの後、再入場のドルチェサービスで、
新婦がしてたぶらぶらするイヤリングが、留め具が悪いのか何回も落ちた。

コメント( 27 )

引用元:****私は見た!!不幸な結婚式129****

622: 愛と死の名無しさん 2021/05/06(木) 15:01:08 ID:ySRD1SD4
4月初旬に結婚式に参加してきた
妹の結婚式で、参加したのは相手の家族とうちの家族のみ
一応事前にPCR検査全員受けてからだった

妹は持病があって、今は治療法もなくこのまま悪化していくしかなくて
旦那さんもそのご両親も、それに対して理解してくれる良い人たちだった

このページのトップヘ