引用元:友達をやめる時 inOpen 5

409: 名無しさん@おーぷん 22/08/31(水) 12:26:23 ID:ytaO
学生時代からの付き合いの友人Aに対して
ここ数年一緒に行動するのがきつくなってきた。

昔はこんな人ではなかったと思うんだが、結婚後に嫁ぎ先の影響だと思うんだけど
“だめもと”とか“聞くのは只”ってことが身についてしまっている。
(お姑さんがよくそう言うらしい)

例えば、何処かのお店で粗品を配ってるのを見かけると
どう見たって何かを買った人とか引換券を持ってる人が対象なのが丸わかりなのに
「私らも貰えないか聞いてみようよ」って。

「いやいや、あれは何か買った人でしょ」って言うと
「だってあれほしいじゃん。ダメモトで聞いてみよう」って。

例えば開店10時の店に10分前に着いてしまった時
あと10分ぐらいおしゃべりしてたらすぐだから待てばいいと思うけど
「入れて貰えないかちょっと聞いてみようよ」って。

「あと10分なんだから待てばいいよ」と言っても
「聞くのは只じゃん〜」って言ってドアをゴンゴン叩いて
「開けてもらえませんかー?」とか。

当然ながらAが希望する通りになったことはないし、正直Uzeeeeeeee!!!と思ってしまう。
何度か「そういうのやめようよ」って言ったことある。

昔アルバイトでスーパーで働いてた時に、ルール無視のお客さんに辟易してたし
そういう客が店員からどう見られてるか知ってるから余計に、いたたまれなくなる。
そのことも話した。

でもAは
「ダメならダメでいいじゃん。万に一つでも上手くいけばラッキー♪みたいな?」って
恥ずかしいと言う気持ちがまるで分かってもらえない。

「これだけ言ってもAちゃんが気にならないって言うならもう仕方ないよ。
私はそういうの嫌いだから今後は付き合えない」って言ったら
「え?なんでそうなるの?酷い」だって。

「酷いと思うなら思っていいよ。とにかくもう誘わないでね。私も誘わない」って言って
別れてきた。そしてCO。

今すごく気持ちが楽になった。もっと早くこうすれば良かった。