引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その30

632: 名無しさん@おーぷん 22/02/18(金)02:09:35 ID:qi.tw.L1
12年前に姉が離婚して、その時の旦那さんの理由が「息が出来ない」だった。

意味は務めている会社の業績が上がらなくて見通しが立たない事と
その上で家族を養うプレッシャーに押し潰されて「息が出来ない」だった。

その時姉は乳児2人を抱えていたけど
先方の義母さんが出来る限りの支援はするからと離婚に至った。

事情が精神的圧迫だったこともあって養育費は払われたり払われなかったり。
だけど元義母さんは月数回家に来て育児を手伝ってくてた。

ここ数年は義母さんが何するわけでもなくお茶しに来る程度だったんだけど
先日いきなり元旦那さんが家に来た。
理由はそろそろ落ち着きたいから。

姉はビックリして義母さんを召喚した。
それでもわからない元旦那(息子)の言い分。

もう別家庭だからと追い出そうとするも俺は子供の父親だと居座る。
でもその子供(17歳、13歳)は、義母はお祖母ちゃんと認識してても男を父とは認識してない。
むしろ長男(17歳)は当時の父親が母子を殴りながら
「お前達は俺を苦しめて笑ってんだろ」の光景を覚えてる。

人間色々大変だよね、ストレスとか鬱とか。
でもだからと言って人を殴ってもOK、子供を蔑ろにしてもOK、全てを忘れてもOK
とはならんのよ。

姉は昨日引っ越した。
義母さんはもう関わらないと言ってくれた。
次世代を守る為に大人は動いた。

633: 名無しさん@おーぷん 22/02/19(土)08:36:03 ID:sL.kd.L10
>>632
将来「親子の縁は切れない!」とお子さんがたに寄り掛かって来そうだから今のうちに対策立てないといけないですね
長男さんがシッカリしているようだから「さすがは長男!親子の縁は〜」となおさら標的にされないようにしないと

634: 名無しさん@おーぷん 22/02/19(土)11:53:45 ID:NI.8r.L1
その年で落ち着きたいって、いい加減に落ち着けよとしか