引用元:□□□チラシの裏□□□ 4枚目

93: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2021/04/04(日) 15:21:00
原因はコロナなのか、元々起こるべくして起こった事なのか。
うちは12年前に元夫の浮気相手に貢ぐために作った数百万の借金が原因で離婚したぼっしー。

子供は3人いて、とにかく当時12歳だった長男を筆頭に
3歳だった末っ子までを育てることで毎日いっぱいいっぱいだった。

当時専業主婦でアラフォー。
でも持っていた資格のおかげでかなりの倍率の会社に正社員で入ることができて
必死に働いたこともあり4年目には年収額面で1000万超えた。

4LDKの家も買いちょっといい車も買ったし、子供の望む塾も習い事も
両親がそろっている家庭に引け目を感じさせないように頑張ったつもりだった。

ここまでは表面的なこと。

まず長男が中2頃から荒れた。
勉強面ではとても努力家だったし真面目だったが、家庭内で暴力暴言、
大学に行くようになってからは暴力はやんだが
就職が決まるあたりまで毎日話もせず、話しかければ四ネ、としか返事が返ってこなかった。

その頃から私も精神的に追い詰められ、ふとした時には
四にたい、もう生きていたくない、と口にするようになった。

そんなことを言えば家の中が一気に暗くなることも客観的に見れなかった。
長男が就職で家を出て県外の寮に出て行ってからは
大学生になった娘と末っ子と比較的落ち着いた生活になった。

娘の成人式の前撮りに長男も参加して家族写真も撮ることができた。
おかしくなったのはちょうど去年の今頃から。

娘が一時大学の近くに部屋を借りていた時、付き合い始めた彼氏と半同棲していた。
知ってはいたが学生時の責任もなく
自由な恋愛を楽しめるのは長い人生の中で短い時間だからと容認していた。
去年から授業がリモートになることもあり部屋を引き払って実家で生活するようになった。

ある日娘が彼氏に会いに行くと家の車で出かけて行った。

94: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2021/04/04(日) 15:22:50
その日の夜中、彼氏が運転するうちの車で飲酒運転で事故を起こしたと連絡がきた。
幸いなことに人身ではなく物損だったが、車は廃車、弁済金額も相当なものになった。

被害者のお宅に彼氏の両親と私と娘たちで出向き土下座で詫び、警察の取り調べが進む中
どうして飲酒運転をさせたのか娘にも聞き
(それだけは絶対にダメだと昔からずっと言い聞かせていた)
彼氏の親とも話し合いをした。

廃車になったうちの車は同じ型を中古車で構わないので弁済してもらうこと、
被害者の物損は私の保険で弁済することに同意した。

その話をした二週間後向こうの親と連絡が取れなくなり、その1週間後
弁護士から車の弁済は型も古いので価値がないと判断し
中古車の値段の1/3を支払う示談の内容証明が届いた。
娘も同時期に彼氏からすべての連絡手段をブロックされた。

こちらも弁護士に相談した上で、その示談に応じる代わりに弁済金は保険を使わず
彼氏方に払ってもらうことにした。

その後また他の弁護士から車の示談に応じたのだから
私の保険で弁済金を払うよう、払わなければ裁判にするとまた内容証明がきた。
裁判上等で返事を返した。

95: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2021/04/04(日) 15:26:05
この事で私もかなり憔悴したが、娘もかなり荒れた。

いきなりの彼氏からのブロック、流れからの別れ、
彼女なりにどうにかして立ち直ろうとしていたのだと思う。

が、その方法が友達の家で泊りで遊ぶくらいなら容認していた。
エスカレートして男友達を家に泊めるようになった。

布団は別室に敷き、その男友達が末っ子を兄弟のように可愛がってくれたので、
不安はあったものの口出ししないでいた。
ちょうど在宅勤務の時、そろそろ起きたらと2Fに行くと
娘と男友達がハンラで娘のベッドで寝ていた。

先に書いたように末っ子にとって
暴言暴力の長男よりよっぽど兄のように慕っていた、その男友達だが、
さすがに娘と付き合うのではなく寝友として家を利用しないでほしいことを伝え、
娘にもそれを言い渡した。

その後娘はだんだん家に帰らなくなった。
夜勤のバイトをしていたのだが、それ以外にも家にいることがどんどん少なくなり
週に一度夜中に帰ってきては昼ごろに目を盗んでまた出かけて帰ってこない事が
2か月ほど続いた。

何度も連絡を入れるが友達と遊んでいる、朝帰る、と深夜に連絡が来て帰ってこない。
ご飯も食べずコンビニの食べ物を部屋で食べ、 注意をしても
「あんたのご飯まずい、飽きた」と反抗的な目でいうようになり頭を抱えていた。

96: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2021/04/04(日) 15:26:49
そんな中珍しく娘から電話があった。
留年が決定したと。

今まで本当はどこにいたのか聞くと、別れた彼氏とよりを戻し
彼氏の部屋で半同棲していたという。
絶句した。

その日は夜帰ってきた娘に、留年しても大学は卒業したほうがよいと思っていることと、
ちゃんと家に帰る生活をすること、家族としてのルールを守ること、を伝えた。
その返事は、こんな家族もう壊れてんだよ、あんたは基地だ、みんなそう言ってる、
この基地、こんな家帰ってきたくないんだよ。だった。

冷静になろうと1週間考え、
社会人になって母親が頑張ってくれていたんだとわかって感謝している、と伝えてきた
長男にも相談し、娘に家族としての最低限のルールを守れないなら出ていくよう話した。

また夜勤をやっているバイト先が月に20万手取りでくれるとの話だが
それなら私の扶養ではいられなくなるので
自分で国民保険に入らないといけないことも伝えた。
その返事は、こんな家出ていく、だった。

その言葉通り3月末に例の男友達と自分の荷物を娘は運び出した。

学費は後1年分は払うがその後の留年分は奨学金か自分で払うように伝えたら、
嘲る言葉を返してきた。
家具は全部おいて行ったから荷物だけ彼氏の部屋に運び込んだのだと思う。

薄笑いを浮かべながら私を無視し一言も声すらかけず荷物を楽しそうに運び出す娘に、
その虚勢を感じながら私も何も言葉をかけなかった。

昨日娘の部屋をすべて片付けた。

娘が恋に狂って将来のことを何も考えられていないのだろうと想像はつくけれど、
もう今は静観するしかない。

98: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2021/04/19(月) 15:08:34
>>93、94、95、96
お疲れ様です。 子育てって本当に難しいですね。

子供と親は全く別の人間、
分かり合えるかと思えばそうじゃなく、
相性の良し悪しも普通にありますしね。

離婚後なりふり構わず3人のお子さんを育て、高年収を得るほどになられたその努力に敬意を表します。

お子さんたちにはもっと家にいて自分たちに手をかけて欲しかったという気持が強かったのでしょうけれど。 先日友人と子供たちの話になって、結局は子供たちは自分たちが辿らなきゃならない道、経験しなくてはならないことを通り過ぎるようになっているのよ、という結論に達しました。

親は子供たち、ひいては孫の幸せを祈りながら静観していくことしかできないと思います。