引用元:【なによ!!】嫁のヒステリー【もういい!!】

5: 名無しさん@鬼嫁ch 2015/06/03(水) 23:22:01
もう、かなり昔の話だが、当時俺は20歳。元カノは2つ上。

俺は転勤で独り住まいだったが、元カノの自宅が近所だったので、
いつも一緒の半同棲状態だった。

付き合い始めて1年くらいして俺はまた転勤に。
元カノにプロポーズしたのだが、俺がまだ若すぎて生活力に不安と言われて撃沈。

しばらくは、遠距離恋愛だったが、段々と会わなくなり、やがて元カノから別れ話が。
他に好きな男ができたとのこと。
元カノは、その後半年ほどで結婚。

元カノとは、あっさりと別れたのだが、社内恋愛だったこともあり、その後に
元カノとの関係、相手の男(実は社内の人)との関係など、実は結構な悶着があったんだな。
正直、今更俺を巻き込むな、ふざけるな、バカヤロー状態だった。

それからウン十年。
俺も元カノに遅れること3年ほどで結婚して子供も2人いる。
長く放浪の転勤生活が続いたが、嫁の実家のそばに転勤してきたのを機に
そろそろ終の棲家を。
趣味のクルマとバイクのためにアメリカンなビルトインガレージを持つ一戸建てを建てた。

ある時、嫁と近所のスーパーに買い物に行った時に・・・元カノにバッタリ。
お互い、「あっ・・・」てな感じ。

帰り際に嫁から「さっきの女性は知り合いなの?」と聞かれた。
隠してもしょうがないので、正直に話したよ。
嫁と知り合う前の話だし、もうウン十年も前のことだし。
・・・と、それは男の側の感覚だな。

嫁は、性格的にキツイところがあるから、サラッと流すということはなかったようだ。
しばらくして、嫁から聞いた話。

生活エリアが一緒なので近所のスーパーで時々見かけた。
どこに住んでいて、家族構成がどうなっていて等々。
さすがに年季の入った主婦の情報網は凄いと感心した。

実は、元カノも同じようなことをしていたらしい。
何度か家の前で見かけたし、元カノからうちのことを聞かれたとのタレ込み情報も。
加えて元カノは、某女優に似たなかなかの美人。
嫁は、相当な警戒心を持ったようだ。

「元カノさん、あなたと結婚しなかったこと後悔してるかもね」

嫁が言うには、生活レベルが全然違うらしい。
戸建てvs賃貸団地、ドイツ車2台+リッターバイク2台vs国産ハッチなどなど。
しかも、元カノの名字が結婚した相手とも旧姓とも違うし再婚したのか。

嫁は、その辺の顛末までも調べていた。
正直嫁の執念深さに恐ろしさを感じた。