引用元:非常識な親を語るスレッド part172

390: 名無しの心子知らず 2013/11/24(日) 22:22:26.21 ID:YOlAS/+p
電車で思い出した。 
以前、駅から自宅に帰る道すがらの話。 

多分、同じく駅から出てきたと思われる母娘が少し先を歩いてた。 
お嬢さんは、2,3歳くらいで何やら結構大泣きしながら、
母親らしき人の後を必死に追いかけてる。 

でも機嫌悪そうにツカツカ歩いていく母親。 
歩幅+母親の早足もあって差は開くばかり。 

「早くきなさい!」
「ママだって機嫌が悪くてキツく言うときもあるの!」
「さっき謝ったでしょ!」
みたいなことを振り返りもせずいい続けて歩みは止める気なし。

線路沿いのその道の先はL字になってて踏切。
母親が曲がったら手にはスマホのバックライト。
各駅しか止まらない駅で、快速は外側の線路を走る区間の長い踏切。
母親が渡ってる途中で踏切が鳴り出したんだけど、なんと母親は小走りに渡ってしまった。
嫌な予感がして、15mほど先の子供に全力疾走してしまってた。

案の定、くぐりかけのところを何とか止められた...。
遮断機が上がるまで腕の中で「ごめんなさい、ごめんなさい」と
更に大泣きしてたのが忘れられない。

「ごめんね、怖かったね...カンカン危ないから、
止まったらママのところに行けるから一緒に行こうね」
程度しかこっちも言い続けてあげられなかった。

目前を通過する電車や、母親が消えた(電車で見えなくなった)恐怖もだろうけど、
見ず知らずな私が「ダメー!」って走り寄って抱き押さえられた上に
じっと目を見られて「轢かれちゃうよ!痛いし死んじゃうよ!」って
怒られた恐怖のが多分にあるだろうな...

自分も心が痛かったし怖かったけど、それよりも子供に本来不要な恐怖(傷)を
同時に幾つも味わわせたというのが迷惑なんだと猛省して欲しいわ。

391: 名無しの心子知らず 2013/11/24(日) 22:26:42.43 ID:p1Jk8o4B
GJ。親になっちゃいけないタイプだな、それ。

392: 名無しの心子知らず 2013/11/24(日) 22:37:21.54 ID:/VHNiCVA
>>390さんが咄嗟の判断で助けに行ったから大事にならずに済んだけど、もし >>390さんが居なかったら…って思ったらゾッとする。
その子供を引き渡した時、母親はどんな感じだったの?

スマホってダメな母親を余計ダメにするアイテムになってる気がする。
病院の待ち時間やファミレスで、子供を無視して延々とスマホいじってるのを見ると、なんとも言えない気分になる。

393: 名無しの心子知らず 2013/11/24(日) 22:45:41.50 ID:IRqihvPO
>>390
読んでて、鳥肌と涙が出たよ。
その子、今後もたくさん母親に悲しい目に合わされそうで切ない。
そんな母親でも、世界一大好きなんだろうね。

398: 390 2013/11/25(月) 00:53:28.14 ID:MRR384jc
>>391-393
一人称「私」だけど、男なんだ。
普段から私と言ってるからなんだけど、後の話はこっちの心境もあるので一応。
そんなこんなで、冤罪とかのが多少頭をよぎったのも本心。
だけど迷ってる暇なかったわ。

親は…何か色々とこっちと子供に言いたそうだった。(文句とか言い訳とかそっちの類を)
「踏切ちょい手前から聞こえて、事情は分からないからそこは知らないけど。
向こう側でこの子がどれだけ怖かったかを考えて欲しい。
謝るならこの子に、目線の高さを合わせて人と人として向き合ってちゃんと謝れ。
私に言いたい事があるなら、それから話は聞く」
とかそんなこと言った覚えがあるけどなんかもう、子供に感情移入しちゃって
涙目だし声が震えてるし格好悪かった。

母親はキレ気味にふじこふじこ言ってたけど。
言葉になってないし、ここで言い合いしたって子供がさらに傷つくだけだろうから
それ以降は聞こえないふり。

子供には「怖かったね、ごめんね、危ないのを分かってくれてありがとう」って伝えて
あとは、自分が泣き出す前にヘッドフォンつけて帰った。
お母さんを怒鳴りつけたことも含めてのゴメンが伝わってるといいけど。

399: 390 2013/11/25(月) 03:04:17.37 ID:MRR384jc
ごめん、ちょっと消化不良になってるわ。

私...ってか俺、とあるスポーツやってて小学生前の子を教えたりってことがあるんだけど
やっぱり、色々気を使うことはあるし、気をつけている。
人見知りの程度あれど、その頃の子供ってやっぱり親から少し離れて孤立しちゃうと
見ず知らずの大人って怖いっていうのはあると感じてる。

そりゃ身長差が2〜3倍なワケで、大人スケールにしたら3m〜5m弱の巨人が走ってくる…
自分でも怖いわ。
まして母親は踏切の向こうだわ、なんか分からないけど怒ってて許してもらえないわ
その恐怖ったらなかっただろう。

スポーツでの機会に恵まれてることもあって、叱るとき・制止させるときは
真剣に同じ目線(物理的にも精神的にも)で伝えないと…伝えれば…って
なんか難しいなーとか

でも、できなかった事ができるようになって喜ぶ姿とか、やっぱりできなかったり、負けたりで
悔し泣きしてる時にはお話してまた元気になる姿とか、なんか逆に教えられてていいなーとか。
そんな生活での出来事だったから必死意外何もなかったわ。
だから、踏切渡っていく中でどんどん悔しくて悲しくなった。

もう年単位での以前に入るけど、もしあの子に何らかのトラウマが出来てしまっていて
「大小あれど、その責任の一端はお前にもある」と言われてもその通りだと思う。

ホント、非常識な親が生み出す迷惑ってのは、言葉通り『心から迷惑だ』。
あの時からずっとモヤモヤしてたから語っちゃってゴメン、名無しに戻るわ。