669: 名無しさん@HOME 2014/11/13(木) 08:45:13.14
母に姉との添い寝をそういう行為と勘違いされた。 
姉は今で言うDQN、地元でも札付きのワルで母も内心嫌っていたらしい。 

10歳年上の姉と自分の仲は良好で、今思えば殆ど拉致に近かったけど単車でディズニーランドに旅行に行ったり、集会に連れてかれて食べたことのない美味いお菓子をご馳走してもらったりしてた。 

小1になった時に自分の部屋を与えられ両親と一緒に寝ることを禁じられた。
誰かと寝ないと寝付けなかったので、内緒で姉に添い寝をしてもらっていた。
それがバレた上にあろうことかそういう行為と勘違いされた。

670: 名無しさん@HOME 2014/11/13(木) 08:50:40.70
続き

その時の母の気狂いしたような癇癪と姉の対処は今でも鮮明に思い出せる。母は姉に罵詈雑言を浴びせ、辺りの物を手当たり次第に投げ付けてきて怖かった。

一方、姉は「姉妹でそういう行為なんかするかよ」と面倒くさそうに投げてくる物を手で払って母に接近。
ボディーブローから顎に肘打ちのコンボで発狂した母を失神させた。

「ごめん、やり過ぎた」
「いや、まあ、しょうがない。良くやった」
と言う姉と父の会話も良く覚えている。

その後、父が出した「妹の世話は姉に一任する」と言う提案で姉は変わった。
宿題、ご飯、など朝から晩まで自分の世話をさせることを課せることで昼夜逆転の生活は改善され、タバコもやめて、昼は暇になったので学校にも行くようになった。
元々仲が良かったので、姉も率先して自分の世話をしてくれた。母はしばらく祖母の元で静養した。

当時父は妹の教育にも悪いため姉を祖母に預けようと言う母と対立していた。「姉妹でそういう行為をした」と言う追い出す理由を発見→姉を追放と言う母の思惑通り、悪い流れに行くはずだったが、父の方が上手だった。

結果、姉は悪いことから足を洗い、今では二児の母。あの時の父の機転がなければ今でも悪いことをやっていただろうなぁと良く語る。

682: 名無しさん@HOME 2014/11/13(木) 15:20:50.10
>>670
顎に肘打ちって痛そうだね…

683: 名無しさん@HOME 2014/11/13(木) 16:11:14.72
>>682
顎はかなり効くからな
上手く入ればこんな風に失神させられるらしい

685: 名無しさん@HOME 2014/11/13(木) 17:48:58.46
>>682
痛いというよりは、首を支点にして頭が回る衝撃で脳が揺れるから失神する
痛みが先に来ると失神はしないよ、関節技とかは永続する痛みだから失神
せずに痛みで気が狂いそうになる

671: 名無しさん@HOME 2014/11/13(木) 09:06:45.56
お母さん病んでいたのかな

673: 名無しさん@HOME 2014/11/13(木) 09:58:25.09
元々素行の悪い姉を追い出したい気持ちが先にあって、そこへ言付けを守らない妹との
コンボでキレて、姉妹でそういう行為したとこじつけて何とかこの機会に姉を追い出そうと
発狂せんばかりに騒いだんじゃない?
このお母さん単純に自分の思い通りに育たない娘は可愛く無かったんじゃ無いかな
自己愛っぽい感じがする

引用元:・今までにあった最大の修羅場 £111