260: 名無しさん@おーぷん 2016/09/25(日)03:41:58 ID:kth
昔小学生だった娘と話していて勉強の話になったことがある
大学へ行きたいか専門へ行きたいかって意味でお前はどこまで勉強したいか?って訊いてみた
そしたら勉強って一生続けるものじゃないの?って訊き返された

算数とか学校の勉強以外にも料理や車の運転みたいに生きてく上で必要な勉強もあるから人間死ぬまで勉強に終わりはないよねってさ
不甲斐ない父親の俺はもう本当に目から鱗でじゃあお前が思うようにしたら良いと思うって伝えるのが精一杯だった
結果、鳶の自分の娘は大学と大学院へ行って思う存分好きなことを勉強した
そんでそこで出会った男と今日の昼過ぎに結婚してもっと好きなだけいろんなことを勉強しに遠くへ行く
一緒にいると新鮮な視点を見せてくれた可愛い娘が他所へ嫁ぐのがいまだに信じられなくて眠れない

261: 名無しさん@おーぷん 2016/09/25(日)04:41:57 ID:dMv
>>260
おおっ!正に鷹を産んだんだな
そりゃあ自慢の娘だろうね
さびしかろうけど、近い内に新しい鷹を見せに来てくれるさ

264: 名無しさん@おーぷん 2016/09/25(日)06:44:15 ID:WvK
>>261
誰がうまいことを(ry

>>260
寂しいけどいつまでも手元に置けるわけじゃないし離れていても娘さんから新鮮な視点を見せてもらう事はできるよ。それに娘婿さんやお孫さん(気が早いかw)からも違う視点を見せてもらえるはず。
260と娘さん一家が末広がりに、そして幾久しく幸せでありますように。

266: 名無しさん@おーぷん 2016/09/25(日)06:59:48 ID:kth
>>261>>264
どんな鳥でもあの子は自慢の娘だ
確かに娘といつか来る孫とあと婿が新しい幸せを作って見せてくれるって考えたら楽しみが増えるな!
眠れなかったけど祝福してもらえて落ち着いたよ、ありがとう

引用元:・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その15