712: 本当にあった怖い名無し 2013/06/13(木) 18:03:19 ID:25qsepcA0
プチな復讐話。 
家は、寝室とキッチンが近くて、換気扇のすぐ外には、車が2台くらい停められるスペースがある。 
なので、そこで集まって騒がれると非常にうるさくて眠れない。 


夜中は地元の若い子のグループ、早朝は犬の散歩組、朝は子供を学校に送るママたちなど
代わる代わるやってきては下品な笑い声を響かせる。

そこで、人が集まった時は、換気扇をつけて、大量のにんにくを油でじっくり揚げた。
最初は「何この臭いw」と盛り上がってたけど、その内「気持ち悪い!」に変わり、解散する。
その後も、人が集まるたびににんにくを揚げていたら、スペースに誰も来なくなって
静かに眠れるようになった。

しばらくの間、朝食はお粥にカリカリにんにくを乗せるのがマイブームでした。
おいしかったなぁ。

713: 本当にあった怖い名無し 2013/06/13(木) 19:01:18 ID:AO9oNYVgO
何このにおい、腹減った!

引用元:・本当にやった復讐 16