68: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 16:50:16
私は母親が不倫していた。 
知ったのは小学校6年の時。母親が自分の友達に「生理がこない」と 
電話していたのを聞いてしまってから。 


その時の弟か妹は堕胎。相手とは別れたが、また別のおっさんと
付き合いだした。
「○○のおじさん」と呼ばされ、そのおっさんが買ってくるお土産を
嬉しそうに受け取ることを暗に要求された。

父親との夜の生活は、母親曰く「お前ができたときが最後」。
夫婦仲は幼少の頃からさめきっていて、父親に可愛がられる私に
対して、ずっと「あんたはお父さんに好かれていていいね」
「お母さんなんて嫌いなんでしょ」と言われ続けていたため、私は
母親の顔色を見て生きてきた。
父親なんて嫌いだ、というスタンスを取らされていた。辛かった。
だって逆らったら殴る蹴るされたから。

だから、そのおっさんからのプレゼント(靴下が多かった。何故か)
も、本当は投げ捨てたいぐらい嫌いだったのに、大事にしている
そぶりをしなければならない!と思い込んでいた。

69: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 16:50:50
一番辛かったのは、中1の時、喘息の発作がでて苦しくてしょうが
なかった時。
家には私と母親二人だけだったのだが、夕方になりおっさんから
母親に連絡がはいった。
どこそこに旅行に行ったから、そのお土産を渡すってことらしい。
母親はいそいそと出かけていった。父親は出張。
布団から起き上がることもできない状態の私に言った言葉は
「台所にパンがあるからそれを食べていなさい」
ただ泣くしかできなかった。

そんな母親が嫌で、地元から離れたところに就職。
そして旦那と知り合い、結婚を話し合うようになった。
お互いのアパートの更新期限が丁度同じ時だったことから、まず
結婚資金をためる為に同棲しようか、という話になった。
結婚前に男女が一つ屋根の下に暮らす、というのは確かに褒められた
ことじゃない。
だから、じっくり両親を説得しようということになって、実際にお互いの
家に挨拶にいった。
旦那の実家では、結婚をするのならばいい、と(期限つきで)許してもらい
私の実家でも、同じような流れになった。

70: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 16:53:03
が、実家から帰った次の日、母親から電話があった。
出るととにかく罵詈雑言。
「お前はそんなふしだらな人間だったのか」
「そんな尻軽女みたいな真似をして」

言われながら、私はずっと母親に言えなかった、あの中学1年の時のことを
思い出していた。
息がし辛く、体は熱く、起き上がるのも四苦八苦するような状態の私を
ちらりと見ただけで「台所にパンがあるから」といって出かけた母親の姿。
それだけじゃない。
小さい頃から「お父さんに気に入られていていいわね」と愚痴愚痴言われ
顔色を見る人間になってしまったこと。
欲しくもない靴下を嬉しそうにはかなきゃいけなかったこと。
堕胎した異父兄弟を供養した寺にお参りにいかされたこと。
気付いたら、泣きながら怒鳴り返していた。
「母親だっていうなら、なんであの時あんなおっさんに会いにいったんだ」

あとは、20数年間、つもりにつもっていたことを全部吐き出した。
母親は泣き出し、丁度帰宅した父親が何事かと電話を変わったけれど
逃がすつもりなんてなかったから、もう一度無理やり母親に変わらせた。
そして、思いつく限りのことを言ってやった。
「私の人生をこれ以上束縛するな」最後はそれだけを怒鳴っていた。

結局、同棲については認めさせ、その後私は結婚した。
母親ともそれなりに付き合いはしている。
だけど、私はあの人のことを「お母さん」と呼ぶけれど、心の中では
あんた とか あの人 って呼んでいる。
吐き出したから、はい、じゃあちゃんとした親子になれるよねなんて
そんな戯言は知らない。

なんかうまく書けない。ごめん。

71: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 16:58:27
寝たきりになっても介護しなくていいよ

72: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 17:10:14
俺はプリン母親にはじかにアンタ、オマエって言ってる
心の中には妄想の理想のお母さんがいます

73: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 17:10:50
>>68-70を読んで以下の問いに答えなさい。

【問題1】一番悪いのは誰か?
①母親
②父親
③主人公
④お土産をくれるおじさん
⑤台所にあったパン

【問題2】同棲中の主人公が母親を説得するためにとった行動は何か?




(回答時間30分)

74: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 17:17:46
>>68
GJ。
思いを吐き出せたのはあくまでも>>68自身のためであって、毒親なんぞのためじゃない。
>>68は自分で自分を救えたんだな。凄い事だよ。

> 「お前はそんなふしだらな人間だったのか」
> 「そんな尻軽女みたいな真似をして」

しかし不倫する奴ってほんとに自分を棚に上げるのが上手だなwww

75: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 17:23:26
>>74
「自分を棚に上げるのが上手」というより、
親として子供を心配しているだけだと思う。
自分の不倫の結末がどうあっても自分の
責任で納得できるが、我が子が誰かに
酷い目に遭わされるのは許せないんだろ。

76: 68 2006/05/23(火) 17:25:11
書き込んだ後、水飲んでちょっと落ち着いた。
酷い散文になっちゃってる。読みにくくて本当にごめん。

>>71 
うん、しない。絶対しない。

>>72
私もそう言いたい。でも、言うと父親にあの人の不倫がばれて
(ばれてるとは思うけど)父親を苦しめそうだから、言わない。

>>73
茶化されるのも無理ないよね、この文章じゃorz
とりあえず、母親が不倫に対する言い訳に使っていたのは
「お父さんとはあんたが出来たとき以来してない」ってこと。
正常な女である自分には欲があるのに!ってことらしい。
父親は、私が母親のお腹にいるときに祖母(父親の実母)を
がんでなくした。
それが原因でEDになったそーな(母親談)

不倫になり、誰が一番悪いのかってことで、よく「不倫をさせた側も
原因がある」なんて言い方するけど、サレ子の私からしてみたら
するのが悪いにつきる。
ウチの場合は母親が父親のEDを原因にしたかったみたいだけどね。

例えレスであったとしても、お互いのことを尊重することが
できなきゃ結婚じゃないと、自分自身が結婚してよく分かった。
不満があって、それがどうしても解消できないなら、そこで離婚する
のが正しい道だと思う。

>>74
ありがとう

77: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 17:31:26
>>75
不倫する人間は、「同棲をしたい」と 事 前 に 相談してきた娘に

> 「お前はそんなふしだらな人間だったのか」
> 「そんな尻軽女みたいな真似をして」

心配のあまりこんな酷い言葉をかけてしまえるんですね。
「恋人と同棲をしたい」と娘が相談して来ることが「娘がその男に酷い目に遭わされる」
ことに脳内変換されてしまう仕組みも全く理解不能です。

78: 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/23(火) 17:31:36
>>75
釣れないね

81: 68 2006/05/23(火) 17:35:43
>親として子供を心配しているだけだと思う
それは母親が言ってた。
だけど、それこそ私にしてみたら「あんたが何言ってんの?」
だったよ。

私の母親の場合は、その心配っていうのも確かにあったと
(ちょっとだけ私もあってほしいと願ってる)思う。
だけど、母親にとって私という娘は「自分の思い通りに動く」
ものでなきゃならなかったのです。
(これは書くと長くなるし、不倫からはちょっと離れるので、後は
お察しくださいレベル)

省略したけど、私がキレる前までの罵詈の中に
「近所の○○ちゃんは普通に結婚したのに!地元を出て身持ちが
だらしなくなったなんて言われたら、お母さん近所の人に〜」
がありました。まあなんて分かりやすい。

ちなみに、挨拶に行く前は、父親も同棲は反対だった。
でも、挨拶して旦那の人となりを見てからは「彼なら大丈夫だろう」
でした。
だから父親のいない時を狙って電話してきて、結果私に逆襲された。

引用元:・親に不倫された子供のスレ3