18:30更新【1/12】
19:00更新【2/12】
19:30更新【3/12】
20:00更新【4/12】
20:30更新【5/12】
21:00更新【6/12】
21:30更新【7/12】
22:00更新【8/12】
22:30更新【9/12】
23:00更新【10/12】
23:30更新【11/12】←今この記事です。
24:00更新【12/12】


716: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 22:36:59.81 ID:xtR38uQo
週末にするとか言ったが、今日書くことにした件。

第五部・最終章『もう俺は限界かもしれない』後編

3年目の春。
相変わらず厳しいスケジュールばかりで疲労はたまっていたが、それは俺だけじゃない。
こんな所で弱音など吐いてはいられないのだ。
「おはヨーグルト!」
井出だ。こいつはいつも元気だ。
「キムちゃんと竹中ちゃん、もう2年目じゃーんww」
「そうですね」
両肩に手を置かれ、めんどくさそうに返事する木村くん。

「そろそろ仕事にも慣れたぁ?」
肩を揉む井出。
「僕じゃなくて、竹中さんに絡んでくださいよww 今仕事してるんで」
「これだから真面目くんはつまんねーんだよな」
井出が離れる。それと同時に
「竹中ちゃん、左舷弾幕薄いぞ!」
ゲッツのポーズを繰り出す井出。
「井出さん、なにやってんの!」
はいはい、ガンダムガンダム・・・。
「マ男さん」
木村くんだ。
「今日、お昼一緒に良いです?」
む?

719: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 22:39:43.28 ID:Zs09vxEo
続きktkr!

726: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 22:44:33.81 ID:FbgimfYo
キタ━━━━ヽ('∀`)ノ━━━━!!!!

730: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 22:47:09.26 ID:xtR38uQo
木村くんから飯の誘いなんて珍しいな。
「あぁ、いいよ」
しかし、何の話をするのだろうか? 仕事では特に問題無さそうだし、人間関係の事だろうか?
いや、もう最近の彼は藤田さん以外は歯牙にもかけてない様子だが。
「お、おは、お、おおおお、は」
「あ、上原さん! おはようございます!」
木村くんが笑顔で挨拶する。上原さんはそれを見て、軽い足取りになった。
「おはよう」
同時にリーダーがやってきた。上原さんがビクリとなる。
「おい、上原ぁ!!」
また始まった。
「おまえ、挨拶ぐらいしろよ、なぁ? なめてんの?」
「リーダー、井出さんが呼んでますよ」
早速絡むリーダーに、木村くんが仕掛けた。
「あ? なんだ井出」
「なんだかんだと言われたら、答えてあげるが世の情け! 呼んでないすよ、リーダー」
「なんだよ。あーあ、今日も仕事だよ、めんどくせー」

734: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 22:49:24.48 ID:Zo67LuAo
なんか木村が中心になりつつあるなww

738: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 22:58:03.97 ID:xtR38uQo
リーダーのぼやきには目もくれず、俺は仕事モードに入っていた。
俺も3年目となり、中堅に差しかかろうとしているのだ。しかし、すぐ後ろには木村くんがくっ付いている。
追い抜かれる、とは限らないが、やはり後輩に抜かれるというのは、先輩からしてみればイヤなものだ。
その昔、俺が廃人となった時、藤田さんは俺を原石と言ってくれた。今は少しでも光が出てきただろうか。
「マ男くん、ちょっと良いかな」
おっと、藤田さんだ。
「今日、お昼空いてる?」
う・・・実は木村くんと約束があるのですが・・・。
「ちょっとお昼は・・・」
「ん? そうか。じゃあ、また次の機会にしようか」
「はい、どうも申し訳ありません」
「気にしないで良いよ」
そして仕事再開。
「おい、マ男、藤田」
「はい」
同時にする返事をする俺と藤田さん。
「お前らにちょっと話がある。応接室に来い」
む・・・。何か今日は話が多いな。

740: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 22:59:17.04 ID:Zo67LuAo
なんだなんだなんだなんだ気になるwwwwwwwwww

743: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 23:09:37.43 ID:xtR38uQo
応接室に移動する俺と藤田さん。
「話というのはだな」
リーダーから個人的に話をするなんて何かの間違いじゃないのか?
何でもかんでも自分勝手に決めるのが当然という人なのに。
「木村居るだろ、木村」
「えぇ」
「あいつ、おまえらどう思ってんだ」
質問の意味がよく掴めない。人間的に、なのか、仕事、という意味なのか。
「勤務態度はともかく、成長速度は凄まじいとは感じますね。事実、マ男くんよりも伸びる速度が上ですから」
や、やはりそうか。急に焦り出す俺。
「藤田、お前もそう思うか。実はな、俺もそう思ってんだよ」
「何かされるんです?」
「ちょっと、リーダーの仕事をやらせてみようと思ってんだ」
え? なに?
「それはまた大きく出ましたね」
「いやーあいつ、態度はともかく、素直に言うこと聞くからな。反発する時はしてくるが。
 だから、ここで俺の負担を減らして、あいつに持たせようと思ってんだよ」
それは危険だぞ。リーダー、あんたは彼の野心を知らないのか。
「リーダー、木村くんにリーダーの座を奪われるかもって心配はしないんですか?」
一応、聞いておく。
「あぁ? お前バカか。俺があんな若造に遅れを取るわけないだろうが」
バカはあんたじゃないのか・・・。

745: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:10:53.86 ID:BE5agQ.o
下克上きた?

746: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:12:53.15 ID:AMo8Nv2o
木村「計画どおりっ」

751: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 23:17:41.13 ID:xtR38uQo
「最近、特に仕事がキツくてな。俺一人じゃめんどくさくてかなわん。木村にちと荷物を担がせようと思ってな」
ダメだこいつ・・・。目先のことしか頭に無いぞ・・・。
「それだったら、マ男くんに任せれば良いと思いますけどね。すでに前任の経験がありますし」
リーダーが、はぁ? みたいな顔をしている。
「コイツはリーダー向いてねぇよ。人の上に立つような人間じゃねぇ」
中卒だから、という言葉が見え隠れしている。
「そうですかね。私は、今の開発室の中じゃ一番向いていると思いますが」
な、何を言ってるんですか。
俺なんかがリーダーに向いてるわけないでしょ・・・。てか、一番向いてるのはあなたですよ、藤田さん!
「あぁ?」
「もちろん、リーダーを除いて、ですよ」
ナイス自己フォローだ。
「俺は当たり前だ」
「ですが、木村くんですか。私はあまり賛成はできませんが・・・」
む、そうなのか。それは少し意外だな。
「おい、マ男。おまえ、木村の教育係りしてただろ。お前はどうなんだ」
どうなんだって言っても・・・。
「私は藤田さんが一番向いてると思いますよ」
俺の中にはこれしか無いのだ。

754: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:25:36.78 ID:Zo67LuAo
いよいよリーダーやらない理由明かしが迫ってきたな

756: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 23:27:20.68 ID:xtR38uQo
「あぁ!?」
しまった。
「い、いえ、もちろんリーダーを除いての話ですよ」
「だろうが」
あ、危ない。藤田さんが先にこれを使っていなかったら、絶対面倒なことになっていたぞ。
「うーん、私はリーダーには向いてないよ」
謙遜しているのか。
「私は、人に表立って指示するのは得意じゃないからね。
 まぁそれを抜きにしたとしても、私がリーダーになると色々と弊害が出てくると思うよ」
「マ男、お前ちゃんと考えて物言ってんのか? 藤田は一番仕事が出来るだろうが」
それはもちろん分かっているが。
「そんな奴が外に出たりなんやかんやしてみろ、そのシワ寄せはどうすんだよ」
う、うーむ。なるほど、そういう考え方も出来るのか・・・。確かに・・・。
でも、それなら木村くんだって一緒じゃないのか?
「木村くんには主にどういった仕事をさせるつもりなんです?」
「外出るのは俺がやるから、基本的に管理だ。まぁ、最初のうちは外にも連れて行くつもりだが」
管理だったら、藤田さんの方が良いんじゃないのか・・・。
「どうですかね・・・。私はまださせない方が良いかと思いますが」
「まぁ見とけよ。俺が手足のように使ってやるからww」
そして出て行くリーダー。結局、俺たちは何のために呼ばれたのだ。

758: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:28:07.10 ID:7AxS81Io
リーダー死亡フラグたっとる

759: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:29:08.70 ID:Zo67LuAo
流石リーダークオリティwwwwwwww

761: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:30:05.24 ID:vCWbkuYo
木村独裁政権の幕開けかww

764: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:30:49.02 ID:zxCrkmU0
>「まぁ見とけよ。俺が手足のように使ってやるからwwww」
今もそうだろがwwww

765: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:32:36.00 ID:LZi4cio0
竹中空気wwwwww

772: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 23:38:44.84 ID:xtR38uQo
「藤田さん、どうなんですかね・・・。木村くんにやらせると言うのは・・・」
「危ないだろうね。彼の上昇志向は凄いだろう」
知っていたのか。
「えぇ・・・。以前、二人で話をしましたけど、リーダーになるのを目標としてるみたいです」
「取って代わられるかもしれないな」
その通りだ。そして、そうなると俺たちはそれに適応せざるを得ない。
リーダーと木村くんでは性格が違いすぎる。
彼がリーダーになったら、どうなるかは分からないが、あまり良い結果になるとは思えない。
「木村くんの最近の調子はどうなの?」
「どうというか、不調を今まで見たことがありません。精神的にも強いと思います」
「凄い子だな。普通、1年目か2年目で挫折の一つや二つは経験するものなんだけど」
大器。それを思わせる。
「リーダー、木村くんを使うでしょうね」
「だろうね。まぁあの人は権力ごとに関しては敏感だから、危ないと思ったらすぐに何らかの対策は取りそうだけど」
だけど、木村くんはそれを上回る潜在能力を秘めている。
「今日、実は昼に木村くんとご飯食べる約束なんですが」
「うん」
「この件について話をしてみた方が良いですかね」
「誘ったのはどっち?」
「木村くんです」
「なら、先に彼に喋らせてみると良い。彼から話があるってことは、出世とかそこらへんの話だと私は思うから」
了解しました。
そして昼休み。

774: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:40:02.84 ID:e7lMCrwo
>彼から話があるってことは、出世とかそこらへんの話だと私は思うから
藤田さん人物分析しすぎだろwwww

787: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/14(金) 23:49:44.98 ID:xtR38uQo
「木村くん、話って何?」
「あーそれなんですけど、僕ってもう2年目じゃないですか」
『もう』なのか。『まだ』が正しいのではないか。
「さすがにまだ一番下ってのが納得行かなくて。入社の際、社長に面接で
 『うちには入社して二週間でリーダーになった人が居るよ』って聞いてたんですけど」
そ、それ俺だ・・・。何言ってんですか、社長・・・。
「僕より出来る人って、藤田さんじゃないですか。あとマ男さん。
 まぁリーダーになったのは藤田さんだと思うんですけど、僕もそろそろなっても良いんじゃないかなって」
おいおいおいおい。
藤田さんの言う通り、木村くんから喋らせておいて良かった。こんな事を考えていたのか。
リーダーの行動、木村くんの思考、時期、全てがマッチングしている。これはマジでひょっとするかもしれんぞ。
「マ男さんはどう思います? てか後押ししてくれますよね」
う、うーむ。何とも言えん・・・。後押しっていうか、もう何もしなくてもチャンスがめぐってくるよ・・・。
「木村くんは、リーダーという仕事にプレッシャーは無いの?」
「プレッシャー? そんなの無いですよww」
そんなのって。
「でも大変だと思うよ、ホントに。現リーダーだって、毎日ひぃひぃ言ってるじゃない」
「あの人だからでしょ。僕は違いますよ」
耳が痛くなってきた。

794: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:55:18.74 ID:7YJSK2Uo
ほんとに木村は世間知らずだなwwww

797: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/14(金) 23:57:40.18 ID:kTk62DAo
どんどんキツイ仕事任せて潰したいなww

804: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 00:00:51.64 ID:K32TwDYo
木村くんはやる気だ。そして、それしか見えていない。
今の立場で満足するなど、これっぽちも思っていないだろう。確かに今の立場で収まる器ではないと思うが・・・。
しかし、素直に賛成が出来ない。木村くんは確かに仕事も出来るし、今まで与えた課題は全てこなしてきた。
だが、まだ辛酸をなめていない。挫折を経験していない。これが俺の中で引っかかる。
「それに、マ男さんも分かってるじゃないですか。今まで僕は失敗してないし、これからもしませんよ」
凄い自信だ。しかし、その自信を裏付ける実力があるのも確かだ。
どうするべきか。リーダーの話をするべきか。すれば、確実にここで一気に調子付くだろう。
仮にしなければどうなるか。
リーダーから直接、話を聞くことになる。そうなると、俺はもう口を挟めない。
ここで話した所で、俺の忠告を聞くとはとても思えないが、木村くんの行動は結果的には変わらないのだ。
よし、今言う。
「実はさっき応接室で、リーダーと話をしたんだけど」
「あぁ、藤田さんと三人でのやつです?」
「そう。で、その時にリーダーが木村くんを補佐にしたいって言い出して」
「・・・へぇ」
瞬間、彼は悪魔の笑みを浮かべていた。

805: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:01:59.25 ID:4.5A2Kwo
>「・・・へぇ」
逃げてー!?
リーダー逃げてーーーーーっ!!?

806: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:02:18.05 ID:yP8bZMQ0
木村「計画通り。」

809: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:03:21.74 ID:hp0lArMo
悪魔の笑みwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

820: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:07:49.33 ID:hwzbmJ6o
別に出世欲あるくらい、いいんじゃないか?ww
普通の大企業や官公庁だって出世レースな訳だし
こいつは少し生意気だがなwwww

822: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 00:10:41.71 ID:K32TwDYo
・・・まずったか?
「私と藤田さんは意見を求められたんだけど、まぁどちらとも言えずって事に」
嘘をついてしまった。というか、つかざるを得なかった。彼の気迫に圧されてしまったのだ。
「どちらとも言えずってことは、少なくとも賛成はしてないってことですよね」
というか、賛成していない。今の君では、まだまだ心配事が多い。実力だけでは務まらないのだ。
「まぁ別に良いですけど。力があると妬まれるのは常ですから」
何を言ってるんだ・・・。
「そうですか、僕がリーダー補佐ですか。藤田さんは社員のままですよね」
肩書きで争っているわけじゃないんだよ、木村くん・・・。
早く抑えないと、マジに暴走して大変なことになってしまうぞ。
「でも木村くん、すぐにリーダーになろうって考えるより、まずは経験を積んで」
「リーダー経験のないマ男さんから何を言われても、僕は何も感じませんよ。
 僕は、僕の考えがありますから。それに、経験ならリーダーから教われば良いじゃないですか」
コイツ、調子に乗りすぎだ。人から教わって経験になるなら、今頃人類は大進化を遂げているだろう。
自らが経験しないと分からない部分だって多いんだ。
「そうか、やっとリーダーか」
リーダー補佐な。まだ気が早い。
「いつ話が来ますかね」
「分からないね。昼からじゃないかな」
「そうですか、楽しみだな」
口元を緩めながら、木村くんは呟いていた。

839: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:16:20.16 ID:v18sYdco
怖いもの知らずって一番たちわるいよねー

840: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:16:40.14 ID:c2bqdjYo
よく切れないな 凄いぞ1

851: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 00:20:34.25 ID:K32TwDYo
そして会社に戻る。
俺は落ち着かなかった。あの木村くんの表情はハッとさせるものがあった。
間違いなく大器だ。俺なんて足元にも及ばないだろう。藤田さんとは違う何か・・・凄みとでも言うべきか。それを感じた。
藤田さんはどこか優しく、安らげる感じがするが、木村くんは違う。何が違うかと言われれば答えられないが・・・。
何か猛烈にイヤな予感がする。それは恐怖に近い。
「ただいま戻りました」
木村くんの足取りは自信に満ち溢れていた。イケメンというのが、さらにそれを引き立てている。
「マ男くん」
藤田さんだ。
「話したの?」
「えぇ・・・。正直、少し後悔してます・・・」
俺の力では何も出来ない。先輩なのに。なんて無力なんだ。
「彼の度が過ぎたら、私が抑えに回ろう」
お願いします・・・。
まだまだ藤田さんが俺には必要だ。木村くんという巨大な器では、俺などチッポケな存在でしかない。
「おい、木村」
「はい」
「ちょっと来い」
「・・・はい」
悪魔の笑み再び・・・

869: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 00:28:03.01 ID:K32TwDYo
「お前、リーダーに興味あるか?」
この開発室から、誰かが消える。間違いない。
「あります」
目が笑っていない。そして、気力が顔から溢れ出ている。
なんという後輩だ。俺の手の中に居たのが信じられん。
「俺の仕事を手伝って欲しいんだがな」
「ホントですか。ぜひやらせてください、僕で良ければ、好きなように使ってください」
普通なら、謙虚で好感の持てるであろうこのセリフも、彼の口から発せられた瞬間に、悪魔の囁きとなってしまう。
リーダーは気付いていないのか。この異様な空気に。あの異様な笑顔に。
お前は自分の立場が非常に危うい所まで来ているんだぞ、気付け。
「おぉ、そうかそうかww よし、次のプロジェクトでお前は俺の補佐しろww」
「はい!」
終了、詰み。おつかれです。
この開発室から、一人の人物が消えようとしていた。

870: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:28:51.70 ID:ihXhy2.0
大波乱の予感だな

872: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:29:00.35 ID:jLxnq3so
えっ、だ…………誰…!?

873: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:29:01.08 ID:4.5A2Kwo
さようなら井出さん・・・・・あれ?違う?

880: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:30:25.80 ID:rJCpjrQo
グッバイ藤田・・・

881: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:30:38.47 ID:yP8bZMQ0
リーダー・・・無茶しやがって・・・

883: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:31:01.88 ID:HSUmDDo0
>>1が消えるか藤田さんが消えるか

891: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:32:54.30 ID:DuKb3E.o
取引先で生意気言って木村が消えるに100ペソ

893: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:33:30.15 ID:LIMs/is0
木村が挫折して上原さんみたいになるんじゃ・・・

896: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:34:10.13 ID:VU5/fMg0
誰が消えてもおかしくない状況だな。

901: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 00:36:03.48 ID:K32TwDYo
こうして、木村くんはリーダー補佐となった。
それが決まってからというもの、木村くんはさらに力を発揮し
スケジュールを1日進みで仕事をこなすようになってしまった。
一体、どこまで伸びるのか。限界は無いのか。恐ろしい後輩を持ってしまった俺だが、それ以上に次のプロジェクトが心配だ・・・。

そしてついにやってきた。次のプロジェクト・・・という触れ込みだったが、2つか3つこなした後だ。
夏真っ盛りも過ぎ去り、残暑が厳しいそんなある日の出来事だ。
「以上が今回のプロジェクトの説明だ」
今回のプロジェクトは、今までの中でもかなりの規模を誇る内容だった。
いや、正確には規模ではなく、納期の方だ。説明だけしか聞いてないため、よくは知らないが
製造が平均で2日に一つというペースだ・・・。しかもランクA〜Sと来てる。
この時点ですでにデスマフラグが立ってるぞ・・・。

916: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 00:48:16.41 ID:K32TwDYo
「まぁ見りゃ分かると思うが、はっきり言って今回は厳しい。史上初かもな」
おいおい・・・。
スケジュールを見てみる。とりあえず自分のだ。
うんたら作成画面(1〜4)、こうたら自動変更(OL/バッチ)・・・
これキツくないか? いや、元々キツいけど、どう見たって泊り込みしないとこなせる内容じゃないぞ。
「今回、上原さんのスケジュールあめぇwwwwwwwwww」
井出が吹き出した。他人の心配じゃなくて、自分の心配をした方が良い。
お前はマジに死亡フラグが立ってる。
「あ、あ、あああ」
「俺はもっと引けって言ったんだがな。木村に何か考えがあるそーだ」
不満そうなリーダーだが、逆に木村くんはそれを押し通したのか。
「ちなみに、製造は二日単位がほとんどだが、修正や見直しで1週間ぐらい空きを取ってる。
 それも一応考慮に入れておけよ」
後々に修正が入る可能性が高いということだ。
デスマになる要因を全て含んでいるぞ・・・。なんということだ。
「何か質問ある奴」
「良いですかね」
藤田さんだ。

917: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:49:21.72 ID:yP8bZMQ0
藤田さんキター

930: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:54:11.94 ID:h2gPmjoo
藤田さんは何を言う気だ…

934: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 00:56:35.52 ID:K32TwDYo
「このスケジュール、無理がありすぎて成功の見込みが感じられないのですが、その辺についてはどうなんですか?
 何も考えなしでこの仕事を請けるというのは、少し理解できないんですが」
「出来ると思ったから、仕事を請けたんですよ」
木村くんが言い返す。藤田さんがキッと見返した。
「根拠は?」
「僕の判断です」
「答えになっていない。このスケジュールでは無理がありすぎる」
「おい、藤田。請けたもんはしょうがねーだろうが。文句抜かすな」
そういう意味で言ってるのではない。木村くんは、今後間違いなくリーダーとなり、立場を確立するはずだ。
そうなった場合、今のようなスケジュールを許してしまうと、みんなが潰れてしまう。
先を見越しての藤田さんの発言なのだ。目先のことだけで判断をしていない。
「今回はしょうがないでしょう。ですが、今後もこれが続くようなら、辞める人も出てきますよ」
井出や竹中のことだ。
「だったら、その人はそれまでだったって事ですよ」
なんだコイツは。まるで話にならないぞ。

935: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:57:44.16 ID:gDwnOKQo
藤田神きたwwwwwwwwいったれいったれwwwwwwwwww

936: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:57:45.16 ID:oIT71Vo0
話にならないな。
ただの自己中じゃないか、木村は

937: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:58:10.65 ID:KSqzUvE0
………最悪だ

938: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:58:24.90 ID:wv9rjXIo
めちゃくちゃだなwwwwwwwwww

939: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:58:26.46 ID:P2HWijU0
そういって木村はこの会社を潰す気か

943: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 00:59:00.57 ID:h2gPmjoo
木村…能力あるんだが、能力の劣る人間を使うって事ができないな
こいつリーダー無理だろう…

962: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:03:38.33 ID:P0iFgmAo
ああ、ここまで勇が前振りを置いてきた理由がよくわかる
これは確かに限界かもしれんね



19: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 01:11:19.92 ID:K32TwDYo
新スレありがとう。前スレはもう埋まったかな。

藤田さんが小さくため息をついた。
話にならない。自分が絶対。それ以外は眼中に無い。木村くんは完全独裁者タイプだ。
「木村くん、君がこの開発室の戦力をどう分析しているのかは知らないが
 みんながみんな、君と同じように出来ると思ったら大間違いだ。人には人それぞれの適正、ペースがある。
 それに沿って物事を考えないとダメだろう」
「僕だけが契約の話を進めたのではありません、リーダーも一緒です」
ここで責任転嫁か。さすがに俺もイライラしてきた。
リーダーは沈黙している。気圧されているのか、あのリーダーが。
「今、私が話してるのは君だ。リーダーじゃない。君が答えなさい。
 このスケジュール、私は無理ではない。だが、それでも厳しいよ。
 それなのに、私の後輩であるマ男くんにも同じように引いてるだろう。ちゃんとリーダーから戦力分析を聞いたのか?」
藤田さんが語気を荒げた。場の空気が一瞬にして凍りつく。
「だったら、今すぐこの契約を捨てろと?」
「そういう意味ではない。この仕事はもうこなすしかないだろう。契約を結んでしまった以上、裏切ることは許されない。
 私が言ってるのは今後だ。君の事だ、この先も補佐に回るつもりなんだろう」
そしてリーダーになる。藤田さんはこの部分を飲み込んだようだ。現リーダーが居るのだ。面倒な事になると踏んだのだろう。
「今のスケジュールを許してしまえば、今後もそれを許すことになる。だからこうやって忠告している」
「このスケジュールをこなせないなら、その人は必要無いですよ。
 出来る人だけを残す。無駄を省く。そうすれば、より良い態勢が作れるじゃないですか」
何を言っているんだ・・・。こいつはやばい。やば過ぎる。
藤田さん、頼む・・・! もうあなたしか居ない!

21: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:13:18.92 ID:9tRGgMIo
もうだめだ・・・

28: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:14:30.06 ID:oIT71Vo0
ここらでもう一度マ男にキレてほしい。

29: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:14:44.53 ID:6soyHWko
おいついた

これはひどい

33: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:15:37.99 ID:rJCpjrQo
ここで上原がキレるんだな

42: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:17:34.87 ID:yP8bZMQ0
>>33
「い・・・いいいいいいか・・かか・・い・・・か・・・げ・・いか・・」

58: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 01:21:39.39 ID:K32TwDYo
藤田さんが目を見開いた。怒っている。
だが、感情だけで攻めようとはしていない。理性を保っているようだ。
一方の俺は、正直言ってキレる寸前だ。
「君は勘違いしている。人は物じゃないんだぞ。君は何様のつもりかは知らないが、君は一人の社員だ。
 経験年数も2年と、まだ一番浅い。確かに君は実力もあるし、課題は全てこなす所か、早く終わらせている。
 だが、今この場に居る人間は全員、私たちの仲間なんだぞ。それを必要無いなどと切り捨てるのが許されると思ってるのか」
「藤田さんの言いたいことが分からないんですが。僕は無駄を省くと言ったんですよ。出来ない人が必要なんですか?」
ふざけるのも大概にしろよ、木村。
「君の中での認識は、出来る・出来ないの二通りしかないのか? 人には適正がある。
 一人でやる仕事、外に出向く仕事、物を教える仕事、それぞれを見極めて、使いこなすのが上の人間の役目だろう」
「その前に、不必要なものを取り除く必要があると僕は言ってるんですよ」

「木村、いい加減にしろよ!」

俺は叫んでいた。

63: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:22:58.32 ID:gDwnOKQo
マ男のターン!
いけえええええええええ

64: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:23:04.29 ID:jMjJiL2o
勇とうとうきれたな

66: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:23:52.03 ID:OFvfuuU0
マ男かっけぇwwwwww

101: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 01:29:33.97 ID:K32TwDYo
「マ男くんがキレたぞー! 社長だー! 逃げろー!」
井出がわめく。俺はオールスルーで木村の顔を睨みつけた。
「なんですか、マ男さん」
「なんですかじゃないだろう。今のお前がリーダーなんて出来るわけがない」
「あなたに言われたくないですね。三年も勤めてずっと下っ端なんでしょ」
歯を食いしばる。今までの人生で、ここまで頭に来たことがあるか。
いや、ない。
「下っ端だから、意見しちゃいけないのか」
思うように考えていることが言葉に出ない。木村のあの冷静な顔を見ろ。
何こいつキレてんの? バカじゃねww というのが読み取れる。落ち着け、俺。
「木村くん、マ男くんはリーダーの経験があるよ」
藤田さんだ。
「しかも補佐じゃない。リーダーという肩書きを持ったことがある」
木村の顔が、歪んでいく。

114: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:30:59.36 ID:ppncSOw0
藤田さんナイスフォローwwwwww

117: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:31:10.24 ID:RcDkhRco
ここでキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

161: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 01:39:32.15 ID:K32TwDYo
「藤田さんじゃなかったんですか」
「私はリーダーの経験などない。これからもするつもりはない」
「マ男さんがリーダー経験者だったんですか」
「はっきり言う。『君なんかより』マ男くんの方がずっとリーダーに向いている」
俺は興奮しすぎて、何か泣きそうになっていた。なんでだろうね。
「君は自分の視点でしか物事を考えられないだろう。マ男くんはそうじゃない。きっと過去に辛い経験をしたのだろう。
 挫折も味わってきたに違いない。それらが糧となって、人を思いやって、穏便に物事を進ませていく力を持ってる。
 所が君はどうだ? こんな無茶なスケジュールを引いて、くだらない自論を展開して。物事を広く見た方が良い」
俺は唇を震わせて、二人のやり取りを聞いていることしか出来なかった。
木村くんがチラチラと俺を見てくる。
「でも、僕の方が」
「君の方が確かに持ってる力は上だろう。だが、それだけだ。それだけしかない。
 君はまだ学んでないことが多すぎる。このリーダー補佐の立場で、色んなことを学ばないと、まだまだ上には立てないよ」
木村くんが黙り込んだ。

藤田さん、あなたは本当に・・・本当に凄い人だ・・・。

164: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:40:14.58 ID:qyymAiso
すげえええええ
かけえええええええwwwwww

165: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:40:18.30 ID:yP8bZMQ0
藤田さんSUGEEEEEEEEE

228: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:48:31.01 ID:jelDwUQ0
木村ざまぁwwwwwwwwwwwwww

233: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:49:12.16 ID:gDwnOKQo
これだけ見ると木村退職フラグなんだけどなあ

241: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 01:50:59.10 ID:K32TwDYo
「国会のようだ」
井出が呟いた。しかし空気は変わらない。
「悲しいけどこれ・・・」
竹中が呟くが、最後まで言えなかったようだ。まだまだ修行が足りていない。
「そうですか、マ男さんがリーダー経験者でしたか」
・・・。
「二週間で、リーダーでしたか」
木村くんは、呪文のように繰り返していた。
よほどショックだったのか。やはり、俺は相当見下されていたらしい。
「語気を荒げてしまってすまないね。今の君には、これぐらい言わないと聞き入れないだろうから」
「・・・」
木村くんが不快そうな表情を浮かべる。
「私もまだまだ子供のようだ。感情を抑える事ができなかったよ。
 まぁ、もう今回のスケジュールは仕方がない。みんなで力を合わせてやり遂げようか」
「お、おう。そうだぞ、おまえら。思いやりと穏便さでやってくんだぞ!」
「リーダーが言うと説得力ねぇwwwwww」
「おい井出」
「あ、はい」
「お前ちょっと残れ」
「そんなぁ」
笑いに包まれる室内。
だが、木村くんだけは笑っていなかった。

249: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:52:02.59 ID:.LcO8io0
リーダーが…どもっている…だと…?

250: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:52:06.45 ID:3D1yYaMo
井出とリーダーGJ!!

251: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:52:09.67 ID:UuicapE0
だんだんリーダーがいい人になってきてる

255: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:52:39.15 ID:ppncSOw0
井出wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

264: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 01:53:37.89 ID:gDwnOKQo
リーダーが場を取り繕うとか以前では信じられんなwwwwww

303: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 02:00:20.61 ID:K32TwDYo
そしてプロジェクトが始まった。
俺と木村くんの仲はすっかり冷え込んでしまい、あれからは一言も喋っていなかった。
しかし、今はそんな事はどうでもいいのだ(よくないが
とにかく今回はスケジュールが厳しい。はっきり言って、休憩時間など使っていると即響くというような状況なのだ。
「僕の方ができるんだ」
時折、木村くんの独り言が聞こえてくる。
ちなみに、スケジュールは木村くんが一番厳しい。実力面での話だが。
しかしそれでも、彼はオンスケだった。
やはり言うだけの実力は備えているのだ。だが、足りないものが多い。
プロジェクトに入る前、俺が危惧していたことが今回、見事に的中した。
早めにでもいいから、藤田さんに相談しておくべきだったか・・・。
そんなこんなで、俺は必死に仕事をこなしていた。
このプロジェクトはホントにキツくて、人間関係の軋轢に加え、肉体疲労が重なり、結構マジでやばいことになっていた。
週2〜3は会社に泊まり込みだ。上原さんに至っては
「・・・・すぴー」
寝ていた。

305: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:00:45.49 ID:jMjJiL2o
木村壊れたな

308: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:01:03.19 ID:RSH0OVwo
竹村は完全に第2の井出になりつつあるな

309: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:01:10.12 ID:oIT71Vo0
すぴーwwwwwwwwwww

310: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:01:23.06 ID:IkjwJHE0
おい上原ぁっ!

311: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:01:28.33 ID:gDwnOKQo
上原さんかわいいwwwwwwwwww

319: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:02:27.67 ID:h5YVCQE0
上原かっこよすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

326: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:03:26.04 ID:p2CQeyUo
木村にとっては良い経験だったな
初めての挫折となると立ち直りに時間がかかりそうだなぁ

346: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 02:07:35.62 ID:K32TwDYo
「おい、上原」
リーダーも疲労の極みなのか、言葉に力が無い。
「すぅー・・・・すぅー・・・」
「おい」
リーダーの顔が歪んでいく。
「上原さん、起きてください」
木村くんだ。
その瞬間、ハッとしてマウスをカチカチとクリックしまくる。キーボードも打ちまくる。

遅いですから、上原さん。

「寝んじゃねーよ、ボケが」
リーダーはもう相手にもしたくないのだろう。
その気持ちはよくわかる。
はっきり言って、他人に関与したくない。極限状態に達しようとしていた。
俺は俺で、連日寝てないせいで、ブラインドタッチが全く出来なくなったり、動悸が起きたりと
身体的な障害も現れ始めていた。そして木村くんとの軋轢。そろそろ限界だぞ・・・。

そんな時、事件は起きた。

351: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:08:40.61 ID:gDwnOKQo
上原さんwwwwwwww中学生じゃないんだからwwwwwwwwカワユスwwwwwwww
そして事件wwktk

379: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 02:12:38.38 ID:K32TwDYo
俺はもうとにかく睡眠を貪りたかった。
3時間で良い。睡眠を取りたい。
この時、俺は飯も食わず、仕事に没頭していた。本当に限界だった。過労死を頭に思い浮かべたものだ。
そんな時だ。
バイブ、携帯が鳴っている。
なんだ・・・このクソ忙しい時に・・・。
外に出て、電話に出てみた。なんだこの番号は。登録されてないじゃないか。
「マ男さんですか?」
聞き覚えのない声だ。
「お父様のお名前は、○○でよろしいですか?」
「えぇ・・・」
なんだよ・・・。
「今、○○病院におりますので、至急来てもらえますか」
え?

385: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:13:07.54 ID:RSH0OVwo
そうきたか・・・

386: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:13:12.16 ID:QXT555.o
ウアアアアアアアアアアアア

388: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:13:14.05 ID:gDwnOKQo
ええええええええええええええええええ

391: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:13:20.53 ID:p2CQeyUo
なんという鬱展開

397: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:13:43.67 ID:PdshOXso
>>379
まさに死角からの一報だな…
こんなの自分だったら目の前真っ暗になる

402: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:14:04.37 ID:ihXhy2.0
ちょっとまて・・・
その流れの心の準備が・・・・

406: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:14:23.94 ID:wjJhQXM0
これが現実というものか…

428: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 02:19:04.78 ID:K32TwDYo
「はぁ?」
何言ってんのこの人・・・。俺は頭がぼーっとしていたので、幻聴かと思った。
「今日、救急車で搬送されました。お話すべきことがあるので、来て頂きたいのですが」
「何をおっしゃっているのかわかりません」
本当にコイツ何言ってんだ。父ちゃんは1週間前、元気だったぞ。最近、食欲がないせいか、痩せてたけど。
「ですから、救急車で搬送され」
説明を聞く俺。だが、全く理解できてない。しかし、大変だということは分かる。
記憶が前後する。父ちゃんに何かあったのか・・・。救急車・・・。
このキーワードだけは理解できていた。その時、眠気が吹き飛んでいた。
「○○病院ですか」
「そうです、至急来てください」
仕事がある。
いや、そんなことどうでもいい。俺にはもう父ちゃんしか居ないんだ。
肉親は父ちゃんだけなんだ。
俺は貧乏だったが、タクシーを拾い、病院へと向かった。

435: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:20:46.38 ID:586z1EEo
とーちゃん・・・・・

436: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:20:49.98 ID:jLxnq3so
うおおおおおおおおおおおおお
父ちゃん生きててくれ!!!

447: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:22:17.69 ID:QkNOtVc0
どうしよ、もうすでに涙出てきたんだけど!
どうしてくれるんだ勇!。・゚・(ノД`)・゚・。

458: マ男 ◆kmd7lCK4/M 2007/12/15(土) 02:24:08.44 ID:K32TwDYo
病室に早足で駆け込む。
父ちゃんが、力無い姿で横たわっていた。
そんなバカな。なんで。
「マ男さんですか」
担当医らしき人が話しかけてきた。俺はネクタイもずれ、髪の毛もボサボサで情けない格好だった。
「重大な話があります。こちらへ」
訳がわからん。なんだよ、重大な話って。コイツバカじゃないのか。
「単刀直入に申し上げます。お父様は胃がんです」

終わった。

全てが終わった。

なんだよ、何が起きたんだよ。
俺が何をした? 俺そんな悪いことしたか?

本当に、本当に全てが終わった。

464: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:25:40.31 ID:dTUW2e60
・・・・orz

469: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:25:54.17 ID:.7SIfIAO
親父さん黙ってたのか…

471: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2007/12/15(土) 02:25:58.49 ID:WkAaMQAO
胃ガンか…
きついなぁ…

引用元: 【そして】ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【限界へ】



24:00更新【12/12】リーダー「んじゃ」新人の俺「え?」リーダー「忙しいから、自分で解決しろよ」俺「」ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない・・・へ続く

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】


スポンサーリンク