私子 29歳 既婚
上司K 34歳だと思う
彼女C 32歳 上司Kの彼女
社長 34歳 上司と同級生で親友、私子とも友人

 

男が多い徹夜納品当たり前の職場での事です。

私子はその会社の正社員ではないのですが、会社が忙しくなると社長に頼まれて、プロジェクト毎のヘルプをしていました。

上司Kも会社設立前から仕事をしていて、プライベートの付き合いはなくても、軽口を叩きながら仕事をする関係でした。

なかなか女性との出会いのない職場だったんですが、上司Kに彼女が出来ました。

知っていたのは私と社長、その他の社員は薄々気付いているという感じで、私は社長と「よかったですね〜! これで少しは仕事量を減らすんじゃないですか?」

と働き過ぎで倒れたりしていた上司Kに、彼女が出来た事を素直に喜んでいました

そして丁度その頃に、新しいプロジェクトが始まり、私と上司Kが組む事になりました。

 

構手間がかかる仕事で、職場に泊まり込んで徹夜とか、会議の為に早朝に待ち合わせて、朝食を食べながら打ち合わせとか、一日の殆どを上司Kと過ごす形になっていました。

私 「彼女さん寂しがってませんか? ちゃんとフォローしておいた方がイイですよ〜w」

K 「ああ、プロジェクト終わったら休み取って温泉に行こうかと思ってるんだよ。」

私 「そうした方がイイですよ、メールもちゃんとしてます?」

とか言ってたんですが、ある日、職場で上司Kの机で、PCのスクリーンを、上司Kの後ろから覗き込む形で話をしてたら、いきなり

ガスゥ!

と鈍い音がして、私は膝がかっくんと折れて倒れてしまった。

何故か右目の視界がズレている。

何が起きたのか判らなかったのだけれど、とりあえず起き上がろうとしたら

「泥棒猫!」

と誰かが叫んでいる。

私はナゼか右に傾く頭が重いな〜と思いながら、なんとか立ち上がった。

何故か顔面蒼白で私を見る上司Kと社長、髪振り乱してわめき散らしている女性。

いや、もう冗談の様な話だけど、その時の私の右目横には、小型ナイフが刺さっていたんだよw

 

ちょうど目の横、ちょっと下あたりのホホ骨に突き刺さっていて、 もう周りも唖然として動きが止まってた、女は上司Kに向きなおって つかみかかってるが、上司Kの視線は、フランケンシュタイン状態の私の顔だったよ。

私は右目が痙攣して、なんか痛いな〜と思いながらフラフラしてたんだが、顔に手をやると何か生えてるな、何じゃこりゃと呑気に目の前の痴話げんかを見ていた。

「仕事で忙しいって言ってたのに、嘘つき。この女と浮気してたでしょぉぉぉ! 許せないぃぃぃ、裏切ったわねぇぇぇぇ、きぃぃぃ!」

どうやら上司Kの彼女Cか?と思ってると、はっとなる上司Kが、思いっきりCを突き飛ばした。

尻餅付くC、怒鳴る上司K。

K 「何やってんだよ! お、おま、お前、勘違いするなよぉぉぉ!」

また上司Kにつかみ掛かっていくC。

此処でやっと自分が上司Kと浮気してたと勘違いしたCに、なにかされたのだと判った。

すったもんだしている上司KとCの横に立っていた社長は、いきなり私の腕をつかむと、会社(小さい事務所でした)の玄関に走っていく。

私もフラフラしながら何だろな〜と引っ張っていかれた。

 

その後、というか雑居ビル出てすぐに、社長は携帯で救急車呼ぼうとするけど、指が震えて番号押せない様なので、

「救急車、119でしたっけ?」

と自分の携帯を出して自分で救急車呼ぼうとしたんだけど、視覚がぶれていて呼べないw

どうやら脳内で何か出てて、絶賛感覚麻痺。

その後はなんとか社長が救急車呼んで、病院連れてかれて、ナイフ抜いて縫ってもらったんだけど、幸運な事にナイフは骨で止まっていて、神経にも問題は一応なかった。

ただ刺された衝撃のせいで、軽い脳震盪と首がむち打ち、目の横に傷跡が残ると医者に言われた。

Cは思い込みの激しい人だったらしく、とっさに私を刺してしまったらしい。

でも、そんな言い訳言われても、刺された方に取っては関係ない訳で、被害届出そうとしたんだが、Cの両親が土下座に来たw

Cの両親「彼女は繊細で気の弱い、少し思い込みの強い子で、悪気はなかったんです、許してやって下さい。お願いします!!」

なんか、もう哀れ過ぎたが、私の夫と実父がブチ切れで、また修羅場になりかけた。

結局結構な慰謝料と治療費を貰って示談になったのだが、私は結構ショックが酷く、後ろに立たれるとゴルゴな反応をするようになってしまったw

 

上司KとCは当たり前だが、別れる事になったのだが、さすが崖っぷち女は諦めが悪く、只今ストーカー中。

ガンガレ上司K、手を出した相手が悪かったとしか思えません。

私は一日入院の後、退院するが熱出してまた入院して、なんとか回復。

貰った慰謝料で傷跡の整形しようと思ってる。

社長は入院中に色々、差し入れしてくれ、気に病んでいたので申し訳なかった。

こんな感じの修羅場でした、終わり。

 

もう、笑うしかなかったです。ナイフ取る前に呼ばれて、夫が病院に来たんだけど、真っ青になってたから、なんとか落ち着かせないとと思って

「フランケンウイニィーだおw」

とか言ってました、バカです、はい。

 

結構法外な慰謝料になったのと、夫とブチ切れ父が彼女C、C両親との話し合いで片付けたので、被害届はやめました。

慰謝料の額を決める時点で、整形分を考えてくれたので(夫、父)、もう関わり合いたくないやと。

その時のプロジェクトを、どうしても問題なく終わらせたかったのもあります。その方が自分の将来にプラスになるんで。

Cは勘違いだから許してって感じだったんですが、見た目が893な私の父のお蔭で、近寄っては来ない様です。

 

病院に行った時に

「警察呼びますか?」

と聞かれたので

「刺さっただけです、後で自分で行きます、大丈夫ですw」

と答えてました...onz

診断書は夫が貰っておいてくれたので、被害届けは出せるのですが、働いてる業界が狭いので、公にしても友人、私共にあんまり良い事がないんですよ。

C自身は知らないのですが、Cが近々入院予定なので、上司Kもそれまでの我慢だと思っています。

 

Cの入院は、檻は付いてるかは知らないのだけれども、警察沙汰にするよりは、間違いなく長く入院する予定です。

Cの両親は警察よりは入院の方が体裁がいいと思った様(夫談)。

運が良かったのは、ナイフが折りたたみで小さく、グリップが甘かったので、骨で止まる事が出来たそうです。

傷もなんとか消せるだろうとの事で、安心しています。

そろそろ眠くなったので落ちますね、有り難う御座います。