親父がガンなのが発覚した。

それも手遅れで、手術しても意味がなく、状態が進みすぎてて、強い抗癌剤も使えなかった。

嫁さんが、病気発覚から全部仕切ってくれた。

宣告されて、俺も親父もお袋もボーゼンとしている中、しっかりとあれこれやってくれたのは嫁さんだった。

俺には

「あんたは見送る時間があるだけ、幸せと思え。あんたがしっかりせんでどうする」

と何度も激を飛ばしてくれたのに、急に目の前にわいて出た「代替わり」と「親父の死」に正直何をどうしていいか分からなかった。

嫁さんの父親は、嫁さんが生後3ヶ月の時に、貰い事故で亡くなっていた。

毎日病院に来て背中さすったり、体のあちこちを揉んで世話を焼いてくれる嫁さんを見て、病院の人に「お嬢さんですか?」と聞かれ、嫁さんも親父も笑顔で「はい」と言っていた。

親父の意識がない時、ずっと手を握って話し掛けてたのも嫁さんだった。

俺はオロオロするだけ、お袋はただボーゼンとするだけだった。

親父がとうとう逝っちまった時、泣き崩れる母親と、再びオロオロボーゼンとしている俺に、檄を飛ばしつつ、全ての仕切りをやってくれたのも嫁さんだった。

通夜の時、線香の番をするからちょっと息を抜いておいで、という嫁さんの言葉に甘えて外に出て、ちょっとして戻ったら嫁さんは涙をボロボロこぼしながら、親父の棺に話し掛けていた。

でも、告別式の時に喪服をピシッと着付けて、しゃんと嫁さんは立っていた。

お袋は着物の着付けすらできる状態じゃなくて、嫁さんが着付けていた。

俺とお袋はボロボロ泣くだけだったorz

告別式などが一段落して、親戚皆に「お嫁さんを大事にしなさいよ」と言われた。

仕事仲間にも同じ事を言われた。

初七日が終った時、墓の前で嫁さんが「もっと色々してあげられることあったはずなのに」とポソっとつぶやいた。

それを聞いて、俺は親父に何をしてあげたんだろうと、考え込んでしまった。息子として情けない限りだった。

それまで別居だったが、嫁さんが言い出してくれて同居した。

適度にお袋を気遣いつつ、親子のように喧嘩もしたりして、逆に俺が疎外感を感じるくらい、お袋と仲良くやっている。

この前は俺をおいて、2人で旅行にも行ったorz

「女同士、話す事が沢山あるんだから」と言われて、何も言えなかったorz

 

1年経った今も嫁さんは、月命日に親父の墓に行って、何かを話してくる。

それを知ったのは昨日だった(恥) 毎日仏壇の前で朝晩、「お父さんおはよ~ 今日もいい天気だね」なんて話しているのは知ってた。

夕飯の時は、必ず何か一品を親父の前に供えている。

死ぬまで嫁さんを大事にしようと、改めて思った。

感謝してもしきれないと、心の底から思ってる。

そして、同居を申し出てくれた嫁さんに甘えず、嫁さんの強さに甘えず、俺が夫として、今年の秋からは父親として、もっともっとしっかりしなきゃいけないと思った。