白い杖を持った男の子が、夕暮れの住宅街を歩いていました。 「ねえ、君…」 「?」 声をかけられて振り返った男の子の前には、 大きなマスクを付けた女の人が立っていました。 「わたし、キレイ?」
男の子は困ったように笑って言いました。 「わかんない」 「じゃあ…」 女の人はニヤリと笑い、マスクを取りました。 その口は狼のように、耳元まで裂けていました。 「これならどぉおォォ?」 「ごめん、やっぱりわからないよ。僕、目が見えないんだ」 男の子はサングラスを取ってみせました。 その瞳は白く濁り、何も写していない事を示していました。 「あ…」 女の人は途方に暮れたように立ち尽くし、目から涙がこぼれました。 「ご…ごめんなさ…」 「いいんだ。慣れてるから」 男の子はサングラスをかけなおし、杖を左右に振りながら、ゆっくりと歩き差って行きました。 「ごめんなさい…ごめんなさい…」 女の人はその場に立ち尽くしたまま、ぼろぼろ涙をこぼしていました。 その日から、口裂け女の噂はぱったりと途絶えたそうです。