コメント( 7 )

38: 名無しさん@HOME 2012/11/05(月) 19:41:40.75 O
うちは兄家族と両親と私で住んでいる。ある日、甥っ子がいきなり私に「カンチョーして」と言ってきた 
小学校で流行っているそうな 
しかし抵抗があるのでパパにやってもらって、と頼んだ 
しかし兄はかなり嫌がり、息子相手に「カンチョーの恐ろしさ」について懇々と説明 
しかし甥っ子は「して~!!」と言うので「怨むなよ!」と言って決行 
すると「気持ちいい!!」と輝く目 
「今度はこれでやって」とボールペンを持って来た 
「カンチョー気持ちいい!!」 
の叫びに母がのけぞった 
「(私)!!(甥っ子)に変なこと教えない!」 
と和室に呼び出され、ご先祖さまの位牌を前にお説教されました 
その間も甥っ子は兄に色々なものを持って来て、カンチョーを頼んで来た 

甥っ子の将来を思うとかなり怖いものがある 
目覚めたらどうしよう・・

コメント( 8 )

142: 名無しさん@HOME 2012/10/04(木) 10:45:44.11 0
夫30歳、私25歳の新婚です 
今、3階建てアパートの2階に住んでいます 
まだ妊娠はしていませんが、お互いに子供を望んでいます 
「子供がうまれたら別のアパートの1階に引っ越さないとね。 
騒音が出るだろうから」 
と言ったら、夫が「なんで?いいだろ別に」と、全く理解してくれません 

コメント( 8 )

その神経が分からん! part285
21: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/02(金) 09:23:03.42 ID:tqGtdFKP
今年友達数名と旅行に行った時のこと。
 
一軒家の様な貸別荘を借りて過ごすプランで当然食事、掃除などは滞在中自分達でやる。 
食器、調味料などは借りられたので夕飯は庭でホットプレートを使ってバーベキューだ! 
と、皆でwktkしながら話し合っていた。 
で、当日メンバーのうちの一人が「俺は料理できないからお任せする」と言ってきた。 

コメント( 7 )

その神経が分からん! part285
 
15: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/02(金) 00:49:01.88 ID:1b515OJ2
昨日の昼の事。 
郵便局に用事があり車で行ってきた。 
用を済ませ車に戻ると、愛車のボンネットの上に箱やら 
鞄やら俺の知らないものが置いてある。 
そこに持ち主の金髪のババアがいて、思わず俺はキレてしまった。 

最初は普通に、人の車の上に何おいてるの?と言ってんだが、 
ババアは笑いながらごめんよ~とかねうから、スイッチ入ったわww 

コメント( 5 )

427: 名無しさん@HOME 2007/09/05(水) 02:27:29 O
トメ 「あらあら、シャツが皺だらけじゃないのw」 
私 「そういう生地です。」 
トメ 「( ゚д゚)……?」 

トメ 「あら、Tシャツのシミが取れてないわよw」 
私 「そういう柄です。」 
トメ 「( ゚д゚)……?」 

トメ 「まぁ!服に穴があいてるじゃないの!」 
私 「そういうデザインです。」 
トメ 「( ゚д゚)……?」 


いい加減、息子の服の趣味位覚えろよ。

コメント( 4 )

456: 名無しさん@HOME 2007/09/05(水) 14:54:56 0
赤が泣き叫んでるのに、離さないトメ。 
小1になる娘が 
「おばあちゃん、赤ちゃんが可哀想だからもうやめてよ!」と叫んでくれた。 
嬉しくて調子にってしまった私は娘に向って、 
「あなたのときは、あたなみたいにとめてくれる人がいなかったから、 
ずーっとなきっぱなしだったのよ」といってしまった。 
トメ、 
「泣いてなんかいなかったわよ!」とぶち切れた。 
赤とりかえして無言で帰ってきました。

コメント( 4 )

497: 名無しさん@HOME 2007/09/05(水) 16:52:58 0
お邪魔します。 
ウト弟に一発やってもたんですがここでぶちまけていいですか?

499: 名無しさん@HOME 2007/09/05(水) 16:54:28 0
>>497 
どうぞ
 

コメント( 5 )

828: 名無しさん@HOME 2007/09/07(金) 02:46:36 0
旦那は農家の長男。 
かわいいタイプだが、あまり親からはかわいがられてこなかったらしい。 
生まれつき体が弱く、日中の農作業が全くできなかったせいだという。 
健康な弟にもしばしば馬鹿にされていたそうだ。 

んで近所のボンクラどもがウチを片輪夫婦と呼んでいるらしいのだが 
「んなもん言いたいように言わせとけ、片輪同士で両輪そろったじゃねえかガハハ」 
と笑い飛ばしていた。 
詳細は省くがうちは仕事も農業もうまくいっており、なんの恥じるところもない。 
…だが、義両親はそうは思わなかったのだ。 

「夜中でもいいからこの子にも作業をさせなさいよ。 
 畑を嫁にまかせきりで閉じこもって、世間体がふじこ。」 

いつもは軽く流していたが、旦那の前で言われたこともあり、その日はキレた。 

「馬鹿者!!」 
「なっ!?」

コメント( 4 )

842: 1/2 2007/09/07(金) 05:45:19 0
今日も朝が来たな 
台風の被害があまりなくてよかった。 

今は亡き嫁の父はサイマーで、結納金にやたら粘着質だった。 
今時ここまでカネにこだわるか?というくらい。 
嫁は気にしたのか「ごめんね細かくて」と謝ってきた。 
その時はしおらしかったんだが・・・ 

だんだん嫁から「実家が苦しいからお金を送ってあげて」という回数が増えてきた。 
もちろん余裕のないときは全て断っていたんだが、 
一度「義父さんは何に使ってるんだ?明細をよこせ明細を」と怒ったところ 
それをそのままクルッポー。 
嫁父から「仮にも義父に向かって明細をよこせとは!」と電凸来る。 

俺「毎月、もとい毎週毎週、なんなんですか?気にもなるでしょう」 
嫁父「どうだっていいだろう、うちは困ってるんだ」 
俺「だから、何にですか」 
嫁父「君には関係ない!」 
俺「ありますよ、金出すんですから。正当な理由があるなら援助しますけど」 
嫁父「うちには借金があるんだ」 
俺「何にいくら使ったんですか」 
嫁父「なんだその言い草は!」 

こんな感じでいくら話しても核心に迫れない。 
仕方ないので、以後は完全にスルー姿勢でいくことにした。 
すると嫁の機嫌が目に見えて悪くなっていき・・・

このページのトップヘ

×