本日のピックアップ\(^▽^)/


コメント( 15 )

34: 名無しの心子知らず 2012/11/30(金) 20:33:32.74 ID:379oka9d
七五三で色んな名前に振り回された。 

音子ちゃん(ねこ) 
祭音ちゃん(まこと) 
祝々依ちゃん(じゅじい) 
雛ちゃん(ひめ) 
勲くん(くん) 
写威琉くん(しゃいる) 
真星くん(まさき) 

全部日本人。 
どうしてDQN親って、ふりがな欄ムシするんだろう?

 

コメント( 3 )

98: 名無しの心子知らず 2012/12/16(日) 03:24:02.07 ID:f10rQREf
ちょっと前の出来事だけど、まとめたけど長くなってしまった。 

数軒隣に大きな一戸建てが建って、そこに子供5人のAさん家族が引っ越してきた。 
Aさんとこの末っ子とうちの末っ子が同じ年でお招きされてAママ手作りのケーキでお茶しながら話してたら来客。 
「ごめんなさいね。ちょっと待ってて」と言われて待ってたんだけど玄関先でなにやら喚き声がするので 
ちょっとみにいったら向かいのアパートに住むBママと子供たち。 
Bママのとこは小学生を筆頭に子供4人全員年子で近所では悪ガキと有名。 
どうやら子供が入り込もうとしているのをAママが両手で1人ずつ腕を掴んで捕まえて片足でドアを押さえてる。 
それを押し開けようとしているBママと「お菓子は~?」と言いながら隙間から入ろうとしているBママ子。

コメント( 0 )

16: 名無しの心子知らず 2012/12/13(木) 21:31:17.73 ID:CQfMxPAE
流れは読まない。 

子供連れて歯科医に行った。 
となりの診察台に座っていた中学生くらいの男子が抜歯してた。 
歯科医が「痛み止めを出しますが、アレルギーはありますか?」と聞いたら 
男子の付き添いの母親が「アレルギーはないけど、今薬を飲んでいます。」 
と答えた。


コメント( 5 )

5: 名無しの心子知らず 2012/12/13(木) 18:32:26.23 ID:n2wVcBn7
いきなり報告いいですか?

6: 名無しの心子知らず 2012/12/13(木) 19:06:52.86 ID:Y9N6JuEO
駄目って言っても書くんだろ?さっさとやれ。

9: 名無しの心子知らず 2012/12/13(木) 20:55:47.10 ID:n2wVcBn7
一部フェイク入れるけど2、3ヶ月前から続いてた話、角の遅いけどよろ 
で俺は趣味で車を一台持っていて、それはまぁ「なんたらD」とかいう漫画にも出てくるバリバリスポーツカー 
と嫁の普段の足で一台持っていて計2台 
娘の友達のママAがウチに遊びにきた時に、たまたま俺の仕事が休みで、俺は同僚(同じく休み)と一緒にサーキットへ、俺の車は留守番 
するとAが「A嫁さん家車二台なのね。」と言って話していたらしい、その時は嫁も「俺の趣味なので」と言い、Aも「ふぅぅん」だったらしい

17: 名無しの心子知らず 2012/12/13(木) 21:33:16.69 ID:lAVdfkYZ
86トレノがバリバリスポーツカー?wwww

18: 名無しの心子知らず 2012/12/13(木) 21:33:29.22 ID:V7qN/HYW
なんたらDは重要な伏線なんだよね?ね?

コメント( 3 )


■サイト名
素敵な鬼女様

■管理人
メイ

■URL
http://sutekinakijo.com/

■RSS
http://sutekinakijo.com/index.rdf

■メール
sutekinakijo@gmail.com

■内容
2ちゃんねるのスレをまとめております。
主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などのスレから抽出。

不快感を持ったりする内容もあるかも知れません。
その際はご了承くださいませ・・・

また、数年前に出た内容もあるかと思います。
既知の場合はスルーしちゃってください。

暇つぶし程度のお手伝いが出来れば嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

■生い立ち

2012年12月22日
    別サイトにて更新していた記事を引越し、ブログタイトルを改めて開設。
    ※別サイトからリダイレクト済み

2013年01月24日
    600万PV達成

2013年02月13日
    1500万PV達成

2013年07月8日
    1億6000万PV達成

■コメントに関して
内容によって、編集・削除する場合があります。

■著作権・記事削除依頼
各権利所有者に帰属致します。
問題がある記事がございましたら、記事タイトル記事URL削除理由をメールよりご連絡をお願いいたします。

■リンクに関して
当サイトはリンクフリーとなっております。
相互リンク・相互RSS希望の方は、メールよりお願いいたします。

■アンテナサイトリンク集
とろたまヘッドラインキチママまとめアンテナNews人2chnaviスカッとする話・修羅場まとめアンテナライフあんてなJ( 'ー`)しまとめりー2chまとめのまとめMMキタコレ(゚∀゚)!!Best Trend News家庭ちゃんねる鬼女まとめあんてなオワタあんてな 生活ぶろにゅーワロタあんてなだめぽアンテナつーアンテナ(*゚∀゚)にゅーれすにゅーもふにゅーぷるNEWS CHOICE

私子 29歳 既婚
上司K 34歳だと思う
彼女C 32歳 上司Kの彼女
社長 34歳 上司と同級生で親友、私子とも友人

 

男が多い徹夜納品当たり前の職場での事です。

私子はその会社の正社員ではないのですが、会社が忙しくなると社長に頼まれて、プロジェクト毎のヘルプをしていました。

上司Kも会社設立前から仕事をしていて、プライベートの付き合いはなくても、軽口を叩きながら仕事をする関係でした。

なかなか女性との出会いのない職場だったんですが、上司Kに彼女が出来ました。


へいー

1年半前の話。

 

私は実家暮らしの社会人なんだけど、仕事から帰ったら両親が出かけていていなかった。

台所で夕飯の残りを漁って、お風呂に入って、

「親も居ないし〜」

なんてタオル巻いただけの格好で、リビングでビール飲んでた。

この時10時。

トイレ行きたくなって、リビングのドア開けたら、知らない男が玄関から廊下に上がろうとしてた。

しかも土足。

「へ??」

って言ったら相手が

「うぉっ」

って言ってこっち見た。


隣の部屋の住人が夜中にギターの練習を始め

あまりの五月蠅さにキレて、壁越しに

「下手くそなギターやめろっ!」

と怒鳴った

するとギターの音は止み、これでようやく眠れると思ったら

今度は尺八の音色が響いてきた

 

しかもめっちゃ上手だった

 

そ う い う 意 味 じ ゃ な い


7歳の息子に留守番させてみたが心配になり、ちゃんと電話に出られるか
他人のふりして公衆電話から自宅に電話してみたんだ。

俺「お父さんいる?」

 

子「いらない。」


今日久しぶりにレストランに行ってきた。

隣のテーブルにカップルが座っていて、ウェーターが料理を持ってきた。

「鈴木でございます」

とウェーターが行った。

カップルの男の方が

「久保田でございます」

女の方が

「細谷でございます」

と言った。

ウェーターは、背中が小刻みに震えながら、

 

「本日のお勧めの魚のスズキでございます」
と説明していた。


少女 「マッチいりませんか…?」

修造 「ダメだよ!もっと自分の商品をアピールしなきゃ!」

少女 「マ、マッチいりませんか!?」

修造 「下向いてちゃ何も伝わらないよ!もっと大声出して!!」

少女 「マッチいりませんか!!!」

 

修造 「いらない!!!!」


先日見たできごと。

小さい男の子を連れた母親と、和服を着た楚々としたおばあさんが駅のホームで話していた。

会話内容からして、息子夫婦のところに姑が久しぶりに尋ねてきたらしい。

子供は照れているのか母親のかげに隠れ、ドラゴンボールの悟空のぬいぐるみをいじってばかりで

おばあさんが話しかけても恥ずかしそうにするだけだった。

そしたらおばあさん、何を思ったか突然シャドウボクシングみたいな動きをしつつ

子供のまわりを軽快に回りながら

 

「オッス!オラババア!よろしくな!」

と叫んだ。

 

その瞬間、私の横でベンチに座っていたリーマンが勢いよく鼻からコーヒーを吹き、

目の前に置いてあったおばあさんのトランクをコーヒーと鼻水まみれにした。

おばあさんの突然の行動と、鼻水とコーヒーを垂らし咳き込みつつ謝りまくっている

リーマンの姿に、母子含めた周囲は爆笑。

おばあさんは孫が笑っているのを見て

嬉しかったのか快くリーマンを許し、なんか和やかな雰囲気で三人連れ立って去っていった。


中学の頃、教師からの評価を良くしたかったのと、ケミカルな雰囲気が格好いいと思い込んで理科室の手伝いを良くしていた。(といってもゴム栓に穴をあけたり、ビーカーを掃除したりする程度)

でも当時の俺は、自分がだんだん子供ながら天才的な化学の知識を持つすごい奴だと勘違いし始め、ある日友人を無理やり誘って理科室に忍び込んだ。

そこで適当な物質(っつっても多分ふっとう石とか)を指で触りながら

「へえ…○○先生もなかなか良い物を仕入れて来るんだな。」

とか言ってたり、

適当な薬品の入った瓶を傾けて

「ははっ。ちょっと調合の具合がおかしいかな。ま、授業用には十分か。」

とかほざいてた。

 

友人は当然ハァ?って感じ。

それでも俺はおかまいなしに

「ふん。」とか「ははっ!」

とかやってた。

そんで一番奥の戸棚を開けて急に表情を変え、

「!!これは!○○先生!いったい…!なんて物を!何をしようとしてるんだ!」

って言ってみせた。

友人も驚いて

「それそんなヤバイの?」

って聞いてきた。

俺は

「こんなの黒の教科書の挿絵でしかみたことないぜ…!それなら、もしかしてこっちの瓶は!?」

って別の瓶を手に取って嗅いだ。

そしたら、それはなんか刺激臭を発する化学物質だったらしく、(手であおいで嗅がなきゃいけない奴)直嗅ぎした俺は

「エンッ!!!」

って叫んで鼻血を勢いよく噴出しながら倒れ、友人に保健室に運ばれた。

俺は助かったが、どうやら俺の友人が変な勘違いをしたらしく、

「××(俺の名前)は黒の教科書に乗ってる毒物に感染したんです!!」

ってふれまわっていた。

それ以来俺のあだ名は毒物くんになった。

当然もう理科室に行く事は無くなった。


今付き合ってる彼女、双子なんだけどさ

昨日帰りの駅で偶然彼女を見つけたから、驚かせてやろうと思って

後ろから、

「俺だよ~」

 

ってふざけて乳もみしだいたら、

 

 

全然知らない人だった

このページのトップヘ