ピックアップ\(^▽^)/


コメント( 22 )

795: ◆wtFqNjVKrc 2012/07/06(金) 14:06:05.39 0
1年前に別れた元彼から昨日メールが。 
ロミオ要素薄くてすみません…。 

「昨日なんの日だったかわかってるよな?俺の誕生日だぞ? 
プレゼントを持って謝りに来ると思ってたのに…。 
それで許してやろうと思ってたのに…。 
いや…。所詮3位のお前ごときに手を差し出してやった俺の過ちか…。 
あと1週間。あと1週間だけ猶予をやるよ。 
早く謝りに来い。深淵の底から這いあがってな!!!」 

別れた理由は奴の浮気。ちなみに5股。 
文の途中の【3位】というのは奴の中の私の順位。 
つーか1年経っても私は奴の中のトップ3に入ってんのか…。 
早く忘れてくれ。

797: 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 14:18:33.95 0
>>795 
結構特濃ロミオだと思う 
多分1週間の猶予が過ぎたら今度は1か月の猶予だ!って言うと思う

798: 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 15:02:00.48 0
>>797 
最初が「今日一日だけ待ってやる」じゃないから超一流ロミオにはなれないな。 
どっちにしろ一生でも口開けて待ってるだろう点は特濃と言えるが。

801: 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 17:02:39.34 0
>>795 
続報期待してしまうw 


コメント( 40 )

345: 名無しさん@HOME 2013/03/22(金) 20:14:53.01 0
お堅い公務員な旦那がキャバ嬢に入れあげた挙げ句に 
私と離婚しようとして絶賛修羅場中の中 
相手との仲が職場にばれて、しかも相手の親が極道な前科持ちだったらしく 
上司がパニックになる程の修羅場が平行して発生 

どうにか上司が軟着陸させようと頑張っている最中に 
別れられそうになった相手が親に泣きつき 
そこで相手の子が旦那と付き合うまで処女だった事が発覚し第三の修羅場が発生 


コメント( 22 )

623: 名無しさん@HOME 2009/09/12 23:31:15
義実家に行くとお得意の和食を毎回作るトメ。 
そしてまずい。 
いつもいつも飽きてしまうので去年 
「お母さん精進料理上手ですね~。なんか身が清められて 
修行しに来てる気分になります。でも毎回修行じゃつらいな~。」 
って笑顔で言ってしまいました。 

トメ唖然としてその日はウザイおしゃべりが止み、週一の食事の誘いも 
無くなり、幸せな休日を過ごせてますww

624: 名無しさん@HOME 2009/09/12 23:35:39
>>623 
どうまずいのかkwsk


コメント( 20 )

740: 1/2 2009/09/13 21:02:28
ギャンブルネタなので嫌いな方はスルーで。 

競馬好きなイヤミっぽい近距離別居トメ。
我が家の近くにはウインズがあるので、週末はそこで馬券購入のついでによく家に寄ってくる。
あまり入れたくないのだけどたいてい良ウトと一緒なので、仕方なく家にあげてる。 

ある土曜日のこと。
その日も良ウトと我が家にやってきたトメ。
次の日に大レースがあるらしく、良ウトと新聞見ながら予想してた。
で、トメが「やっぱり3番の馬よね~。決めた!3番から馬連、馬単で総流しにしよう!」と言ったら、夫が「3-16で決まったら、嫁子の誕生日だな」と言った。

それを聞いたトメ 
「やだ~、嫁子の誕生日なの~?あんた幸薄そうな顔してるし、そんな不吉な組み合わせ 
くるわけないわねw。じゃあ、16だけ外して買いましょ!pgr」とイヤミ。 

夫と良ウトは「言い過ぎだぞ」と諫めてくれたが、トメはスルーしてウインズへ馬券を買いに行った。


コメント( 80 )

671: 名無しさん@HOME 2009/09/13 15:01:15
義姉がリラックマきちがい 
いい年こいて、家じゅうリラックマだらけ。 

極めつけ、去年生まれた初女の子に(義姉の子)『梨良』(りら)て名前付けようとした。 
身内中の大反対で断念したのだが。 


コメント( 18 )

917: 愛と死の名無しさん 2012/01/28(土) 11:53:19.21
友人の結婚式。 
二人は凄く幸せそうで、スピーチなんかも良くて 
式はいい雰囲気で進行していた。 

写真はプロのカメラマンに依頼していたんだが、そのカメラマンが 
何故か泣き始めた。

声こそ出さないが、鼻水ダラダラの号泣レベル。 
 

コメント( 22 )

662: 名無しさん@HOME 2009/09/13 12:43:17
ちょっと前の話 
姪(コトメコ)が海外へ修学旅行へ行くというので、スーツケースを貸した 
車輪が両方とも壊れて底がガリガリになって返ってきた 
2ホイールタイプなので、二つとも車輪が壊れたのを無理矢理引きずったらしい 
車輪を取り付ける部分も削られて変形してもう直せない状態 
壊れたスーツケースを返すときのコトメの言い分が 
「これ安物だったんじゃない?、おかげでコトメコちゃん重い鞄をずっと引きずって 
大変だったみたいよ。せっかくの初めての海外旅行が悲惨な思い出になったんだよ」 

貸したスーツケースはちゃんとしたメーカーのもので、 
べらぼうに高いわけじゃないが、安物でもない 
どんな使い方したんだ? 
 

コメント( 33 )

799: 愛と死の名無しさん 2012/01/24(火) 17:44:34.99
幼いころの自分が不幸にした結婚式。 

私は末っ子夫婦の末っ子で、親戚の中では飛びぬけて最年少。 
親戚にとっては小さい子可愛い!って感じで、とにかく遊ばれてた。 
何か失敗するたびにげらげら笑われて、 
スカートはいたらめくられて(嫌がる様子を見てまた笑う)、 
親戚のおっさんの膝の上に乗せられて酌させられてキスされて、 
ホームビデオ撮られては親戚で見て大爆笑。 

親戚にしてみれば微笑ましいんだろうが、当時の私にしてみると 
笑われる=馬鹿にされると同義で本当に嫌だった。 

そんな頃、従兄が結婚することになり、新婦さんのドレスの裾持つ係をすることに。 
 

コメント( 7 )

401: ◆v0C/EXDCs6 2012/06/24(日) 02:37:49.84 0

件名:お前さえいれば 

本文:お前さえいれば俺はそれでいいんだ。 
何もレストランみたいな食事なんかがほしいわけじゃないんだよ。 
普通にただ結婚してくれればそれでよかったのに。 
なんでそれがだめなんだ? 
イクメンみたいな、嫁に仕事も家事も育児も介護もさせずただただ従うだけの男なんて現実にはいないんだよ。 


コメント( 26 )

546: 名無しさん@HOME 2009/09/12 02:04:29
月1~2で我が家に遊びに来るのトメ 
トメは楽しいし気が合うから良いのだが 
何度旦那と私が〆ても 
我が家の冷蔵庫をあけるのをやめてくれないトメ 

飛び出す絵本のように 
拡大コピーしたブラクラ画像を冷蔵庫内部に設置し 
あけたら飛び出してくるようにした
 

コメント( 73 )

792: 愛と死の名無しさん 2012/01/24(火) 16:05:50.56
新婦友人で出席した結婚式、披露宴での話 

新郎友人にオチャメな女性がいて、みんなを笑わせていたが、ブーケトスの際に彼女が新郎親戚の3歳くらいの女の子を抱き上げて 
「わたしにくださいな~」 
と新婦に呼び掛けた新婦は笑顔でうなずき、みんなでうまいことその女の子にブーケが渡るように計らった 
見事に女の子がキャッチし、みんなから 
「次のお嫁さんだね~」 
と言われ、女の子も嬉しそうに笑っていた 
ところが女の子のパパがものすごい顔で 
「娘にはまだ早いですから」 
と言うと、女性から女の子を取り上げ、「さ、返そうね」 
と嫌がる娘の手からブーケをもぎ取った 

コメント( 10 )

300: 名無しさん@HOME 2013/03/22(金) 01:19:19.62 0
デスノートを見た話。 

愛玩動物扱いの妹と精神的自立したくて家族内孤立してた姉の私。 
高校生のある時期 
バイト代で私が買ったiPad的なものを妹がこっそり持ってく→ 
私が無くなったと家族に相談する→ 
だらしないから私が無くしたんだと怒鳴られる→ 
妹のかばんをこっそりあさって取り戻す。 
それをループしてた、我が家ではありふれた出来事だった。 

そんなある日気になるノートに気がついた。


コメント( 36 )

739: 愛と死の名無しさん 2012/01/23(月) 12:20:29.76
数年前に参列した幼馴染(新郎)の結婚式。 
高校時代から付き合い始めた夫婦で互いに大学卒業後3年たち結婚。 
披露宴は盛大に催されて楽しい一時だったのに新婦招待の友人(?)である女性Aがやらかした。 

・遅刻で登場の挙句、服装がシンデレラ状態 
・新郎友人達に色仕掛け 
・新婦が装備してるティアラを私(女性A)のほうが似合うクレクレ! 
・新婦より綺麗な私見てみて。 
・新郎顔よくないねと悪口 
・親に借金してまで盛大にやる祝い事ありえないと風潮。 
・新婦に声をかける時に躓いて赤ワインをドレスに引っ掛ける 
→あ~ごめごめー。汚れちゃったね。程度の謝罪 

とまぁ、全体的によろしくない言動が多くて・・・ 
新郎新婦とも怒っていたけど、折角の祝い事に参列した自分たちを気遣って 
ニコニコしつつ「大丈夫だよ。次のお色直し直ぐだし新しく着替えるよ。それより怪我無かった?」と相手を気遣う状態 

このページのトップヘ