ピックアップ人気記事\(^▽^)/


6歳下の彼と同棲中。 ある日ケンカしてしまって(というか私が一方的に拗ねた)、 朝の見送りも愛想無くしてしまった。 拗ねっぱなしじゃダメだと思って、彼の好物を色々作って 帰ってきたらすぐ出せるよう盛り付けてラップして、 追加でもう1品作ろうとスーパーに買い足しに出てる間に彼帰宅。 買い物終えて帰ったら、彼が泣きそうな顔で飛びついてきた。 私がイライラを募らせて出て行ったと思ったらしいw 「明かりはついてないし、おかずはラップして置いてあるし… どっか行っちゃったのかと思ったよ;;」 って…出て行かないってw

猫好き過ぎる彼。家で飼ってないのに、いきなり「猫?」って振り返った 萌えた 正座してる彼の足(靴下はいてる)の裏に、私が裸足で親指をぽんと乗せたんだけども、 その感触が猫に踏まれるのとソックリなんだそうな 以来、やる度に「猫?」って遊んでる。

彼女は酒が飲めないのだが、外食したときは俺に合わせて酒を頼む。 だが三分の一くらい飲むと、顔はもちろん手のひらまで真っ赤。 そんで自分が赤くなっているのを必死で否定する。 見れば分かるんだけどねー、でもなんか可愛いといつも思う。 昔は「別に無理して飲む必要ないよ?」って言ってたんだけど その度に「無理してない。お酒は好きだけど体質的にちょっと弱いだけなの!」 と返されるので、最近は何も言わないようにしてる。 そして毎回同じ事の繰り返し(w

休みの日にまったりじゃれあってるときの会話。 彼「いやあ、幸せですね」 私「幸せですか」 彼「とてつもなく」 私「私も幸せー」 彼「よしきた、いま幸せ度が増しましたよ、ありがとう」 笑いながらそう言ってぎゅーっとされた。 なにこいつ可愛い!

私が今日誕生日。 ただ私は記念日とか行事にあまり興味がない方なので、気にせず寝てた。 0時ちょうどに彼からメールが来て目が覚めたんだけど、 大雑把で私よりいろんなことを優先するような彼が珍しく、すっごい長い凝ったメールをくれた。 最初は寝ぼけもあって夢なんじゃないかと思ったくらい。 デコメなんて今まで使ったこともないだろうに。おかげで目が覚めちゃったよ ただ誕生日メールの一通目は数秒差で女友達が先で、それを伝えたらすごい悔しそうにしてた。 でも返信したのはもちろん彼のほうが先だ。 これから二人でご飯食べてくる。

俺が普段持ち歩いてる単語帳に、勉強を頑張れるようにと 応援のメッセージを彼女に書いてもらうことに。 いざ単語帳とペンを手渡してみると 何だかノリノリな様子でいろいろと書いてくれてる。 完成したものを見てみると、メッセージ以外にも可愛らしいキャラクターやら パラパラまんがやらが描かれてた。 かわいいやつめ。。

俺だけにマイ絵文字たくさんを使ってくれる彼女。 一つ、子熊が投げキッスしてくる可愛い絵文字があって、俺がそれを気に入って、 『可愛いなぁ』って言うと彼女が『それじゃあもう別れてその娘と付き合えば?』と嫉妬してくるww 『次その絵文字の事話ししたらメール返さないからね』と彼女。 絵文字に嫉妬ってww めっちゃ純粋な彼女。 まぁまだ若いからね。

正常位でいざ挿入、というとき頭上から 「うっ!?」と声にならない声。 顔に違和感を感じて明かりをつけると、鼻血ダラダラの彼氏が! 顔の違和感は彼の鼻血でした。 生まれて初めて顔に鼻血かけられたわ。

男のタマが2個あるのはなんとなく知ってたけど 初めて見たとき袋に入ってるから「2個つながってんだ」て思ってた ある日袋さわって2個タマが入ってることに気付き なぜか「なんか入ってる!ほんとに2個ある!あはははははは!」 と笑いがずっと止まらない私 引いたのか萎えてく彼のもの でもそれにも爆笑する私 彼氏ごめんなさい 今思い出しても何がうけたのか分からん スレチやったらごめんなさい

うちの親父とその友人と一緒に酒飲んでたら、ベロベロに酔った親父の友人が、実は未だに親父が童貞だということをバラした。 親父は必死になって否定してたがどうやら本当のことらしい。 52にもなって童貞ということは、最早一生童貞を捨てることはあるまい。 まさか家族の中に一生童貞野郎がいるとは思いもせず、結構ショックを受けた。

去年のクリスマス・イブの話。 夜の10時までコンビニでバイト。 彼女もいない。 お金も無い。 惨めなオレ。

どいつもこいつもしょぼいな。 じゃあ中2の俺が万引き退治をした話をしてやろう。 一昨日かな。 近所の本屋を出ようとした俺は、いかにも無職っぽい男を見つけたんだ。

オレの姉の手作りチョコを貰ってる人へ すみません、それはオレの手作りです…。

何年か前家族で海水浴に出かけた時の事です。 初めての海にはしゃぐ息子を私はビデオで撮影していました。 しばらくして少し離れた波打ち際に人だかりができているのに気づきました。 人々の視線をカメラ越しに辿っていくとちょうど息子と同い年位の男の子が溺れています。 なぜあんな浅瀬で?と思いつつ撮影し続けました。 帰宅後、ビデオを編集していると問題のシーンにさしかかりました。 私はゾッとしました。

去年の話だけど、俺の妹に彼氏が出来て複雑な心境になったことがある。 いっぺんそのツラ拝んでやろうと 「彼氏連れて来い」 って言って家に連れて来させた。

このページのトップヘ