ピックアップ人気記事\(^▽^)/


ねーちゃんの腎臓病が悪化してるらしい。

腹膜式の透析をやってるんだけど(自宅でお手軽に透析ってやつ) それも体質に合わないみたいだ。 残るは腎臓移植のみ。

70過ぎた母が、腎臓提供を申し出ると、姉は 「そんな古くなった腎臓はいらぬわ!」 と言い放ったそうだ。

 

で、私があげるよ、と言うと 「小さい子供がいる人間からもらえるか!(私は5歳と6歳の子持ち)」 と怒られた。

 

ねーちゃんの漢らしさに泣けた。

 

そのうちもっと具合が悪くなったら、拉致してきて 無理矢理私のピチピチの腎臓を移植してやるから覚悟しておくが良い。


中学時代のイジメっ子(♀)の愛車に、マタタビ仕掛けてやった。

猫まっしぐらで、オシッコ漏らす若い猫もいたんで、ボス&古株猫が怒ってスプレー行為。

出掛ける度、他所の猫の臭い付きので、猫の国盗り合戦が始まった。

彼女の車は移動式の猫の公衆トイレ状態www

車内まで凄い臭いが充満していそう。


元旦那と不倫相手とになら復讐したよ。

2人のH動画を裁判の証拠にして提出しただけだけど、こっちに証拠がないと思わせて、裁判まで我慢してた。

ほんとは探偵も雇ってて証拠いっぱい。

どうしても2人に恥をかかせたかった。


偶然で出来た復讐だけど。

中学校の時担任に「親御さん○大だっけ? なら勉強出来ないよね」と言われ、ムカつくついでに勉強して、難関大学入学→バイトしてた塾に就職。

室長になって、すぐその担任の子供が入ってきたんだが、勉強する気もないもんで、他の生徒の足引っ張りまくり。

担当講師たちからも何とかしてくれと泣きつかれ、それでも半年面倒は見たが「レベルの合ったとこ行って下さい」と追い出した。

追い出すついでに、担任に「◎大ご出身ですよね? ならこれだけ出来るだけでも大したもんですよ」って言って、その時の担任の顔は、写真に残しときたいくらいのもんだったw

翌年、同窓会で再会した時の顔も、なかなか見物だったよw


ちなみにフランスでは「日本の男からは財布だけもらえ」ということわざ(?)があるらしい。

フランス在住の日本人男性とフランス人女性も、付き合いまではいくけど、結婚したら離婚率高い。(フランス人男性と日本人女性もだが)。

フランスは完全に「男女平等」で、男性も日曜日には一緒にマルシェあたりに行って買い物して、1週間分の下ごしらえをするし、晩ご飯もつくるし、掃除も子供の送り迎えもする。

だが、日本の男性はどうしても「妻に任せたい」というのが表に出てしまい、喧嘩→離婚になるそうだ。

現在フランスに住む弟から聞いた話。

そして弟もフランス人女性と結婚して離婚したw


俺は小学校2年の頃、親の仕事の都合で転向した時、イジメられました。

クラス一のチビだったし、女っぽい風貌だったことも理由だったんだろうな。

唯一俺を救ってくれた友達が一人いたんだけど、そいつは別のクラスな上に、家庭環境に問題があり、乱暴なヤツで(でもイジメはしないヤツだった)、思い起こせば近所の鼻つまみ者だった。封鎖的な土地柄だったんでね。

でも俺も俺の親も気にせず付き合ってたよ。

その町に引越ししてきた時に親切にしてくれたのが、その一家だったんでね。

 


看護婦をしています。

まだ看護学生だった時に、合コンの後なぜか悪酔い。

気が付いたら、合コンで顔を合わせたばかりの男性の部屋。

もう後の祭りで、泣きました。

数日続いた身体の痛みと違和感、出血に寝込みました。

 

警察に訴える事も考えましたが、もう一度これを話さなきゃいけないことが嫌で嫌でたまらなかった。

看護学生のくせに、と思われそうですが、医者に行く勇気も持てないうちに妊娠を自覚。

2か月のうちに堕胎。

小さな命を自分で殺してしまった罪悪感と、堕胎時の手術から感染症。

予後の体調不良。

1年を棒に振りました。

その後なんとかまた学校に復帰しましたが。

噂話で、薬を酒に混ぜて昏睡させて、あちこちで同じような事をしている奴だ、と聞き、また悔しさに泣きました。

看護婦になって数年目に、その男が急病で自分の務める病院に救急搬送。

スタッフの努力と本人の生命力でかなり回復。

ところが退院前夜に見回りをしていたら、声高にその男が同室の男性患者と楽しげにレイプ武勇談を吹聴。

血が引くような思いで聞きました。

本来なら退院する筈の朝、その男性は突然急変。

亡くなられました。

前夜に勝手に飲み食いしていた物(酒・つまみ)のどれかにに、アレルギー性ショックを起こしたようでした。

男性は沢山のアレルギーをお持ちでした。

退院だ、と浮かれて、注意を怠ったのでしょうね。

病院では飲食を禁じています。

自分はその夜キチンと注意しましたから。

「今夜で看護婦さんともお別れだから寂しいよ、こっそりどっかで一発やらせてよ」

「君の事を考えてて眠れないんだ、眠剤くれない?」

などと、自分を見憶えてもいないくせに、ふざけたことを言っていましたね。

個人の冥福を祈りつつ。


高校の時にいじめがあって、俺はあんまり関係はなかったけど。

いじめっ子のリーダー(♂)の闇討ち予告みたいなのを作って、夜中に校内に撒いた。

「頭に袋をかぶせて」とかやり方も詳しく書いて、日付まで予告しておいた。

リーダーがタゲってるいじめられっこに、詰め寄ったりしてたけど、結局リーダーは予告日の当日は休んだ。

それから1週間ぐらいして、予告状と同じやり方で誰かに闇討ちされて入院した。

誰がやったのかは知らない。

リーダーは退院したあと転校した。

悪いことしたなあとも思ってない、俺何もしてないし。


職場の三十路ブリッコ女にずっといびられてた。

2人きりになった時だけ絡んできて、嫌味を言われたり、根拠の無い言い掛かりをつけられたりした。

とにかく陰湿だった。

その女は他の人の前ではいい子ぶっていたし、私もいびられてる事を黙っていたから表沙汰になる事はなかった。

ある日どうにも我慢出来なくなった。


5年前、半年同棲してた彼女にエグい浮気された。

物凄く頭に来たから仕返ししてやろうと思って、気付いてたけど気付いてないフリして、ある日いきなり気が狂ったフリをしてやった。

夜中に全裸になって真っ暗いキッチンで、ウーウー唸りながら四つんばいになって、生牛ロースかじったり、空中の虫を払うように手を大きく振り回しながら

「帰れ! 帰れ!」

と叫んだりしてみた。


結構長く一緒に暮らした人間が、ある夜突然に狂うってのは、やっぱショック大きかったらしく、彼女、大号泣しながら「どうしたの? どうしたの?」って取り乱してた。

これは効いた!と思ったから、とどめにババアみたいな声で「お前さん、知らない男の匂いがするねェ~」と言いながら肩に手をポンと置いてニターッと笑ったら、彼女、裸足のまんま家飛び出した。

それ以来会ってない。


地方実業系バカ高校の併設普通科出身なんだが、周りはみんな高卒就職や専門学校希望ばっかりで、大学進学を希望して担任に、授業内容の改善要望を出し続けた俺は、音楽以外の全教師に目をつけられ、内申書がボロボロだった。

結局、受験レベルの授業をしてもらえなかった俺は、一浪して地方駅弁医学部に入ったんだ。

夏休み、高校に挨拶に行ったら、校長に呼ばれ「君は本校開学以来初めての医学部合格者だから、ぜひ全校生徒と父兄の前で、勉強法の講演をしてくれ」と言われた。

もちろん、受けた。

満場の聴衆の前で、何を喋ったかは想像つくと思うが。

以後一切連絡がないし。

その学校から2人目の医学部合格者が出たという話も聞かない。


20歳頃付き合ってた、5歳年上の女がすごい生意気だった。

最初は俺が惚れて、1年ぐらいかけてやっと付き合えたのだが、俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

口ぐせは「達也(俺)のくせに生意気」


さんざん自分の事をゴミクズ、低脳扱いして、鬱病に追い込ませて、退職に追いやった先輩の働くショップへ。

あくまでも「客」として来ている自分に対し、あの時の虐めは嘘であったかのように、タメ口で話しかけてきた。


中学校で教師をしていた時、理不尽な反抗を繰り返す才女がいた。

一流の高校・大学を卒業して、教職試験を受けた。

テストは最高クラスであったが、面接でバッサリ落とした。

胸が晴れたのかどうか、未だに判らないが・・・


父は多額の借金を背負わされ、自殺に追い込まれてしまった。

仕組んだのは仕事の同業者。

葬式の日、偶然それを聞いてしまった。

このページのトップヘ